エルエルビーン(L.L.Bean)の名作「ビーンブーツ」が誇る3つの魅力とは?

Share

エルエルビーン(L.L.Bean)が手がけるブーツ、通称「ビーンブーツ」。圧倒的な防水性能と個性的なデザインで、アウトドアはもちろんタウンユースでも存在感を発揮できるフットウェアだ。今回は「ビーンブーツ」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

エルエルビーン(L.L.Bean)が生み出した100年以上愛される名作「ビーンブーツ」とは?

エルエルビーンは、アメリカ・メイン州で1912年に誕生したブランド。アウトドア好きであった創業者のレオン・レオンウッド・ビーン氏が、ゴム製のボトムに革のアッパーを縫い付けるという画期的な構造のハンティングブーツを発明したのが始まり。このハンティングブーツが、他でもないビーンブーツだ。エルエルビーン自体がビーンブーツから始まったブランドであり、誕生から100年以上が経つ今もなお世界的に愛用されているの。ちなみにアヒルの口のようなフォルムから、アメリカでは「ダックブーツ」と呼ばれることも。ビーンブーツは現在もアメリカ・メイン州の自社工場にて製造。独自の構造にが実現する優れた防水性と、頑強な作りによる耐久性を兼ね備えている。

ビーンブーツを探す

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ