イタリア革靴の総本山!ア・テストーニ(a.testoni)の魅力と定番モデルを紹介

群雄割拠なイタリア靴産業において確固たる地位に立つ革靴ブランド、ア・テストーニ(a.testoni)。イタリアの名高い靴職人たちを育て上げたこのブランドは、ボロネーゼ製法を始めとする数々の技術を考案した。今回は、世界の紳士を魅了し続ける「ア・テストーニ」の魅力について紹介!

スポンサーリンク

ア・テストーニは独自の技術や意匠を数多く生み出しイタリア靴の地位を築いたブランド!

イタリア・ボローニャの革靴ブランド、ア・テストーニ。独自の底付け技法”ボロネーゼ製法”を生み出した他に、フィレットーネやスパイラルなど、このブランドだけが持つ数々の意匠で唯一無二の革靴を手がける。現在ではトップブランドに名を連ねるステファノ・ブランキーニ(Stefano Branchini)やエンツォ・ボナフェ(Enzo Bonafe)の創業者たちもア・テストーニ門下で修行を積んだことからも、このブランドの高い技術力が窺える。昨今のイタリア靴の地位はア・テストーニなしには考えられないと言っても大げさではないだろう。

ア・テストーニの歴史

1929年創業のア・テストーニ。創業者のアメデオ・テストーニは、代々靴職人の家計に生まれ育った人物。生粋の職人魂を持つ彼が下積みを経て、ボローニャに工房を設立したのがこのブランドの始まりである。
「世界一美しい靴を作る」という夢を抱いていたアメデオ・テストーニ。その高い志は、第二次世界大戦の終結から数年後の1950年代に現実のものとなる。彼が開発した”ボロネーゼ製法”によって作られた革靴は、これまでの革靴からは想像もつかないような柔らかくしなやかな履き心地を実現したものだった。

31Lkj6IkQ5L1980

詳細・購入はこちら

ア・テストーニの靴が世界的に認められ始めたのは1960年代。ヨーロッパ各国からアメリカへと渡り、アジアへと広まった。1978年には第一号店となるフラッグシップショップをオープン。革靴ブランドが単独でブティックを開くのは当時極めて珍しいことだった。アメデオ・テストーニは、ボロネーゼ製法を始めとするアルティジャーノ精神の真髄を世界のマーケットに持ち込んだ第一人者として知られている。その技術と精神は現在のア・テストーニの職人達に受け継がれ、このブランド独自の製品を今なお作り続けられている。

2/7GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ