革靴を使ったカジュアルコーデ特集!大人顔のメンズ着こなし&アイテムを紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

カジュアルスタイルに合う革靴①「ローファー」

“怠け者” の名が示す通り、靴紐を結ぶことなく履けるのが特徴の革靴「ローファー」。1920年代に英国王室や貴族階級の室内靴として誕生したルームシューズが、その利便性とデザインの良さから外履き用途で人気を博し、流行したという歴史をもつ。その肩肘張らないリラックス感のある見た目は、カジュアルスタイルとの相性も良し。品のある印象をキープしながら、ほどよく寛いだムードを足元に演出してくれる。

GRENSON ロイド レザー ペニーローファー

ローファーを探す

【関連記事】ローファーとは?「歴史や起源、4大デザイン別のおすすめモデル27傑」

革靴の人気カテゴリー“ローファー”。意外に知らない誕生の歴史やウンチク、購入前に...

カジュアルスタイルに合う革靴②「ウィングチップ」

トゥ部分に翼(Wing)のような切り替えを施した革靴の総称が「ウィングチップ(Wing tip)」だ。ウィングチップが誕生したと言われるのは16世紀から17世紀ごろ。元々はアイルランドの高知に住むケルト系民族のゲール人が履いていた労働靴がルーツとされている。そのため、ドレッシーなスーツスタイルというよりも、少し砕けたジャケパンやカジュアルスタイルとの相性が良い。

カジュアルスタイルに合う革靴②「ウィングチップ」

ウィングチップを探す

【関連記事】最も装飾的な紳士靴、ウィングチップの歴史や定番モデルを紹介

男たちの足元を華麗に飾るウィングチップの革靴。2足目、3足目に狙うドレスシューズ...
3/20GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ