最強のダウン「水沢ダウン」の魅力とは?

2008年に登場以来、年々存在感を高める「水沢ダウン」。ヨーロッパブランドひしめくダウンジャケットの中にあって、異質な輝きを放つブランドだ。2015年には数千着以上の生産量を記録、冬のシーズンは毎年売り切れモデルが続出するなどの好調な売り上げから最強のダウンと評する御仁も多い。今回は、そんな水沢ダウンにフォーカスして魅力を紹介!

スポンサーリンク

水沢ダウンとは?

大阪市にある株式会社デサントが一丸となって2010年バンクーバー五輪の日本選手団に提供するために開発され、2008年より販売されているダウンジャケット。ブランドラインとしては、水沢ダウンを中心に、シャツやボトムなどもふくめて展開するオルテラインに属する。

ちなみに「水沢」というのは人物名ではなく、工場名からとられている。後で詳しく掘り下げるがこのダウンの特徴と言えば縫い目の無いことによる、「保温性」と「耐水性」だ。そこで求められるのは保温を高める「羽毛」と「防水の縫製」。この2つを1つの工場で完結させることが出来るのが岩手県の水沢工場だけだったことから「水沢」の名前が採用されている。東北地方にはコレクションブランドなどからの製造委託を受けるような優秀な工場が多く立ち並ぶが、その中にあっても流石の技術力を誇るから驚きだ。

1c224e9f213c0ff70d4a63fd1c8a54f3

水沢ダウンの唯一無二の魅力とは?

デザインを見るだけでも、水沢ダウンは他のダウンのデザインとは一線を画す洗練された仕上がりになっている。ハイテクを印象付けながらも、トレンドに左右されないシンプルなデザインが長年着用できるオーソドックスなムードを醸す。また、水沢ダウンは2014年にISPO(世界的スポーツ展示会)にてアワード、JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100、同時特別賞を受賞する実績を残している。1回着ると虜になるダウンとも言われているほどに優れた機能性の高さも見逃せない。

2/6GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ