ニューバランスが誇るロングセラースニーカー「576」が備える5つの魅力とは

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

ニューバランス576の魅力①「USまたはUKの工場によるハンドメイド仕上げ」

ニューバランスのスニーカーには、USA製とUK製、そしてアジア製のものがある。USA製・UK製は良い素材を使い、作りがしっかりしているのが特徴。中国やベトナムなどのアジア製のものは、ニューバランスとしての品質は維持しながら、素材や製造工程でコストを落とし、低価格帯で販売しているのが特徴だ。576には、USAモデルとUKモデルが存在する。機械を使ったオート製造で作られるアジア製モデルと異なり、USAやUK製は職人によるハンドメイド。靴の中のステッチも含め、細かい部分までしっかりと作り込まれている。

詳細・購入はこちら

UK製576とUSA製576の違いとして、まず挙げられるのがシュータンのデザイン。生産地によって「MADE IN ENGLAND」「MADE IN U.S.A.」の文字がそれぞれ施されている。また、ミッドソールにおいてもUK製はC-CAPのみだが、USA製は574でも使われるENCAPを組み合わせたものも製造。日本市場に流通している576はUK製のものが多い。

詳細・購入はこちら

ニューバランス576の魅力②「高級感のある素材使い」

上質な素材を使用したアッパーも576の注目ポイント。スエード素材はニューバランスシューズの定番だが、576ではスエードより毛足が短くマットな質感のヌバックレザーを使用している。

詳細・購入はこちら

また、UKモデルではスムースレザーを使った576も展開。足当たりの良いオイルを含んだ上質なレザーを採用した撥水性の高い素材なので、多少の雨ならものともしない防水力を備える。サイドのNマークも同色で、縁取りにベージュカラーを用いたモードテイストな仕上がりも好印象。スエードやメッシュを使ったモデルが多いニューバランスだが、オイルドレザーを使った576は高級感のある大人仕様のルックスが魅力を放つ。

詳細・購入はこちら

3/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する