デッキシューズ メンズ コーデ特集!上品かつ軽快な革靴を取り入れた着こなし&おすすめアイテムを紹介

Share

ドレスシューズよりもカジュアルで、スニーカーよりもドレス感のある夏の定番靴「デッキシューズ」。チノパンやジーンズ、ショートパンツなどカジュアルなボトムスとの相性が良く、アメトラやプレッピースタイルの足元を洒落感たっぷりに演出する。ローファー同様、素足履きがサマになるのもデッキシューズの大きな魅力だ。今回は「デッキシューズ」にフォーカスし、スマートな足元で格上げしたメンズの着こなし&アイテム紹介!

スポンサーリンク

素足履きしたデッキシューズの足元で夏のマリンスタイルに洒落感をプラス

シューレースをトップラインにぐるりと回したデザインが特徴のデッキシューズは、濡れたヨットの甲板(デッキ)でも滑りにくいラバーソールを装備したモカシンシューズの総称だ。昨今ではクラシックなタイプからモダンな顔つきにアップデートしたスタイリッシュなモデルまで選択肢が幅広く、海外のウェルドレッサーに愛用者が急増している。GWDの編集長ファブリツィオ・オリアーニ氏は、スポーティーなブルーのアウターに赤×白のボーダーT、白のコットンパンツとブラウンのデッキシューズを合わせ、爽やかな大人のマリンスタイルを表現。素足履きしたデッキシューズの足元でほどよい抜け感をプラスしている。

Timberland(ティンバーランド) デッキシューズ

詳細・購入はこちら

モード顔のデッキシューズで夏のジャケパンコーデを格上げ

モダンなカラーリングとスタッズ装飾でモード顔にアップデートしたクリスチャン・ルブタンのデッキシューズをチョイスして、夏のジャケパンコーデにクラス感を演出したこちらの御仁。オーセンティックなデッキシューズとは一線を画すラグジュアリーな足元が、品の良さと男らしさを両得した大人のジャケパンスタイルを格上げしている。ジャケット、インナー、ボトムスの色味とリンクさせ、着こなしの統一感を高めたデッキシューズの配色も見逃せない。

2/17GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ