banner

バンズ(VANS)スニーカーの意外な歴史と魅力を紹介

サーフィン、スケートボードをはじめとする横乗り系のアクションスポーツをはじめ、サブカルチャーのアイコン的存在としてその名を確立しているVANS(バンズ)。今やメンズファッションに欠かすことのできない地位までのぼりつめた感のあるVANSだが、もともとは店の見本を元にカスタムオーダー、受注生産形式をとるベンチャー企業だったのはご存知だろうか。一度は経営破綻に陥りながらも、驚異的な立ち直りを達成したVANSにフォーカスして知られざる歴史や注目モデルなどを紹介!vans

スポンサーリンク

バンズとは?

1966年にポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)がジム・ヴァン・ドーレン(Jim Van Doren)、ゴードン・リー(Gordon Lee)、セルジュ・デリーア(Serge Delia)の3人と手を組み設立したスニーカーブランドだ。VANSというブランド名には、「ヴァンとその仲間たち」という意味がこめられている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-13-29-01

fakeblack

バンズはカスタムオーダーの受注生産から始動したブランド

近年各ブランドからスニーカーのオーダーシステムが展開されているが、実はVANSが「カスタムオーダーの受注生産」から始動したブランドだというのはあまり知られていない事実だ。はじまりはこうだ。現在オーセンティック(AUTHENTIC)の名称を持つモデルが店頭に並んでおり、来店者は希望のサイズと色を選びオーダー、注文を受けてから製作するという具合。オープン初日には12名の客が注文をし、夕方に受け渡しを行なっていた。「#44 AUTHENTIC」という名称が付いたこのモデルは、現在もほぼ変わらないデザインを保ち、愛され続けている。

1966-2vansjapan

VANSは1970〜80年代に熱烈な人気を獲得

シンプルでどんな服装にも合うデザインに加え、丈夫なアッパーとグリップ力の強いソールが特徴のVANSは1970年代にスケーターの間で話題を集める。特に西海岸カルチャーの影響力は現在以上に強く、世界中に広がっていく。

dogtown-zboys-jay-adams-skateboarder-2zboys

カリフォルニア・ベニスビーチのサーフショップ「ゼファー」のスケート・チーム「Z-BOYS」の主要メンバーとして知られるカリスマスケーターのトニー・アルバ(Tony Alva)とステイシー・ペラルタ(Stacy Peralta)がオーセンティックの履き口に綿入りのパッドを入れ、色とりどりのカラーコンビが施されたオーセンティックを履き始める。これが当時のスケーターの間で話題となり、1976年にはその仕様をベースにした「#95 エラ(Era)」というモデルが発売された。

バンズ エラpicshype

当時のアメリカ西海岸のベニスビーチ付近、通称「ドッグタウン」の雰囲気を味わうなら、映画「ロード・オブ・ドッグタウン」がおすすめだ。実際にZ-BOYSの実話を基に映画化されており、Z-BOYSの中心メンバー、トニー・アルバとジェイ・アダムスが役作りの指導に当たり、ステイシー・ペラルタが脚本を担当しているのだからリアルじゃないわけがない。

ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]

詳細・購入はこちら

その後、1979年に発売されたVANS CLASSIC SLIP-ONが、南カリフォルニアで大流行。「すぐ履けてスケボーができるシューズ」をコンセプトに開発されたスリッポンはこの年にスケーターやBMXライダーから熱狂的に支持され流行アイテムに。

クラシックスリッポン スニーカー メンズ

VANSのキャッチフレーズ「OFF THE WALL」とは?

OFF THE WALLは直訳すると「壁から離れる」だが、Z-BOYSというスケートグループのスラングとして使われていた「普通じゃない、変なやつ」という意味がある。グループの一員トニー・アルバ(Tony Alva)氏がプールでスケートする際、彼にしか出来ない端から空中に飛び出す技を決めると、Z-BOYSのオーナーだったスキップ・イングロム(Skip Engblom)氏が「OFF THE WALL」と叫んだことから、型破りな人物を意味する言葉として使われるようになった。

vans era Tony Alva バンズ エラ

complex

VANSのキャッチフレーズとして使われ始めた理由は、トニー・アルバ氏がVANSを履いていたこと、当時のオーダーメイド生産が「型破り」だったことだ。

VANSの経営破綻からの復帰

スニーカーの売れ行きが好調だったVANSは1980年代頃70近いショップをカリフォルニアにオープンしていた。後に創始者のポール・ヴァン・ドーレン氏が離れ、事業が拡大し過ぎたことが原因で経営状況が悪化、1984年に経営破綻する。裁判所はポール・ヴァン・ドーレンを社長として戻ることを条件に、民事再生法を適用。当時ポール・ヴァン・ドーレン氏が全従業員に「むこう3年間は昇給はないかもしれないが、すべてにおいてコストダウンをしなければいけない。しかし、Vansのシューズのクオリティは決して落としてはいけない」と伝え、名言として語り継がれている。

vans スニーカー

aminoapps

VANSは経営破綻からスケーターカンパニーとしての代表的ブランドへ

経営破綻より3年後の1987年に1200万ドルの負債を完済する。その後世界に展開、1994年には日本にてABC-MARTが販売権を取得している。2011年には10億ドルを超える売上を記録し、世界一の規模を誇るスケートカンパニーとして認められた。

2011-1

vansjapan

VANSのスニーカーに用いられるバルカナイズ製法とは

アッパーとソールの隙間に、固まる前の生ゴムを流し込み接着させる製法。キャンパス地とゴムの異素材をしっかりと接着させるスニーカー製造の基礎的な技術と言われている。100度以上の釜に入れたり、大型扇風機で冷却するなど高額なコストが掛かるが、この製法によるレトロなデザインのファンも多い。

7971632s-960-1drive2

VANS PROモデルの違いとは?

基本バンズはスケーターを意識したスニーカーの製造を心掛けているが、なかでも「PRO」モデルはよりスケーター向けに作られたデザインと耐久性が特徴だ。裏地付き、中に詰める綿を増加、オーリーで擦れる小指の部分に補強を行うなど、足を保護するための機能が追加。インソールには着地の際に衝撃を吸収するポリウレタン素材をベースにしたULTRACUSH HDテクノロジーを採用。また通常は2層のソール間に、DURACAPというラバーを挟むことで耐久性を向上させている。

vans-authentic-pro-skate-shoes-black

tactics

VANSの日本企画とUS企画の違いと見分け方。

日本企画とUSA企画は微妙に違いがある。違いにこだわるコアなファンの方も多いので把握しておきたい。まず品番を見ると、USAはVNから始まり、日本はVから始まる。製品による違いはつま先の反りが関係しており、スケートの文化が強いUSAでは蹴り出す面が広くなるようにフラットに作られている。一方、日本企画は歩きやすさを考え、若干反った作りになっているようだ。次にご覧頂く画像は最初がUSA、次が日本企画のもの。

vans オーセンティック 米国

USA規格 rakuten

US版に比較すると、日本版の方がソールが反っており接地面積が小さいことが一見してわかる。

vansオーセンティック 日本規格

日本規格 abc-mart

見分けるポイントとしてはヒールカウンターのパッチも有力な手立てとなる。日本規格のVANSはABCマートが商標権を獲得しているため、パッチに®が入る。

VANSは2016年に50周年を迎えた注目ブランド

50周年を記念したモデルの展開やコラボが行われているため、この機会に押さえておきたいブランドだ。公式サイトよりコラボやリリース情報を確認できる。VANS公式サイトはこちら

tumblr_o59snauvxb1u0fkdho1_500

whatifkicks

<VANS50年の軌跡を振り返るムービー>

VANSが生み出した代表的スニーカー紹介

50年の歴史を持つバンズが出した代表的モデルを紹介。

VANSの代表的モデル「オーセンティック」

vans スニーカー

vans

VANSの初期モデル。当時#44という名称で製作され、オーダーメイドの珍しさと丈夫さが評価された。50年前と変わることのないVANSのクラシックを味わいたい方はこのモデルをオススメする。品番がVNで始まるUS規格。▶︎「オーセンティック」の詳細・購入はこちら

VANSの代表的モデル「エラ」

vans スニーカー

vans

1976年にアメリカの代表的スケーターのトニー・アルバ(Tony Alva)とステイシー・ペラルタ(Stacy Peralta)が履き口に綿を詰め、カラフルな配色のデザインを施したモデル。オーセンティックが原型なため、非常に似ているが履き口のボリュームで見分けられる。こちらもUS規格。▶︎「エラ」の詳細・購入はこちら

VANSの代表的モデル「スリッポン」

vans スニーカー

vans

#98とも言われるシューレースの無いモデル。映画の「Fast Times at Ridgemont High」のヒットが背景にあり、人気が拡大していったモデル。楽に着脱出来ながらも丈夫な作りから現在も人気を呼んでいる。US規格モノ。▶︎「スリッポン」の詳細・購入はこちら

VANSの代表的モデル「オールドスクール」

 

vans

1977年に他ブランドとの違いを必要としたことから、ポール氏が波を連想させるような曲線による美しいライン「ジャズ・ストライプ(jazz stripe)」が初めて施されたモデル。初めてジャズラインが付いたことから「ジャズ(jazz)」という名称で呼ばれることも。バンズのアイコンが詰まったモデルとして現在も高い人気を誇る。US規格モノ▶︎「オールドスクール」の詳細・購入はこちら

VANSの代表的モデル「スケートハイ」

vans スニーカー

vans

1978年に「Style 38」として発表されたモデル。ジャズストライプを使用したセカンドモデルとしても注目された。足首を覆う高さまで設計する事で、スケーターが最も負傷する足首下が守られる機能的モデル。「SK8」と表示されるのはスケートのエートの発音が数字の8に似ているためスラングとして採用されている。US規格モノ▶︎「スケートハイ」の詳細・購入はこちら

VANSの代表的モデル「サンダル」

vansスポーツサンダル

最近サンダルが流行しており、バンズのモデルも注目されている。チェッカーボードの柄が施されたこのモデルは特に人気が高く高値が付くこともある。▶︎「サンダル」の詳細・購入はこちら

VANS定番以外のライン

定番モデルをおさえたら、非・定番のラインナップにも注目していきたい。

VANS VAULT LINE (バンズ ボルトライン)とは?

sign

VAULT LINEとは、2003年に誕生したVANSのファッションラインだ。(日本国内の正式展開は2004年FW)。それまでのVANSのメインイメージの「スケボーやBMX用の丈夫なスニーカー」と並行して、よりファッション的に生地や柄、時にはスニーカーデザイン自体も新しく起こしまったく新しいシリーズとして「VAULT LINE(ボルトライン)」をスタート。VAULTを取り扱えるショップは世界全体で150店舗以下に抑えられ、基本的にはセレクトショップや国内ではABCマートの運営する「BILLY’S」などで取り扱いされる。コラボも盛んに行われグラフィックデザイナー、コミック作家、プロスケーターにサーファーや他業種の企業など種類やモデルは多岐に渡る。▶︎VAULTの購入はこちら

VANS SURF LINE (バンズ サーフライン)とは?

VANS サーフライン

VANSのラインの中でも新しい発想で実用的なモデルを次々に発表する「SURF LINE」は海と街がテーマ。素材もオーガニック・コットンやヘンプ、バンブー、リサイクルペット系素材などの環境に配慮したエコ素材を使用したモデルが多いことも特徴。また、VANSチームにはサンディエゴ出身のJoel Tudor(ジョエル・チューダー)を始め、ハービー・フレッチャーの息子のNathan Fletcher(ネイサン・フレッチャー)、Alex Knost(アレックス・ノスト)、Pat Gudauskas(グダスカス兄弟)などそうそうたる顔ぶれがそろう。▶︎VANS SURF LINEの購入はこちら

VANSスニーカーのコーディネート/着こなし紹介

シンプルで合わせやすいVANSのスニーカーを使ったコーディネートをピックアップ!

デニムジャケット×VANS オーセンティック

ややオーバーサイズのデニムジャケットにVANSオーセンティックをあわせた着こなし。きれいめカジュアルなスタイリングの中にもどこかアクティブでやんちゃな空気感を漂わせる着こなしが完成。

デニムジャケット着こなしメンズVANSオーセンティック

スラックススタイル×VANSオーセンティック

ブラックスラックスにオールホワイトのVANSオーセンティックを合わせたコーディネート。タックインであわせた白Tシャツもあいまってドレス要素にカジュアルテイストが絶妙にミックスされた抜け感溢れるスタイリングだ。

VANSオーセンティックコーデメンズfashionfordonny

ペールトーンデニム×VANSオーセンティック

淡い色味の色落ちデニムにあわせるようにペールブルーのVANSオーセンティックをチョイス。ロールアップで抜け感あふれる印象に。

黒Tシャツ,VANSスニーカー,ブラックジーンズ,メンズファッション着こなしコーデnssmag

ブラックジーンズ×VANS ERA

深いUネックが印象的な白Tシャツにブラックジーンズをあわせたシンプルスタイル。VANSの定番ERAにさりげなく長めのシューレースをあわせ、ラフで洒脱な印象に。

白Tシャツゆるネック、ブラックジーンズ,白スニーカーVANSbl-on-de

オールブラックコーデ×VANSオーセンティック

オールブラックコーデにVANSオーセンティックのホワイトソールが映える!

モノトーンコーデメンズ,黒Tシャツ,ブラックスキニーパンツ,VANSオーセンティックスニーカー

VANS×白ジャケット×ブルージーンズ

頭と足元の色味を合わせながら、白のジャケットをベースに組み合わせた爽やかなコーディネート。ブルージーンズは切りっぱなしだが、裾にもたつきが出ないようにロールアップすることで野暮ったさを無くしている。

vans-sk8-hi-5

vansoutletshoes

VANS×デニムジャケット

VANSオールドスクールに、グレーな色味のデニムジャケットと白の無地Tシャツで男らしい着こなし。アンクル丈のパンツから見えるソックスまで、徹底してモノトーンな色味の統一をし、ラフながらもヤボったく見せない印象を獲得。

vans コーディネートvansoutletshoes

VANS×オーバーサイズコート×ホワイトキャップ

白と黒のシンプルな配色ながら、オーバーサイズのコートを合わせることで個性を追加。フォーマルな印象のあるブラックコーデに、オールブラックのSK8HIが渋い演出をしている。

vans コーディネートbegetnews

VANS×ニット×スキニージーンズ

カジュアルよりのスタイルにも合うのがVANSの強み。カラフルなトップスにはモノトーンなアイテムを合わせる。タイトなサイジングと白Tシャツのレイヤード、パンツのロールアップまで細部にこだわった着こなしが、履き込んだスニーカーと上手くマッチしている。

vans コーディネートmarhall

FOLLOW US

Related post