ジャケット×ジーンズの組み合わせでこなれ感溢れるジャケパンコーデに

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

モノトーンでシックにまとめたジャケット×ジーンズコーデ

グレージャケット、黒Tシャツ、黒ジーンズ、白スニーカーで全身をモノクロにまとめた都会的コーディネート。最も主張しないシックな黒スキニーシルエットなら、テーラードジャケットとのコーディネートも楽チン。洗練された印象を演出しながら、テーラードジャケットの存在感を際立たせてくれる。

無地のサングラス、グレー無地のテーラードジャケット、黒無地のTシャツ、黒無地のアンクルパンツ、黒無地のデニム/ジーンズ、アディダスの白ローカットのスニーカーを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

存在感のあるデカラペルジャケットのたくましい雰囲気をバイカージーンズで加速させる!

ワイドラペルでひとつボタンというエッジのきいた存在感のあるブレザージャケットを主役に据えたコーディネート。ボトムスにはデカラペルジャケットのたくましい雰囲気を後押しするように、ニーラインを切り替えたバイカー仕様のジーンズをセット。骨太なウォレットチェーンやリングなど、シルバーアクセサリーがラギッドなムードの演出に一役買っている。

無地のサングラス、ネイビー無地のテーラードジャケット、ブルー無地のデニム/シャンブレーシャツ、ベージュチェックのジレ、白無地のデニム/ジーンズ、ベージュその他のブーツ、オレンジドットのネクタイを合わせた夏春秋のメンズコーデの着こなし。

適度にラフなジャケット×ジーンズコーデの足元には、チャッカブーツがジャストフィット!

テーラードジャケットで大人の品を備えながらも、ジーンズで気張り過ぎないラフ感を演出できるジャケット×ジーンズコーデ。こんなスタイルの足元には、スニーカーほどラフ過ぎず、革靴ほどかしこまり過ぎないチャッカブーツがジャストフィット。ドレスとカジュアルのテイストがほどよく調和したこなれ感のあるコーディネートに仕上がる。

無地のメガネ、ネイビー無地のテーラードジャケット、ネイビー無地のTシャツ、ブルー無地のデニム/ジーンズ、黒チャッカブーツを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

紺ジャケットと紺Tシャツのシックな上半身に対して下半身はホワイトジーンズでクリーンなコーデに

ニットのような柔らかさのあるファブリックを採用したネイビージャケットに、ガーメントダイのような風合いがこなれ感たっぷりのネイビーTシャツをセット。紺×紺でシックにまとめた上半身に対して、下半身はクリーンなホワイトジーンズで抜け感を。バッグやシューズなどのレザーアイテムはブラウンで統一してこなれた雰囲気に。

無地のサングラス、ネイビー無地のテーラードジャケット、ネイビー無地のTシャツ、白無地のデニム/ジーンズ、ブラウンタッセルローファーの革靴、ブラウンスエードシューズの革靴、ブラウン無地のクラッチバッグ/セカンドバッグ/巾着を合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

ネイビー合わせのジャケット×ジーンズコーデにブラウンTシャツでスパイスをきかせる

ネイビージャケットにネイビージーンズを合わせたスリムシルエットのコーディネート。インナーにブラウンTシャツを合わせてスパイスをきかせている点に注目だ。小物類もさりげなくブラウンで統一してまとまりのある印象に。

無地のサングラス、ネイビー無地のテーラードジャケット、イエロー無地のTシャツ、ネイビー無地のデニム/ジーンズ、ネイビー無地のアンクルパンツ、ブラウンスエードシューズの革靴、ブラウンその他ローファーの革靴、ブラウン無地のトートバッグを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

おすすめジーンズブランド「PT05(ピーティ ゼロ チンクエ)」

本国イタリアに限らず、世界中に顧客を抱える人気パンツブランドPT01(ピーティ・ゼロウーノ)が新たに仕掛けたプロジェクトがこのPT05(ピーティ・ゼロチンクエ)だ。5ポケットパンツをベースに、細身のテーパードシルエットで品のあるモダンな印象に昇華。ジャケパンスタイルでも多く取り入れられるPT01のパンツをジーンズとして再構築されたアイテムであれば、テーラードジャケットとの相性も言わずもがなだ。517fiho65IL._UL1280_

商品詳細はこちら

3/13GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ