白シャツ ブランド メンズ特集

ホワイトシャツは、ビジネススタイルを始めカジュアルスタイルにも使用できる定番中の定番と言えるアイテムだ。今回は、スーツに合わせたいドレスシャツを中心に、カジュアルシャツに強いブランドまで幅広く紹介!

スポンサーリンク

白シャツブランド「LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)」

「豊富な襟が特徴のラグジュアリーシャツ」

1957年、ナポリにおいてシャツメーカーとして創業したブランド。ナポリの伝統工芸によるハンドメイド仕立てと良質な素材使いによって、熟練した職人の手仕事が施されたシャツは世界的なラグジュアリーシャツブランドとしてあまりにも有名だ。南イタリアのシャツでありながら、英国シャツのような威厳も兼ね備えた逸品を数多く発表している。20種類以上の豊富な襟型を備えることでも知られる。

LUIGI BORRELLIシャツ▶︎LUIGI BORRELLIのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「TURNBULL & ASSER‎(ターンブル&アッサー)」

「ジェームズ・ボンドが愛用した英国が誇る伝統的ブランド」

1885年、レジナルド・ターンブル(Reginald Turnbull)とアーネスト・アッサー(Ernest Asser)という二人のシャツ職人によって上流階級向けの紳士服屋をロンドンのジャーミンストリートに構えたのが始まり。あのジェームズ・ボンド氏が愛用していたことでも知られる。ターンブルカットと言われる襟の形状やターンナップカフスなどのディテールに加え、洗練されたシルエットに魅了されるファンは少なくない。▶︎ターンブル&アッサーの詳細記事はこちら

(ターンブル&アッサー)TURNBULL & ASSER‎ コットンポプリン リージェントカラー ドレスシャツ

▶︎TURNBULL & ASSERのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「BARBA (バルバ)」

「細身体型の日本人に似合いやすいシャツ」

1964年、バルバ兄弟によってナポリに創業されたブランド。創業当時は、シャツなどを中心とした小さなファクトリーだったが、1990年代初頭から長年培った手縫いやカッティング技術などを活かし「バルバ」として商品展開、現在では「ルイジ・ボレリ」「フライ」に並ぶブランドに成長。オーナー自体が細身体型なこともあり、アームホールが細く、全体が細身シルエットなので日本人に似合いやすいことでも知られ、とりわけ日本における人気が高い。ブラックレーベルとゴールドレーベルの二つのラインがあり、ゴールドレーベルの方がハンドワークで作り込まれていることもあり、やや高価。ダンディライフはバルバのカジュアルレーベルだ。

バルバシャツ▶︎BARBAのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「FRAY (フライ)」

「あえてマシンメイド、最高級のマシンメイドシャツ。」

1962年、イタリア・ボローニャにて創業されたイタリアを代表するドレスシャツブランド。クラシコイタリア協会会員にも登録している。イタリア、スイスから厳選した最高級素材を使った”究極のマシーンメイドドレスシャツ”と称されている。生産効率を高めるためではなく、手縫いでは実現できない細かくて耐久性のある、美しいステッチを施すために、あえてマシンを使うブランド。手縫いを売りにするイタリアブランドが多い中で強い存在感を放つ。複雑な調整ノウハウが必要とされるマシンを使いこなす熟練職人を抱えるフライだからこそ作ることのできるドレスシャツは最高級の逸品として、各国首脳をはじめ世界の一流ビジネスマンから愛されている。

 FRAY (フライ) 定番ツイルホワイトシャツ

▶︎FRAYのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Finamore (フィナモレ)」

「カジュアルシャツの名選手」

1925年にイタリア・ナポリにて創業した100%ハンドメイドのメンズシャツメーカー。エレガントな襟型と熟練職人による細かいステッチが魅力のドレスシャツ専業のファクトリーブランド。手縫いならではの着心地の良さを実現しているとの評価が高く、肩の運動量を妨げず柔らかな着心地を十八番とするブランドだ。ドレスシャツはもちろんのこと、特にカジュアルシャツの人気も高さが特徴のひとつ。特にウォッシュ加工のシャツはフィナモレの定番品だ。

Finamore(フィナモレ) 公式FINAMORE SIMONE TRIESTE 980158

▶︎FINAMOREのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)」

「アメリカントラッドの雄」

1818年に、アメリカ既製服の大規模小売店としてヘンリー・サンズ・ブルックスによって創業されたブランド「BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)」。リンカーンをはじめとしたアメリカ歴代大統領やハリウッドスターの衣類を仕立て、ブランドの伝統と歴史を作り上げてきたブランドだ。現在、シワになりにくいノンアイロンシャツなど、アメリカらしい機能性の高いシャツを生産している。

 NON-IRON ストレッチコットン ソリッド ドレスシャツ Milano Fit

▶︎BROOKS BROTHERSのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「BORRIELLO (ボリエッロ)」

「都会的デザインのナポリシャツ」

1980年にナポリで生まれたシャツブランド。現在は2代目となるファビオ氏が代表を務める。30年以上のキャリアを誇る人気のファクトリーとして知られ、高級シャツメーカーとして、有名メゾンブランドにOEMでシャツの供給を行っている。高品質な生地、独自のパターン、新しいスタイルの追求で、最高級シャツブランドとしての地位を確立している。

BORRIELLOシャツ▶︎BORRIELLOのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「GUY ROVER (ギローバー)」

「マシンメイドが得意」

1967年北イタリア・ヴィチェンツャ創業のブランド。オールマシンメイドのシャツでは最高峰のクオリティを誇ることで知られています。マシンメイドのしっかりとした縫製・着心地の良さを追求する品質選び・身体を包み込むような立体的なデザインに定評がある。高級ブランドのシャツを生産してきたファクトリーとしても有名だ。

GUY ROVER シャツ▶︎GUY ROVERのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「ORIAN (オリアン)」

「イタリアの新鋭シャツブランド」

ギローバーでキャリアを積んだジャン・ガエターノ・オリアン氏が1990年に北イタリア・ヴェネストシュウ・カステルフランコ・ヴェストにあったシャツ工場を買収してスタートしたブランド。シャツのデザインが必要以上に主張するような過度な装飾を排除して、着る人の個性を際立たせるシャツを理想としていることも特徴である。イタリアの伝統的な職人技術と最高水準の機械技術との融合は、さすがにギローバー仕込み。素材・色柄、襟の形、カフ、シルエットの豊富さも魅力。

ORIANボタンダウンシャツ▶︎ORIANのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Glanshirt (グランシャツ)」

「60年代リラックスシャツの復刻が原点」

INCOTEXやZANONEを傘下に抱えるスローウェアグループに属するシャツブランド。60年代のイタリアにバカンスで訪れた多くのアーティスト、政治家、ビジネスマンから愛されたというシャツ。そんなリラックス仕様のシャツを職人によるハンドメイドによって復刻したのがグランシャツだ。

gran shirts グランシャツ▶︎Glanshirtのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Gitman Bros.(ギットマンブラザーズ)」

「アメリカの伝統を守る実力派シャツメーカー」

1978年に、アメリカのペンシルバニアで設立された伝統的なシャツメーカー。ブルックスブラザースの生産工場で有名なインディビジュアライズド シャツとの系列会社であり、クオリティが高く支持されている。メイド・イン・USAを現在でも維持する数少ないシャツメーカーの中の1つであり、バーバリーやトムブラウンなどの生産も行う実力派ブランドだ。

Gitman Bros. ボタンダウンオックスフォードシャツ

▶︎gitman brosのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

2009年に始動した新レーベル「Gitman Vintage」。創業当時である70年代後半から80年代初頭のアーカイブシャツのデザインをベースにデッドストック生地を使用して作られるシャツが往年のアメトラスタイル好きの心をつかんでいる。前立てあり仕様や、センターボックスプリーツ、バックボタン、ハンガーループなどアメトラならではのディテールが数多く採用されていることも特徴だ。

(ギットマンヴィンテージ)GITMAN VINTAGE シャツ Classic Button Down Shirt

Gitman Vintageの白シャツを探す

白シャツブランド「Mario Muscariello (マリオムスカリエッロ)」

「ナポリ伝統のハンドワークと華やかな色柄」

ナポリサルトの聖地といわれる町「サン・ジョルジオ・ア・クレマーノ」で創業したシャツメーカー。初代の創業は1870年代だが、現在の工房は1964年に創業。元々はシャツとナイトウェアを手掛けていたが、1973年からパターンオーダーのハンドメイドシャツ製作を開始。ナポリ伝統の9工程にも及ぶハンドワークが特徴。

Mario Muscariello マリオムスカリエッロ メンズ リネン プルオーバー バンドカラーシャツ ISCHIA WASHED LONG SLEEVE

▶︎Mario Muscarielloのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「GIANNETTO (ジャンネット)」

「海が似合うシャツといえば」

1979年創業のカミチェリア・サンフォート社が、2008年から展開する南イタリアの新鋭シャツブランド。袖を後付けする立体的な仕立てやザンパテ・グリアートと呼ばれるボタンの縫い付けなど、イタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの港町らしさを表現したコレクションを展開。胸元のボタンを開けた時にチラリと見える太陽をモチーフにした刺繍がさりげなく主張。

GIANNETTOシャツ▶︎GIANNETTOのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「CIT LUXURY (チットラグジュアリー)」

「老舗技術と新デザイン」

1939年創業の老舗シャツメーカーCIT社内で、2009年にスタートさせた新鋭ブランド。伝統スタイルの中に、時代の空気感を考慮したアレンジを加え、洗練されたシャツスタイルを提案。

 (チットラグジュアリー)CIT LUXURY シャツ GPAUL 05602

▶︎CIT LUXURYのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Bagutta (バグッタ)」

「アルマーニも認めたシャツファクトリー」

1939年創業の老舗シャツメーカーCIT(チット)社より、1976年ヴィットーリオ&ランバード夫妻が発表した、ミラノ近郊アルコーレのマシンメイドファクトリー。1978年には品質と上質なデザインがジョルジオ・アルマーニに認められ、その後多くの一流メゾンブランドからの製造依頼を受けている。マシンメイドならではの丈夫さや、上質なパターンと素材に対しての評価が高く、年間130万着のシャツを製造していると言われている。

Baguttaシャツ

▶︎Baguttaのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「BEVILACQUA (ベヴィラクア)」

「有名セレクトショップのスタッフがリバイバル」

1950年にイタリアのフィレンツェで創設されたファクトリーブランドをミラノの有力セレクトショップ「ERAL55」のスタッフがリバイバルさせたという背景をもつ異色のシャツブランド。シャツを中心にネクタイ、スカーフ、ベストなどシャツの着こなしをサポートするアイテムも含めて展開。伝統的な素材や技術、工程を「裁断師」「仕立て職人」「染め職人」などが連携して作り上げる美しいシャツは、ヴィンテージライクな風合いが魅力。可愛らしい犬のロゴマークがポイントだ。

BEVILACQUA白シャツ

▶︎BEVILACQUAのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「MOSCA (モスカ)」

「伝統と革新」

1973年イタリアのヴェネト州で創業したシャツメーカー。100% MADE IN ITALYで昔ながらの伝統的なテーラーワークに従って最良のハンドメイドシャツの仕立て・製造を行っており、有名なクリエイティブ・ディレクターを迎え入れるなど伝統に革新を加える姿勢が特徴だ。

MOSCAシャツ

▶︎MOSCAのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Neil Barrett(ニールバレット)」

「英国トラッドとスポーティを併せ持つ万能ブランド」

1999年に、ニール バレット氏が自身の名で設立したブランドだ。グッチのシニアメンズウェアデザイナーやプラダのメンズデザイン・ディレクターなどを務めたキャリアを持つ。ピッティ・ウォモに展示会を開くなど、ファッション業界の中でも一目置かれる存在だ。イギリス仕込みのトラッドスタイルにスポーティテイストの機能性をミックスさせたデザインと素材へのこだわりが人気を集めている。トラディショナルなテーラーリングのノウハウを感じ取れるホワイトシャツは見モノだ。

(ニールバレット)Neil Barrett 563 MEN'S WOVEN SHIRT

▶︎Neil Barrettのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「PERIOD FEATURES(ピリオドフィーチャーズ)」

「シャツを通して手織りの魅力を伝えるブランド」

日本人クリエーティブディレクター、津村将勝 氏がデザインするシャツブランドのピリオド・フィーチャーズ。54歳の時に渡印した先で出会った手織り生地に魅せられたのがブランド設立のきっかけ。織りの技術を継承し、織られた生地でシャツを仕立て販売することで、手織りの素晴らしさを世界の人々に広めるためスタートした一枚ごとに手織りで織られた生地は、津村将勝 氏が3年間に渡り、カルカッタから車で5時間かけて通い詰めたウエストベンガルの小さな村で大切に織られている。手織り生地による繊細な生地感とクオリティの高さは世界からも注目を集め、Pitti uomoにも展示を行なっている。

(ピリオドフィーチャーズ)PERIOD FEATURES Hand Woven Khadi

▶︎PERIOD FEATURESのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「G.INGLESE(ジ イングレーゼ)」

「サルトの経験と人体構造を考慮した構築的シャツ」

1955年、南イタリア・プーリアに現社長であるアンジェ・イングレーゼ氏の父と二人の兄弟三人が、有名サルトでの修行を終え、クラシックの工程でスーツとシャツを仕立てるサルトリアを設立から始まったG.INGLESE(ジ イングレーゼ)。手仕事の伝統技術が根強いプーリアの職人たちが作り上げるシャツは、エレガントでプロポーションが良く、腕が動かしやすい機能性といった特徴を持つ。両腕を前に組む時、車の運転時に背中が引っ張られないのもジ・イングレーゼのシャツならでは。サルトリア本来の作り方を今なお継続し、日本人に多い猫背姿勢、いかり肩や骨格から筋肉のつき方を研究の上、各所の微妙なサイズの調整をしているからこそ実現できる技だ。

(ジ イングレーゼ)G.INGLESE(ジ イングレーゼ) ワイドカラーツイルドレスシャツ

▶︎G.INGLESEのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ・ピッコロ)」

「顧客の気持ちを最優先に考える手縫いシャツメーカー」

大手シャツメーカーで経験を積みながら、16歳という若さで独立してオーダーメイドの手縫いシャツメーカーを設立したサルヴァトーレ・ピッコロ。シャツの確かな仕立てと着心地の快適性はナポリで話題を呼び、多くのファンの長年愛用される逸品となった。仕立てや縫製よりも、相手の話をきくこと、つまりシャツを着る人の立場を最重要視するという姿勢は魅力的だ。

(サルヴァトーレ・ピッコロ)Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ・ピッコロ) ツイル ワイドカラーシャツ

▶︎Salvatore Piccoloのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「catarisano(カタリザーノ)」

「手裁断によるこだわりのス・ミズーラシャツ」

1958年、イタリアのカラブリア・カタンザーロにてジュジェッペ・カタリザーノ氏がカミチェリア(シャツメーカー)をオープン。カタリザーノは、生産の80%以上をス・ミズーラで占める。裁断は全て手作業で行われ、クライアントの体型を考慮しながら行われる。このこだわりにより、シャツの着心地が向上。現在、多くの顧客を持つ有名ブランドとして人気を集めている。プレタポルテラインにも同じ工程を取り入れ、リラックスした着心地は評価が高い。

(カタリザーノ)catarisano(カタリザーノ) MACHUPICCHU

▶︎catarisanoのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「DARKNOT(ダークノット)」

「伝統と文化のミックスから生まれるエレガンスブランド」

1914年創業のマリネッラが2014年に100周年を記念してデビューさせたシャツ&タイブランドのダークノット。マリネッラと同様のエレガンステイストで、最高クオリティーにより時代性とデザインの独自性を反映させた。伝統的な製法やファブリックのなかに、アメリカントラディショナルやフランスのエスプリなどを取り入れたデザインが特徴だ。

DARKNOT ポプリンセミワイドシャツ

▶︎DARKNOTのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「AVINO LABORATORIO NAPOLETANO(アビーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ)

「イタリアンスタイルとナポリに対する情熱を顧客に」

イタリアンスタイルやナポリ仕立てに対する情熱を顧客に届けたいという思いから、Francesco Avino氏が、2001年にスタートさせたシャツとスーツの仕立てブランド。周りからの支持もあり、イタリア全土に評判が広がる。2005年に、独自のスタイルで世界の顧客を満足させたいという思いから、シャツ一本に専念することを決断。裁断には細心の注意を払い、ハンド仕上げの工程は、襟、ヨーク、アームホール、ボタンホール、ボタン付け、ガゼット、カンヌキ、前立ての8工程。シャツ一本に絞ってから、洗練された仕立てと顧客への対応は評価が高い。

(アビーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ) AVINO LABORATORIO NAPOLETANO オックスフォードセミワイドカラーシャツ

▶︎AVINO LABORATORIO NAPOLETANOのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「TIE YOUR TIE(タイ ユア タイ)」

「イタリアンハンドメイドのシャツを展開するタイブランド」

1984年、フランコ・ミヌッチがフィレンツェにオープンした高級紳士服を代表するブランド「TIE YOUR TIE」。特に、七つ折りネクタイのセッテピエゲが人気なブランドだが、現在は他のアイテムも展開している。タイ ユア タイが展開するドレスシャツは、フィッティングと快適な着心地をイタリアの手作業の良さを活かして作成している。

(タイ ユア タイ)TIE YOUR TIE シャツ セミワイドカラー レギュラーフィット コットンポプリン

▶︎TIE YOUR TIEのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「The Kooples(ザ クープルス)

「カップルをテーマにしたフレンチブランド」

2008年より、ユニクロが買収しているコントワー・デ・コトニエの創業者を両親に持つ3兄弟がフランスでスタートしたブランド。コンセプトはカップルであり、広告のモデルには素人カップルを採用するなど、話題性のあるマーケティングを展開している。ロックテイストの強いアイテムを多く展開し、スタイリッシュなシルエットやカッティングが巷で人気を集めている。日本への展開は未だ検討していないため、他と被らないシャツが欲しい方は一度検討してみるのはいかがだろうか。

THE KOOPLES メンズ トップス フォーマルシャツ White cotton fitted shirt

▶︎The Kooplesのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「ZILLI(ジリー)」

「身にまとう宝石を製作するブランド」

1970年にAlain Schimel氏によって、フランスのリヨンにて創立されたブランド「ZILLI(ジリー)」。クロコダイルやオーストリッチ、ミンク、チンチラ、セーブル、ヴィクーニャといった希少価値の高い素材をふんだんに用いたコレクションが特徴。「世界で最高の衣」というコンセプトのもと、世界中のセレブから愛されるブランドだ。そんなジリーが手掛けるシャツはラグジュアリー感溢れる最高級品質といえる。

 (ジリー)ZILLI シャツ ホワイト

▶︎ZILLIのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「Errico Formicola(エリッコ フォルミコラ)」

「ナポリとミラノの魅力を兼備したイタリアブランド」

2008年、キートンやルイジボレッリなどの老舗高級ブランドで長年経験を積んだエリッコ フォルミコラ氏が自身の名を冠にして立ち上げたブランド。シャツやネクタイを中心に、現在はスーツやジャケットなど重衣料のアイテムも展開している。イタリア ナポリのブランドでありながら、どこかミラノらしさを感じる色気を併せ持つ。サイジングは日本人向けに設計されている。

Errico Formicola(エリッコ フォルミコラ) スリムフィット ワイドカラーヘリンボーンドレスシャツ

▶︎Errico Formicolaのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビデュアライズドシャツ)

「人が着て100%完成するシャツを仕立てるアメリカブランド」

1961年にアメリカで創業されたシャツメーカー。仕立て屋が作る本物のシャツを提供することをコンセプトに活動している。他国の良さではなく、アメリカ独自の文化を尊重した洋服作りは評価が高く、顧客リストには歴代の大統領やハリウッドスターの名が連なっているという。ブランド曰く、INDIVIDUALIZED SHIRTSの縫い上がったシャツのクオリティは90%で、人が着ることで100%になるという。

(インディビジュアライズドシャツ) INDIVIDUALIZED SHIRTS BD シャツ "POPLIN/ポプリン" STANDARD FIT メンズ ホワイト

▶︎INDIVIDUALIZED SHIRTSのホワイトシャツを探す

白シャツブランド「POLO Ralph Lauren(ポロ・ラルフローレン)

「ポロという競技からインスピレーションを受けたアメリカの代表的ブランド」

1939年にアメリカのニューヨークにて生まれたRalph Rueben Lifshitz(ラルフ・ルーベン・リフシッツ)氏が立ち上げたブランド。元々は「POLO」という高級ハンドメイドネクタイを取り扱うショップだった。ペルシャ発祥の「ポロ」という競技から由来しているだけあり、ラルフローレンのシャツはボタンダウンシャツなど、スポーツテイストの強いアイテムを多く展開している。

 POLO Ralph Lauren スタンダードフィット メンズ オックスフォード

▶︎POLO Ralph Laurenのホワイトシャツを探す

FOLLOW US
banner