自宅で使いたい筋トレグッズ5選!選び方や効果的なトレーニングも紹介

Share

自宅トレの定番といえば腕立て伏せやスクワットを代表とする自重トレーニングだが、実際のところメニューの幅があまり無いためマンネリ化しがち。いつも同じトレーニングの繰り返しで飽きてきた…とヤル気を失う前に、自宅トレの幅を広げる“筋トレグッズ”をGETしてみてはいかがだろうか?トレーニングに対するモチベーションが上がるうえ、そのグッズを手にした瞬間にヤル気スイッチがONになること間違いなしだ。

自宅で行うトレーニングに筋トレグッズは必要?

何を目的にするかにもよるが、体を引き締めたい、もしくは筋肉を肥大させたいなどボディメイクを効率的かつ効果的に進めていくなら、筋トレグッズを用意するのがおすすめだ。運動の習慣があまり無い場合はシンプルな腕立て伏せや腹筋でも効果を得られるが、慣れてくるにつれ物足りなく感じることもあり、筋トレの強度やバリエーションを広げるために筋トレグッズは一役買ってくれる。また、久しぶりに運動する場合や関節を痛めている場合など、自重トレより負荷の低いトレーニングをリハビリ的に行いたい場合にも筋トレグッズは便利だ。

自宅トレの幅を広げる筋トレグッズ5選!

ここからは自宅トレの質を上げるために役立つ筋トレグッズを紹介する。メリットや使い方を解説するので、気になったら製品をチェックしよう。

自宅トレ おすすめ筋トレグッズ①「腹筋ローラー」

腹筋を鍛えたいなら腹筋ローラーが一番おすすめ。腹筋を鍛える効果は非常に高く、筋トレ上級者でも使用しているほど。そんな腹筋ローラーの使い方は基本的に膝を床につけない立ちコロか、膝をついて行う膝コロの2種類。膝をつけない立ちコロは初心者には難しいので、膝コロを繰り返してレベルアップを目指そう。ちなみに足を椅子やなどに乗せて高い位置にするやり方や、膝コロをさらに初心者向けにした膝コロンなどもあるので、自分のレベルに合わせて変えるのが大切になる。

腹筋ローラーを探す

自宅トレ おすすめ筋トレグッズ②「プッシュアップバー」

プッシュアップバーを使った腕立て伏せは、より体を深い位置に落とせるため負荷をアップさせられる。また、グリップを握るという仕組み上、手首に負担がかからないため、怪我をしやすい初心者にもおすすめだ。もし腕立て伏せを連続で行えるほど筋力が育っていない場合は、膝をついてもOK。

プッシュアップバーを探す

自宅トレ おすすめ筋トレグッズ③「トレーニングチューブ」

筋トレのバリエーションを増やすのに最適なのがトレーニングチューブだ。見た目よりもパワフルな作りになっているものが多く、束ねて使うことでより強度を強められる。そんなトレーニングチューブは使い方を変えれば全身を鍛えられるので、一番万能な筋トレグッズと言っても過言ではない。

トレーニングチューブを探す

自宅トレ おすすめ筋トレグッズ④「チンニングバー」

自重トレで背中を鍛える王道の種目と言えば懸垂。公園の鉄棒などで行っているイメージがあるが、チンニングバーがあれば壁と壁の間やドア枠があれば懸垂ができるようになる。もし自宅のスペースと予算に余裕があれば懸垂とディップスが両方できるチンニングマシンを取り入れてもいいだろう。懸垂やディップスは腕も鍛えられるので、効率的なトレーニングをしたい方にピッタリだ。

チンニングバーを探す

自宅トレ おすすめ筋トレグッズ⑤「ダンベル」

とくに腕や肩を鍛えたい方におすすめしたいのがダンベル。効果的なトレーニングを行う上で欠かせない器具で、多くのトレーニーがジムでも使用する。そんなダンベルを自宅トレで使うなら、可変式を選ぶのがいいだろう。可変式にすれば重さごとにダンベルを購入する必要がないので、広いスペースの用意や買い足す手間が省ける。数千円で購入できるタイプは20kgまでのものが多いが、腕や肩をトレーニングするには十分な重量だ。

ダンベルを探す

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する