今さら聞けないリーバイスの基礎知識!

長い時間をかけて経年変化を楽しむアイテムとして、選ぶジーンズは上質なものが好ましい。ジーンズの原点と言われているブランド「リーバイス(Levi’s)」。リーバイスの歴史を知ることは、ジーンズの本質を理解し、自分好みの一本を選ぶ基準になるだろう。今回は、今更聞けない「リーバイス(Levi’s)」の歴史と現行の人気モデルを紹介!

スポンサーリンク

リーバイスとは?

1853年リーヴァイ・ストラウス(Levi Strauss)氏がサンフランシスコに設立した雑貨店・生地商「リーバイ・ストラウス社」に起源をもち、ジーンズを世に送り出したブランドだ。時はゴールドラッシュ。金の採掘が盛んだった当時に、金鉱で働く人の意見に耳を傾けテントや船の帆に使われていたキャンパス生地を用いたワークパンツを商品化したのがリーバイスであり、ジーンズの起源でもある。

リーバイスの創業者リーヴァイ・ストラウスとはどんな人物?

1829年ドイツにてユダヤ人としてレープ・シュトラウス(Löb Strauß)という名で生まれた人物。父親は二つの家族を持っており、リーヴァイ氏が16歳のときに腫瘍のために死去してしまう。それから2年経った1847年頃にリーバイス氏はドイツからニューヨークに旅立ち、腹違いの兄が設立していた「J.シュトラウス・ブラザー&カンパニー」という織物類の卸売事業を手伝い始めたのが、彼のアパレルキャリアのはじまりだ。ここで培ったノウハウを活かして後に会社を設立することになる。

リーバイスが生み出したジーンズの「原点」

リーバイスが最初に生み出したジーンズの形状や仕様について紹介!

リーバイス ジーンズの原点 1「インディゴ染料」

唐突なようだが「ジーンズは、なぜ青いのか?」。もちろんインディゴで染められているためだが、なぜジーンズはインディゴ染めされているのか?実は、当時の労働者のニーズに対応する為にインディゴが採用されている。インディゴには虫除け、ヘビ除けといった効用があると考えられており、屋外で働く労働者にとってインディゴ染めされた作業着は非常に重宝されていたのだ。しかし、実際のところインディゴにはそのような効用が無いことが現代になって科学的に証明されている点は興味深い。

リーバイス ジーンズの原点 2「リベット」

当時、仕立て屋として取引していたJacob Davis(ヤコブ・デイビス)氏の協力のもと、ポケットの補強を行うためにリベットを使用するというアイデアを生み出し1873年5月20日「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」に関する特許を、特許番号#139,121にて取得している。

リベットを生み出すきっかけとなったJacobの名前を借りて「ジーンズはワークパンツではなくライフスタイル」をコンセプトとして「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」すなわち「テーラードジーンズ」を展開し続ける「JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)」というブランドが存在していることからも、彼の功績は広く知られていることがわかる。

リーバイス ジーンズの原点 3「ポケット仕様」

リーバイスのジーンズには、作業効率を高めるためのポケットが元々備わっていたという。現在では馴染み深い「5ポケット」という言葉も、リーバイスがジーンズとして商標登録した時代には既に完成していたのだった。商標登録が行われる以前に遡ると、バックポケットが片方のみに付いたジーンズも存在している。

リーバイスのジーンズの原点はジーンズの完成形だった

ジーンズというアイテムの特徴として何が思いつくだろうか。デニム生地、5ポケット、リベットが打ち込まれていること、コインポケット、バックポケット。これらのベースを最初の段階でリーバイスは既に作り上げていた。1890年に品番統制により、初めてロットナンバー「501」が付いた頃には、ジーンズの基本が生み出されていたのだ。つまり1890年のリーバイスのジーンズが基準であり、リーバイスのジーンズを元に、様々なメーカーでジーンズが制作されているという点はおさえておきたい。

リーバイスの有名な「ダブルホースロゴ」はいつ頃生まれたのか?

世界的に認められた年は1908年だが、リーバイスがジーンズにダブルホースロゴを付けはじめたのが1886年といわれている。このマークには二匹の馬に引っ張られても裂けないほど丈夫なジーンズというコンセプトが表現されている。
また災害などにより正確な記録は残っていないが、このマークが生まれた経緯は1890年にリベットの特許が無くなることでポケットを補強した同じ製品が他ブランドも出し始める恐れがあったこと、また労働者を始めとする消費者は英語を話す人間だけではないことから一目見ればリーバイスのジーンズとわかるシンボルマークが必要だという結論に至り、このマークが誕生したという説が有力な情報として存在している。

リーバイスの代表的共通ディテールを紹介

ジーンズ選びの上で、リーバイスならではのディテールを把握することには大きな意味があるのではないだろうか?リーバイスのジーンズに共通する特徴にフォーカスして紹介。

リーバイス代表的ディテール「ダブルホースパッチ」

リーバイスの丈夫さを表すダブルホースマークが描かれたパッチが後ろウエストに施されている。このパッチの素材や色は様々なものがあり、60年代後半の501には紙パッチを使用しているなど、年代や会社による違いが存在する。

リーバイス代表的ディテール「タブ」

後ろバックポケットに挟まれたタブ。このディテールにこだわりを持つファンも多い。デザインの違いでビンテージの年代を見極められる。色の違いもあり、リーバイス商品に一般的に使われているのは赤タブ。赤タブの廉価版と言われているのはオレンジタブ。黒や白のものはシーズン限定や、デニム以外の素材に使用されている。中には、シルバータブというインパクトのあるデザインが多いラインも存在。シルバータブはヨーロッパ企画として発表されたという説があり、当時のヨーロッパの若者を中心に爆発的な人気を得たラインだ。

リーバイス代表的ディテール「アーキュエットステッチ」

弓を引く形に似ていることから「アーキュエットステッチ」と呼ばれているリーバイスのバックポケットに施された飾りのステッチ。1873年にポケット裏の補強布を止めるために使われはじめたが、模造品を防ぐ目的で1943年に商標権を取得している。以前、このデザインに関してエドウィンと裁判を起こしているほど、リーバイスにとって重要なディテールだ。

リーバイス「501」を基準に様々なモデルを紹介

最初に商品として生まれたモデルが「501」と言われているが、リーバイスはこのモデル以外にも様々なモデルを展開している。リーバイスが展開するモデルの特徴やシルエットを、501と比べてどのように違うのか紹介。

リーバイスの代表的モデル「501」

全てのジーンズの原点となるモデル。ジーンズを語る上では無視できない存在だ。一般的にこのストレートタイプがジーンズの基本的なシルエットになっていると言われている。また、人間の足の皮膚を剥いで平らに置いたときの形状と、リーバイスの型紙はかなり似た形をしていると言われており、リーバイスのジーンズの完成度の高さがうかがえる。「501」にも年代によりかなりの種類が存在するが、今回は現在オリジナルフィットとして展開している501をベースに紹介。現行モデルはボタンフライで生地の厚さは12.5oz。ジーンズの原点を知りたい方にとっては、このモデルは外せないだろう。

91zjw1d6tl-_ul1500_

「501」の詳細・購入はこちら

「501」よりもスリムなモデル紹介

まずは、501モデルと比べて細い代表的モデルを紹介。

リーバイスの代表的モデル「501 Skinny

世界で最も人気のジーンズをよりスリムなレッグでカスタマイズしたモデル。生地には、プレミアムなセルビッジデニムを使用。「セルビッジ」とは、「Self-edge(セルフ・エッジ)」という言葉から生まれた、耐久性を高めるためにほつれ止めを施した生地の端のことを指す。

「501 Skinny」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「501CT」

501をカスタマイズ(CT)したモデル。501特有のボタンフライをベースに、ウエストにはゆとりを持たせながらも膝から裾にかけて2cmほどテーパードを効かしている。クラシカルなベースを残しながら現代的なシルエットにアップデートしているこのモデルは世界中のファンから人気だ。

リーバイス

「501CT」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「502」

501と比べて股上が2cm程浅く、太ももが片足の一周で4cm程細くなっているのが「502」モデルだ。ジッパーフライを採用しており、生地の厚さは13〜14oz。501よりもスマートなシルエットを求めている方に適したモデルと言える。

91xl8gu3zhl-_ul1500_

「502」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「510」

501と比べてウエストは変わらず、ヒップ周りや裾周りが10cm程細く設計されたモデル。リーバイスの中で一番細く、スーパースキニータイプと言われており、履き心地向上のためストレッチ素材が採用されている。ジッパーフライで生地の厚さは12oz。

91ejc1blnbl-_ul1500_

「510」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「511」

501と比べてウエストは変わらず、ヒップ周りや裾周りが5cm程細く設計されたモデル。スーパースキニーよりも適度にゆとりがあり、腰から裾にかけてテーパードが効いているので、日本人の体型にフィットするモデルとも言えるだろう。ジッパーフライで生地の厚さは11〜17.5ozまで幅広く展開している。

81jl5sh5wl-1-_ul1500_

「511」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「513」

501をベースに制作し、股下から適度なテーパードを効かせたモデル。日本人の体型に適しているため、501が合わないと感じる方は、このモデルは有力な候補になるだろう。ジッパーフライで生地の厚さは10〜12.3oz。

91frqnckdol-_ul1500_

「513」の詳細・購入はこちら

501よりワイドなモデル紹介

501と比べて太い設計の代表的モデルを紹介。

リーバイスの代表的モデル「503」

ルーズシルエットの定番モデルと言えば「503」。太もも周りは501と大差ないが、裾に向かうごとに1cm程ゆとりを持たせているのが特徴だ。ジッパーフライで生地の厚さは13〜14oz。

919kqv0ael-_ul1500_

「503」の詳細・購入はこちら

リーバイスの代表的モデル「505」

1967年にジッパーフライとして初めて作られたモデル。リーバイスの中でも人気を集めているモデルだ。501と比べてウエスト寸法は同じだが、腰回りにゆとりを多くとることで、裾に向かってストンと落ちるストレートシルエットに仕上げている。ジッパーフライで生地の厚さは13〜14oz。

91atzwpll-_ul1500_

「505」の詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

banner