最強のダウン”水沢ダウン”の魅力とは?

水沢ダウン

2008年に登場以来、年々存在感を高める「水沢ダウン」。ヨーロッパブランドひしめくダウンジャケットの中にあって、異質な輝きを放つブランドだ。2015年には数千着以上の生産量を記録し、最強のダウンと評する人間も多い。今回は水沢ダウンにフォーカスして、その魅力を紹介!top image by descente

スポンサーリンク

水沢ダウンとは?

大阪市にある株式会社デサントが一丸となって2010年バンクーバー五輪の日本選手団に提供するために開発され、2008年より販売されているダウンジャケット。ブランドラインとしては、水沢ダウンを中心に、シャツやボトムなどもふくめて展開するオルテラインに属する。

水沢ダウンdescente

ちなみに「水沢」というのは人物名ではなく、工場名からとられている。後で詳しく掘り下げるがこのダウンの特徴と言えば縫い目の無いことによる、「保温性」と「耐水性」だ。そこで求められるのは保温を高める「羽毛」と「防水の縫製」。この二つを一つの工場で完結させることが出来るのが岩手県の水沢工場だけだったことから「水沢」の名前が採用されている。東北地方にはハイブランドからの製造委託を受けるような優秀な工場が多く立ち並ぶが、その中にあっても流石の技術力だ。

水沢ダウンの唯一無二の魅力とは?

photo-shuttledescente

デザインを見るだけでも他のダウンのデザインとは一線を画す洗練された仕上がりになっている。ハイテクを印象付けながらも、トレンドに左右されないシンプルなデザインが魅力だ。また、水沢ダウンは2014年にISPO(世界的スポーツ展示会)にてアワード、JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100、同時特別賞を受賞する実績を出している。また一回着ると虜になるダウンとも言われているほどに機能性にも優れている。

水沢ダウンのハイスペックな保温性・防水性を実現するディテール

水沢ダウンのディテールは今までのダウンの作りをはるかに上回る仕様になっている。また縫製はもちろん、ダウンを詰める作業まで全てが「日本製」という高品質。

ここで新モデル「STORM」を公式サイトに細かいディテールが載っているのでそれに則って一つ一つ内容を掘り下げて行こうと思う。

tumblr_octr31umkd1ue8q0lo1_1280descenteblanc

水沢ダウンのディテール①ダイヤルで着心地を調整出来る「BOA TECHNOLOGY」

クロージャーシステムという、ドローコードやゴムを使わずにダイヤルを回すだけで着心地のしめつけを調整出来る画期的ディテール。フットウェアなどによく使われている技術がBoaテクノロジー。シューレースを使わずにダイヤルを回すだけで締め付けを調整できる上に、使用途中に段々と緩くなっていく心配も解消される優れものだ。このダウンというかさばるアイテムに着心地を調整出来るしめつけと、隙間風による寒さを防ぐ為の密着性を応用して実現さえる技術は素晴らしいとともに、必要不可欠なものだろう。

fw16-boa

descente

Boaテクノロジーによって開発されたクロージャーシステム。快適で軽量、単純にダイアルを回すだけでお好みのしめつけを得ることができます。軽量で耐久性高く素早く便利に操作できるよう仕上げられた快適性の高い独自システムです。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール②雨による水滴の行き先を操る「STREAMLINE TECHNOLOGY」

「ストーム」というモデルに見られるこのディテールは、まさにデザイン性にも優れた画期的なもの。ただ防水の素材を使用するだけには留まらず、水滴の流れまでコントロールしてしまうのはもはや芸術の域まで達するのではないだろうか。これがあることで浸水の恐れも軽減できる。

fw16-streamlinedescente

細い溝を持つラインは、雨天時に水の流れをコントロールし、ポケット部分への水の流れを抑制します。またフード部分では、フードからの水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保します。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール③収納、着心地、機能面3拍子揃った「PARA-HOOD」

このディテールのおかげで、自転車等での走行中に突然の悪天候が来ても素早い対応が出来る。また撥水加工に加えてフード着用時の形状が水滴が落ちる設計で作られている為、STREAM LINEのディテールもあいまって、雨天時も浸水して中の羽毛が濡れてしまうリスクが軽減される。

fw16-para-hooddescente

フードをコンパクトに収納するだけでなく、雨などの悪天候下での着用も考慮しフードに水たまりを防ぐシステム。フードを使用しない際は閉口が可能。また、フード必要な際はパラジップによりすばやいフード開口が可能。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール④アッと驚く撥水素材「WATERPROOF」

水沢ダウンのダウンジャケット表面は高い撥水性をもつ。また、ダウンは縫い目による隙間から水が入ることが問題視されがちだが、水沢ダウンは熱接着などを駆使しながらステッチを最小にとどめ、縫い目を閉じる様に撥水用テープを接着することで一般的なダウンジャケットの弱点を克服している。表面に縫い目がないことは、デザイン性においても特異性を発揮している。
これに似た技術で一躍有名になった「マッキントッシュ」などのブランドもあるが、この工程があまりにも多いため値段が上がるため取り入れ辛いディテールだ。水沢ダウンがいかに手が込んだ作りになっているかわかるポイントだ。

img-feature02descente

水沢ダウンのディテール⑤最新のテクノロジーにより生まれた「BUILT IN CUFF」

普段のコートなどの袖に付いてる袖口を調整するストラップは、袖にストラップを縫い込んで作られるが、水沢ダウンの袖口はミシンではなくレーザー加工を用いることによって一つの袖でアジャスターが作られている。つまり縫い目が無くなる為、そこからの水の侵入も許さないデザインになっている。この徹底ぶりは流石だ。

fw16-bulit-in-cuff

descente

特殊なレーザー加工を用いて実現した袖口一体型アジャスターシステム。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール⑥緊急時も考慮した機能面「PARAHEM」

緊急時の対応も完璧だ。チャックファスナーで有名なYKKの技術により、わざわざスライドを使用せずともファスナーの開閉を可能にした「トップオープンファスナー」というディテールを採用。この開閉の手軽さは病みつきになるほど。

fw16-parahem

descente

素早い着脱が必要なときに、サイドの引き手を下部に強く引くことによって簡単に分離できる機能を持ったジッパー。descente/allterrain より

水沢ダウンのディテール⑦自然から熱を生み出す「HEAT NAVI」

太陽の熱を効率よく熱に変換するオリジナル素材に感動を受ける方がとても多いようだ。ダウンジャケットとしてのファンダメンタルな保温性に加えて、発熱の素材が採用されているとなれば鬼に金棒。自然の力で発熱することでエコも謳われている。

fw16-heat-navi

descente

デサントオリジナル保温素材。 太陽の光を効率よく吸収し、熱に変換することで暖かくなります。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール⑧ミシンでは実現できない「HEAT WELDING」

一般的なダウンにはバランスよく羽毛を配置し固定する為にステッチを施すが、そのミシンを刺した穴から羽毛が出てきてしまうという弱点があった。水沢ダウンはその穴を無くすためにミシンではなく熱接着をすることで防水、羽毛の問題を解消している。また羽毛が抜ける心配が無いため、予め脇の下などの可動部の羽毛を少なくしたりと機能性面の細かい調整まで行われている。
副次的に内部のダウンの密閉性が高まったことによって、より少ないダウンで高い保温が可能になり、保温性をキープしつつシャープなライン・デザインが可能になったという。

fw16-heat-weldingdescente

縫製ではなく熱圧着ノンキルト加工を用いることによって、水分含浸を防ぎ高い耐水性を実現。descente/allterrainより

水沢ダウンのディテール⑨温度・湿気調整も可能「DUAL ZIP VENTILATION」

fw16-dualzip

descente

フロントジッパー部分に採用された2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。descente/allterrainより

二列のジッパーは重ね着をしているように見せるためのデザインとして使われる事もあるが、「Form Follows Function(形態は機能性に従事する)」というコンセプトを掲げるこのダウンはやはり意図した機能面が備わっている。一番表面にあるジッパーは防水ファスナーにより水の侵入などを防ぐ機能だが、二つ目のファスナーはメッシュ素材を採用することにより前を開けるほどでもないが、汗による空気の蒸れなどを循環させたい場合にメッシュファスナーだけにすることで体温調節まで行うことが出来る。また、空気は入り口と出口があることで循環しやすいという事柄から、脇下部分に開閉ファスナーを用いることで循環できるようになっている。

12669937b_b_05_500descente

水沢ダウンのディテール⑩タイトなのにヒーター機能「MOBILE THERMO SYSTEM」

fw16-thermo-systemdescente

スイッチひとつで3段階の温度調節が可能なヒーティングシステム。インナーベストの首元と背中心部にセラミック赤外線ヒーターを内臓。descente/allterrainより

コンパクトなシルエットで定評を受けているダウンながら、ヒーターシステムまで使われている。ここまでの機能性と保温ぶりは最強と言われる理由として納得できるのではないだろうか。

パータンナー視点で見た水沢ダウンの袖設計

ここまでの機能面が充実していることにはため息が出るほど感動してしまうが、その作りに加え型紙の設計も感動する。袖の設計部分に注目してほしい。

12669937b_b_05_500descente

この脇下部分、袖の縫い目が無いことに気付いただろうか。通常、洋服には無いこの設計を使う事で腕の可動域が抜群によくなる。仕立てのよくないテーラードジャケットを着用した際などに腕を上げてみると、腕を振り上げたときに袖が引っかかり上げにくいと感じることがあるが、この設計によりその引っかかりが改善されている。

水沢ダウンのモデル紹介

この水沢ダウンには、代表的な形が6タイプあるのでそれぞれ紹介。

水沢ダウン代表モデル紹介①様々なディテールを兼ね備えた「STORM」

tumblr_octpt4ro0s1ue8q0lo1_1280descenteblanc

上記で説明してきたディテールを全て兼ね備えたモデルがこちら。長く使うアウターとして考えるとこの機能性と飽きの来ないデザインは購入して間違いない一品と言える。

水沢ダウン代表モデル紹介②快適性と機能性を追求した「MOUNTAINEER」

tumblr_octqm4ekp91ue8q0lo1_1280descenteblanc

「STORM」と比べ大きなポケットが特徴なこのモデル。STREAMLINEのデザインのクセが無く、また収納などを考えるとこのモデルが快適性が一番高いと言える。▶︎MOUNTAINEERの購入はこちら

水沢ダウン代表モデル紹介③軽量なアワード受賞モデル「SHUTTLE」

tumblr_octqvuo02u1ue8q0lo1_1280descenteblanc

モデルの中で一番軽量なのがこれだ。2014年にISPOアワード、JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100を同時受賞を果たしたモデルでも有名。▶︎SHUTTLEの購入はこちら

水沢ダウン代表モデル紹介④水沢ダウンの原点モデル「ANCHOR」

tumblr_octr6c5jzc1ue8q0lo1_1280descenteblanc

2008年よりずっと愛されるロングセラーアイテムがこちら。STREAMLINEなどの新しいDETAILではなく定番を求めるならこのモデル。▶︎ANCHORの購入はこちら

水沢ダウン代表モデル紹介⑤今年度の新モデル「STEALTH」

tumblr_octq5jcenf1ue8q0lo1_1280descenteblanc

フード部分がコンパクトにされた新モデル。フードの無いダウンを探していた方には待望のモデルだろう。

水沢ダウン代表モデル紹介⑥ロング丈の「ELEMENT」

tumblr_octpgqckpb1ue8q0lo1_1280descenteblanc

このモデルは水沢ダウン唯一のロング丈のモデル。イメージとしてはSHUTTLEの丈が伸びたモデルと考えるのが一番近いだろう。

FOLLOW US

Related post