ニューバランスが誇るロングセラースニーカー「576」が備える5つの魅力とは

ニューバランスの「576」は、素材や製造工程にこだわった高級志向のモデル。馴染み深いデザインやシルエットはそのままに、大人のスタイリングに相応しい仕上がりとなっている。今回はニューバランス「576」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

矯正靴由来のスニーカーで世界的に愛用されるシューメーカー「ニューバランス(new balance)」

ニューバランスは、1906年に誕生したアメリカのシューズブランド。矯正靴の製造をルーツとしており、履き心地の良さを追求したスニーカーを数多く展開している。製品には数字3桁〜4桁のモデル名が付けられており、「900番台 = ランニングシューズ」「500番台 = オフロードシューズ」といったようにカテゴリ分けされているのが特徴。価格設定も幅広く、2〜3万円の高級モデルから1万円以下のコスパモデルまで多彩に展開することで、世界中に多くのユーザーを獲得することに成功している。

品のあるアッパーと丸いシルエットが好バランスなニューバランスの名作「576」

576は、1988年に発売されたニューバランスのスニーカー。555→565→575に続く500番シリーズで、オフロードランニングのためのシューズとして安定性の高い丸みのあるシルエットやゴツゴツとしたアウトソールを特徴としている。生産地はイギリスやアメリカで、素材に高品質なオイルドレザーやヌバックレザーを採用。高級感のあるルックスとレジャーにも使える機能性で人気を博している。

品のあるアッパーと丸いシルエットが好バランスなニューバランスの名作「576」

詳細・購入はこちら

ニューバランスの定番「574」は廉価版!「576」との違いとは?

日本では定番スニーカーとして幅広い層に愛用されている「574」。デザイン面では、576と瓜二つと言えるほど酷似している。これは、574が576の廉価モデルとして開発されたことが理由。ぽってりとした丸みのあるシルエットやデザインは同じであるものの、使用されている素材は576のほうが上質なため、当然ながら見た目の印象は576のほうが高級感がある。また、ミッドソールの構造も異なり、クッション性のある574に対し、576はやや弾力のあるはき心地だ。

81Mbo4qgiOL._UL1500_

詳細・購入はこちら

次のページでは、ニューバランス576の魅力を5つに分けて紹介!

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ