イタリアのシャツブランド特集

イタリアは最高峰シャツの名産地として有名だ。シャツ作りに強いブランドの層の厚さという意味では、英国もアメリカも全く歯が立たないだろう。「ヨーロッパの一流メゾンブランドのシャツのほとんどは、南イタリア・ナポリのシャツファクトリーで生産されている」と言わしめるほど、イタリアのシャツ作りの実力は高く評価されている。今回は、スーツに合わせたいドレスシャツを中心に、カジュアルシャツに強いブランドまで広く紹介!

スポンサーリンク

イタリアのシャツブランド1「LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)」

「豊富な襟が特徴のラグジュアリーシャツ」

LUIGI BORRELLIシャツLUIGI BORRELLI

1957年、ナポリにおいてシャツメーカーとして創業したブランド。ナポリの伝統工芸によるハンドメイド仕立てと良質な素材使いによって、熟練した職人の手仕事が施されたシャツは世界的なラグジュアリーシャツブランドとしてあまりにも有名だ。南イタリアのシャツでありながら、英国シャツのような威厳も兼ね備えた逸品を数多く発表している。20種類以上の豊富な襟型を備えることでも知られる。

イタリアのシャツブランド2「BARBA (バルバ)」

「細身体型の日本人に似合いやすいシャツ」

バルバシャツBARBA

1964年、バルバ兄弟によってナポリに創業されたブランド。創業当時は、シャツなどを中心とした小さなファクトリーだったが、1990年代初頭から長年培った手縫いやカッティング技術などを活かし「バルバ」として商品展開、現在では「ルイジ・ボレリ」「フライ」に並ぶブランドに成長。オーナー自体が細身体型なこともあり、アームホールが細く、全体が細身シルエットなので日本人に似合いやすいことでも知られ、とりわけ日本における人気が高い。ブラックレーベルとゴールドレーベルの二つのラインがあり、ゴールドレーベルの方がハンドワークで作り込まれていることもあり、やや高価。ダンディライフはバルバのカジュアルレーベルだ。

イタリアのシャツブランド3「FRAY (フライ)」

「あえてマシンメイド、最高級のマシンメイドシャツ。」

FRAYドレスシャツstrasburgo

1962年、イタリア・ボローニャにて創業されたイタリアを代表するドレスシャツブランド。クラシコイタリア協会会員にも登録している。イタリア、スイスから厳選した最高級素材を使った”究極のマシーンメイドドレスシャツ”と称されている。生産効率を高めるためではなく、手縫いでは実現できない細かくて耐久性のある、美しいステッチを施すために、あえてマシンを使うブランド。手縫いを売りにするイタリアブランドが多い中で強い存在感を放つ。複雑な調整ノウハウが必要とされるマシンを使いこなす熟練職人を抱えるフライだからこそ作ることのできるドレスシャツは最高級の逸品として、各国首脳をはじめ世界の一流ビジネスマンから愛されている。

イタリアのシャツブランド4「Finamore (フィナモレ)」

「カジュアルシャツの名選手」

フィナモレシャツFINAMORE

1925年にイタリア・ナポリにて創業した100%ハンドメイドのメンズシャツメーカー。エレガントな襟型と熟練職人による細かいステッチが魅力のドレスシャツ専業のファクトリーブランド。手縫いならではの着心地の良さを実現しているとの評価が高く、肩の運動量を妨げず柔らかな着心地を十八番とするブランドだ。ドレスシャツはもちろんのこと、特にカジュアルシャツの人気も高さが特徴のひとつ。特にウォッシュ加工のシャツはフィナモレの定番品だ。

イタリアのシャツブランド5「BORRIELLO (ボリエッロ)」

「都会的デザインのナポリシャツ」

BORRIELLOシャツBORRIELLO

1980年にナポリで生まれたシャツブランド。現在は2代目となるファビオ氏が代表を務める。30年以上のキャリアを誇る人気のファクトリーとして知られ、高級シャツメーカーとして、有名メゾンブランドにOEMでシャツの供給を行っている。高品質な生地、独自のパターン、新しいスタイルの追求で、最高級シャツブランドとしての地位を確立している。

イタリアのシャツブランド6「GUY ROVER (ギローバー)」

「マシンメイドが得意」

GUY ROVER シャツGUY ROVER

1967年北イタリア・ヴィチェンツャ創業のブランド。オールマシンメイドのシャツでは最高峰のクオリティを誇ることで知られています。マシンメイドのしっかりとした縫製・着心地の良さを追求する品質選び・身体を包み込むような立体的なデザインに定評がある。高級ブランドのシャツを生産してきたファクトリーとしても有名だ。

イタリアのシャツブランド7「ORIAN (オリアン)」

「イタリアの新鋭シャツブランド」

ORIANボタンダウンシャツ ORIAN

ギローバーでキャリアを積んだジャン・ガエターノ・オリアン氏が1990年に北イタリア・ヴェネストシュウ・カステルフランコ・ヴェストにあったシャツ工場を買収してスタートしたブランド。シャツのデザインが必要以上に主張するような過度な装飾を排除して、着る人の個性を際立たせるシャツを理想としていることも特徴である。イタリアの伝統的な職人技術と最高水準の機械技術との融合は、さすがにギローバー仕込み。素材・色柄、襟の形、カフ、シルエットの豊富さも魅力。

イタリアのシャツブランド8「Glanshirt (グランシャツ)」

「60年代リラックスシャツの復刻が原点」

GlanshirtタンガリーシャツGlanshirt

INCOTEXやZANONEを傘下に抱えるスローウェアグループに属するシャツブランド。60年代のイタリアにバカンスで訪れた多くのアーティスト、政治家、ビジネスマンから愛されたというシャツ。そんなリラックス仕様のシャツを職人によるハンドメイドによって復刻したのがグランシャツだ。

イタリアのシャツブランド9「Mario Muscariello (マリオムスカリエッロ)」

「ナポリ伝統のハンドワークと華やかな色柄」

Mario Muscarielloシャツ

Mario Muscariello

ナポリサルトの聖地といわれる町「サン・ジョルジオ・ア・クレマーノ」で創業したシャツメーカー。初代の創業は1870年代だが、現在の工房は1964年に創業。元々はシャツとナイトウェアを手掛けていたが、1973年からパターンオーダーのハンドメイドシャツ製作を開始。ナポリ伝統の9工程にも及ぶハンドワークが特徴。

イタリアのシャツブランド10「GIANNETTO (ジャンネット)」

「海が似合うシャツといえば」

GIANNETTOシャツGIANNETTO

1979年創業のカミチェリア・サンフォート社が、2008年から展開する南イタリアの新鋭シャツブランド。袖を後付けする立体的な仕立てやザンパテ・グリアートと呼ばれるボタンの縫い付けなど、イタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの港町らしさを表現したコレクションを展開。胸元のボタンを開けた時にチラリと見える太陽をモチーフにした刺繍がさりげなく主張。

イタリアのシャツブランド11「CIT LUXURY (チットラグジュアリー)」

「老舗技術と新デザイン」

柄シャツイタリア

CIT LUXURY

1939年創業の老舗シャツメーカーCIT社内で、2009年にスタートさせた新鋭ブランド。伝統スタイルの中に、時代の空気感を考慮したアレンジを加え、洗練されたシャツスタイルを提案。

イタリアのシャツブランド12「Bagutta (バグッタ)」

「アルマーニも認めたシャツファクトリー」

Baguttaシャツ

Bagutta

1939年創業の老舗シャツメーカーCIT(チット)社より、1976年ヴィットーリオ&ランバード夫妻が発表した、ミラノ近郊アルコーレのマシンメイドファクトリー。1978年には品質と上質なデザインがジョルジオ・アルマーニに認められ、その後多くの一流メゾンブランドからの製造依頼を受けている。マシンメイドならではの丈夫さや、上質なパターンと素材に対しての評価が高く、年間130万着のシャツを製造していると言われている。

イタリアのシャツブランド13「BEVILACQUA (ベヴィラクア)」

「有名セレクトショップのスタッフがリバイバル」

BEVILACQUA白シャツ

BEVILACQUA

1950年にイタリアのフィレンツェで創設されたファクトリーブランドをミラノの有力セレクトショップ「ERAL55」のスタッフがリバイバルさせたという背景をもつ異色のシャツブランド。シャツを中心にネクタイ、スカーフ、ベストなどシャツの着こなしをサポートするアイテムも含めて展開。伝統的な素材や技術、工程を「裁断師」「仕立て職人」「染め職人」などが連携して作り上げる美しいシャツは、ヴィンテージライクな風合いが魅力。可愛らしい犬のロゴマークがポイントだ。

イタリアのシャツブランド14「MOSCA (モスカ)」

「伝統と革新」

MOSCAシャツ

MOSCA

1973年イタリアのヴェネト州で創業したシャツメーカー。100% MADE IN ITALYで昔ながらの伝統的なテーラーワークに従って最良のハンドメイドシャツの仕立て・製造を行っており、有名なクリエイティブ・ディレクターを迎え入れるなど伝統に革新を加える姿勢が特徴だ。

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ