筋トレするなら知っておきたい「プレワークアウト」とは?

Share

“プレワークアウト”と呼ばれるサプリメントをご存知だろうか?筋トレ開始30分前に飲むことでトレーニングに集中しやすくしたり、いつもより重たいウェイトを扱えるようになる、まるで魔法のようなサプリメントのことだ。今回はそんな「プレワークアウト」をテーマに、その効果やおすすめのプレワークアウト製品を紹介していく。

スポンサーリンク

プレワークアウトとは?

プレワークアウトの「プレ」とは英語で「前」を意味する言葉で、その名前の通りワークアウト前に飲むサプリメントのことを“プレワークアウト”と呼ぶ。主にトレーニング中のやる気や集中力をアップさせる効果があり、それに伴ってパワーや持久力の向上も狙えるサプリメントとなっている。基本的にはカフェインやクレアチン、ベータアラニン、L-シトルリン、L-アルギニン、BCAAなどで構成されるため、それぞれを個別で摂ったり自己流で配合バランスを変えたりする方も少なくないが、そういった面倒な作業が苦手という場合には各メーカーが発売しているプレワークアウト製品を活用するのがおすすめだ。トレーニングする30分前に飲んでおけばいつもよりパワーが出やすくなるだけでなく、筋肉のパンプアップ感にも大きな差が出てくるのでぜひお試しあれ。

プレワークアウトを探す

プレワークアウトの摂りすぎは危険!

いくらプレワークアウトが筋トレの質を高めるといっても摂りすぎは禁物だ。たとえば集中力をアップさせる効果があるカフェインも摂りすぎると中毒症状を起こす可能性があり、最悪の場合は死に至るケースもある。こういった危険性から、多くのプレワークアウトは「24時間に1杯」というルールを設けているので、必ずこれは遵守してほしい。また、日頃からコーヒーやエナジードリンクなどでカフェインを摂っている場合には一杯当たりの粉の量を少し減らすなど、分量を調節することも欠かせないだろう。ちなみに、プロテインはトレーニングをしない日にも飲んだ方がいいが、プレワークアウトはトレーニングをする日だけ飲めばOKだ。

プレワークアウトを摂取することのメリットは大きく3つ!

プレワークアウトには様々な成分が含まれているが、具体的にはどのような効果が期待できるのだろうか。ここからは、プレワークアウトの効果を紹介する。

プレワークアウトのメリット①「集中力が増すことで質の高い筋トレができる」

上級者トレーニーにもなるとトレーニングに数時間かけるという方も少なくないが、一般的には1時間前後トレーニングする方が最も多いと言われている。1時間前後もトレーニングをしていると、インターバルの間に集中力が切れたり、正しいフォームを意識する力が下がることが少なからずあるはずだ。そんな時に集中力を高めるとされているのが「カフェイン」。仕事休憩や眠気覚ましにカフェインが豊富なコーヒーやエナジードリンクを飲む方が多いように、カフェインには中枢神経系に影響して集中力を高める効果が期待される。脳内の疲労を軽減しやすくなるので、トレーニングを長時間続けても苦に感じにくくなるだろう。

プレワークアウトのメリット②「スタミナ切れを防いで高重量に挑戦できる」

トレーニング始めの種目は高重量を扱えるのに、後半になるにつれて高重量を扱うことが辛くなるという経験は筋トレをしている人なら誰しも経験しているはずだ。これには様々な要因が考えられるが、大きな要因としては筋肉中のエネルギーが減ってしまうこと、筋肉内に酸性度という筋肉の伸縮の妨げになる物質が生じてしまうことが挙げられる。そこで活躍するのが「クレアチン」と「ベータアラニン」。クレアチンにはエネルギー性化合物であるATPを瞬時に再生成する働きがあり、ベータアラニンには筋肉内のカルノシンを増加させて酸性度を取り除く効果があるためだ。この2つの成分によってスタミナ切れを防げば、トレーニング後半でも高重量に挑戦しやすくなるはず。

プレワークアウトのメリット③「血流が促進されてパンプアップや脂肪燃焼にも効果が期待できる」

プレワークアウトに含まれる「L-アルギニン」には血液中の一酸化窒素を合成する働きを高める効果があり、それによって血流が良くなると言われている。そしてL-アルギニンの合成に寄与し、より濃度を高める「L-システイン」との相乗効果によって、いつもより筋肉のハリ感やパンプアップ感が増すはずだ。また、血流が良くなるということは筋肥大させるための栄養がスムーズに筋肉に運ばれるということでもある。体が温まりやすくなるので、脂肪燃焼にも効果が期待できるだろう。

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する