男を虜にするオールデン(Alden)の魅力【アメリカ靴の王様】

オールデン革靴alden

米国を代表する革靴メーカー、オールデン。不思議なことにオールデンの革靴に一度でも足を入れると、まるで中毒者のようにそれ以降オールデンの靴だけを求めることとなる者が少なくない。一体なぜこのブランドはそこまで男心をくすぐるのか。今回は、思わず惹かれるオールデンの革靴について紹介する。

スポンサーリンク

アメリカントラッドを支え続けるオールデンの歴史「革靴の王者と呼ばれるまで」

オールデン革靴Aldenleffot

1884年に米マサチューセッツ州のミドルボロウという町で、チャールズ・H・オールデン氏によって創業したオールデン。当時は既成靴ではなく、カスタムメイドブーツや、ドレスシューズの受注生産をおこなっていた。1931年に創業者オールデン氏が引退、経営権はターロウ家へと譲渡され、現在の4代目まで一族の経営が続いている。ノースアビントン、ブロックトンと2度の工場移転を経て、1970年に原点であるミドルボロウに最新設備を整えた工場を建設する。

alden-factoryオールデン工場aldenshoe

伝統的なグッドイヤーウェルト製法の革靴を作り続けながらも、医療用製品の分野を開拓。足に問題を抱える人のために医療用矯正靴を開発、これがファッション業界にも注目され、のちの代表木型であるモディファイドラストが生まれるきっかけとなる。

photo_004lakotahouse

ただトラディショナルなだけでなく、快適な履き心地と上質な革質を追求することにより作り出されたオールデンの靴は、現在では「アメリカ靴の王様」、「革靴の王様」とまで称されるようになった。

医療用矯正靴から発展したオールデンのモディファイドラストとは?

革靴のシルエットや履き心地を決定づけるラスト(木型)、オールデンは実に豊富なバリエーションを揃えているが、やはりオールデンと言えばモディファイドラスト無くして語ることはできない。これは前述のとおり、O脚やX脚をはじめとする足に抱えた問題を改善するという目的がルーツとなっており、フットバランスという独自の矯正サポート技術を採用している。

alden-900

aldenshoe.com

くの字型シルエット、程よく傾斜のついた履き口、絞り込まれたウエストは、履くと土踏まずが吸い付くような感覚に包み込まれる。そして土踏まずや踵をしっかりとホールドしながらも、ゆとりのあるつま先が開放感をもたらす。由緒あるイギリスやイタリアの靴にもないこの独特の感覚こそが、オールデン愛好家を生み出す由縁ではないだろうか。

オールデンの名作「990」に採用されるバリーラストとは?

もちろんモディファイドラストだけがオールデンの魅力ではない。むしろオールデンで最も生産量が多く、売れているラストはモディファイドラストではなくバリーラストである。

aldenaw13_1

www.aquinasgroup.co.uk

このバリーラストは王道モデルの「990」や「9901」などをはじめ、オールデンの多くの革靴に採用。ゆとりのあるフィッティングや、丸みを帯びたシルエットはアメリカントラッドを体現している。また、通常のアメリカ靴よりもハーフサイズほど大きい作りになっているのも特徴だ。

オールデンのコードバンは「男が欲しがるダイヤモンド」

革靴好きであれば、「コードバン」と聞けば財布やランドセルではなくオールデンを連想するはずだ。それほどまでにこの素材は、オールデンの靴と切っても切れない関係にある。

alden-masterworks

aldenshoe

農耕用馬1頭の臀部からほんの僅かな量しか採取することができないコードバンは、その希少性と美しさゆえに「革のダイヤモンド」とまで呼ばれている。オールデンが採用する、米ホーウィン社製コードバンのしっとりと底光りする輝きと質感は、いくら牛革をワックスで磨いたところでたどり着くことのできない”本物の光”を宿している。

rvzhqejp6wut9tcebstucontextclothing

コードバンは水に弱く、雨に濡れるとシミになるという難点がある。また、牛革のように伸びることがないため、英国靴を選ぶ感覚でタイトサイズを買ってしまうと文字通り痛い目を見るというのも注意点だ。このようなデメリットがあるにも関わらずコードバンが男たちを魅了してやまないのは、その皮革が放つ光沢の美しさが弱点を補って余りあるからに他ならない。

オールデンの真骨頂はコードバンのエイジングにあり

オールデンの靴は、履きこむことによって艶やシワの表情が変化し、より一層味わい深いものになる。

オールデンエイジングビフォーアフターnatoriya

tumblr_n2atybfogy1s764n9o1_1280getticketsforthedance

ブラシで汚れを落とす、定期的にクリームを塗り込めるなど手間暇をかけて育て上げることによって、新品のときのようなただ綺麗なだけの輝きではなく、個性的な履きジワとツヤを宿していく。まさに”自分だけの一足”へと変化を遂げるのだ。こうした経年変化を楽しむ過程こそ、コードバンの魅力の真髄である。

オールデンの木型はカバーできる足型が幅広い

高価な革靴を履きこむなら、できるだけ自分の足に合うフォルムの革靴を選びたいところ。多くの革靴ブランドは例外なく多くの木型を揃えるが「全体的に甲高幅広の木型が多い」「全体的に甲が低く幅が狭い木型が多い」などブランドによって特徴がある。よって「◯◯の革靴は自分の足には合わない」ということも少なくない。そんな中にあってオールデンの採用するラストは、比較的あらゆる足型に合うような網羅性を有していると言われている。

オールデン木型

レイドンラスト (Leydon last)

バリーラストを細身にアレンジし、甲が低くよりフィット感が特徴的なラスト。

プラザラスト(Plaza last)

標準のUSサイズよりやや細長く、つま先が若干角ばったスクエアトゥになっているのが特徴。

アバティーンラスト(Aberdeen last)

標準のUSサイズよりも細長く、オールデンの中で最も細いラスト。

バンラスト(Van last)

主にローファーに使用されているラスト。

バリーラスト(Barrie last)

不屈の名作「990」でも使用されているオールデンを代表するラスト。標準のUSサイズよりもハーフサイズほど大き目のサイジング。

トゥルーバランスラスト(Trubalance last)

ブーツに使われる事の多いラストです。足の均整回復を図るためのフットバランスシステム(Foot Balance System)を採用。

モディファイドラスト(Modified last)

名作Vチップなどで使われているラスト。足の均整回復を図るためのフットバランスシステム(Foot Balance System)を採用。

あらゆる着こなしにアメトラテイストや独特の存在感を与えるオールデン

アメリカを代表する革靴ブランドだけあって、英国やイタリアのレザーシューズとはひと味ちがう魅力をもつオールデン。歴史的にもアメリカ由来の文化や流行に対して否定的といわれる英国やイタリアにあってもオールデンだけは男たちの足元にしばしば選ばれる。
イタリアらしいジャケットスタイルに身を包んだ男たちが一堂に会するピッティウオモ会場においても例外ではない。やはりバーガンディーやダークバーガンディーが人気だ。

オールデンコーデdoubleselect

メンズファッションスナップ常連のマルコ・ザンバルド氏。イタリア男性の中でも、アメリカ要素を巧みに取り入れたスタイリングが日本でも魅力だ。オールデンの他にもレッドウィングのアイリッシュセッターやナイキの巣にニーカーを好んでコーディネートに取り入れることでも知られる。自身がプロデュースするM-65に合わせたのもオールデンのシューズだ。

 GWD

ミドルゲージのハイネックセーターをジャケパンに投入したノーブルな着こなし。足元にオールデンをあわせることで武骨な印象を取り入れたスタイルだ。

オールデン,マルコザンバルド,marco zambaldo aldenroseborn

細身のグレースーツをブルーやピンクの小物で彩ったポップなスーツスタイル。足元にオールデンのタッセルローファーをあわせることでオールデンの存在感が高まりラギッドな印象で引き締めることができる。

オールデン着こなしコーデhis-and-her

オールデンの王道モデルを紹介!!

ここからはオールデンの王道モデルをご紹介する。コードバンだけでなく上質なカーフスキン(牛革)が使われたモデルも要注目だ。日本への流通量が決して豊富とは言えないオールデンの場合、たとえ定番モデルでも一度チャンスを逃すと入手困難となるものも多い。狙っている靴でサイズが合うものに出会った場合、即行動するのが定石だ。(購入リンク先も在庫が少ないのでご了承ください)

Alden「990」

オールデンを代表する、ダークバーガンディーカラーが美しい外羽根プレーントゥシューズ「990」。オールデンのコードバンシューズの中でも圧倒的な人気を誇り入手困難な一足。オールデンについてはネット上に怪しげな購入サイトが乱立しているので信頼できる店舗での購入が吉だ。

aldenオールデン990

詳細はこちら

Alden「9901」

オールデンの看板モデル、プレーントゥ「9901」。バリーラストの丸みあるゆったりとしたシルエットはまさにアメリカ靴を象徴している。同じく看板モデルの「990」はダークバーガンディ色で稀少価値高し。輝かしいブラックの「9901」は、ビジネスでもカジュアルでも使える万能感が人気の理由のひとつ。
Alden9901

詳細・購入はこちら

Alden「1339」

バリーラストを採用した、ダークバーガンディーのチャッカブーツ。

オールデン,1339,Alden

詳細はこちら

Alden「2210」

こちらもオールデンを代表するシリーズ「2210」。手縫いのノルウェージャンフロントで描かれるUチップが不動の人気。採用されているアバディーンラストは、オールデンの中でもっとも細身の木型。オンオフどちらのスタイルでも楽しめる一足。

Alden「2210」詳細・購入はこちら

Alden「54321」

非常に高い人気ながらも、現在は流通数が極めて少ない「54321」。足を包み込むモディファイドラスト、そしてトレードマークのVチップとバーガンディのコードバン。コレクターならずとも手を伸ばしたくなるような一足だ。

オールデンAlden「54321」詳細はこちら

Alden「986」

トラッドアイテム、ラウンドトゥのハーフサドルローファー「986」。オールデンらしいバーガンディ色がアメリカンな風を感じさせる。シンプルながらもコードバンの輝きのおかげで高級感が漂う。

1000007504_1-2詳細・購入はこちら

Alden「403」

自然な風合いが見事なクロムエクセルレザーを使用したワークブーツ「403」。映画「インディー・ジョーンズ」でハリソン・フォードが使用したことからインディーブーツという名でも親しまれている。オールデンらしいUチップのおかげで柔らかい印象を携えている。
81pffrnjqbl-_ux500_

詳細・購入はこちら

Alden「967」

外羽根ウイングチップの「967」。オールデンが決してコードバンのアメリカ靴だけのブランドではないことがよく分かる一足。オールデンの中では細身のアバディーンラストによるシルエットと、カーフスキンによるきめ細やかな質感はまさに英国靴顔負け。
81x4eiz-fml-_ux500_

詳細・購入はこちら

Alden「972」

こちらも正統派な佇まいの外羽根ストレートチップ「972」。1足作るのに3週間かけると言われているという話も、整然と縫われた乱れのないダブルステッチを目の当たりにすると充分頷ける。
71asuob25-l-_ux500_

詳細・購入はこちら

Alden「560」

落ち着いた雰囲気が魅力のオールデン製タッセルローファー「560」。アバディーンラストのすっきりとしたシルエットがタッセルローファーというアイテムに上手くマッチしている。オールデンの十八番であるブラウンカラーのカーフスキンが使われているのもポイント。
81zbqwsphwl-_ux500_

詳細・購入はこちら

オールデン取り扱い店舗

オールデンの取り扱い店舗は全国に点在するものの、多くのモデルを取り揃えるショップは少ない。オールデンを数多く取り揃えるショップといえば、東京と大阪に店舗を構えるラコタハウスが有名だ。

ラコタハウス青山店

shop_01lakotahouse

東京都港区南青山6-12-14 NOA 南青山1F
TEL : 03-5778-2010
OPEN : 12:00~20:00
CLOSED : 不定休

ラコタハウス 大阪店

shop_02lakotahouse

大阪市中央区南船場4-10-13 HUQUEビル 1F
TEL : 06-6210-2373
OPEN : 月〜土 12:00~20:00
日/祝 11:00~19:00
CLOSED : 水曜日(祝日除く)

FOLLOW US

Related post