Schott(ショット)のライダースジャケットが誇る3の魅力とは?

Share

「Schott(ショット)」は、ライダースジャケットの代名詞と言えるブランドのひとつ。ワンスターをはじめとする名作ライダースの数々は、長年にわたって愛用できる。今回は「Schott」のライダースジャケットにフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

MADE IN USAにこだわるライダースジャケットの代表格「Schott(ショット)」とは?

Schottの創業は1913年。アーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によってニューヨークで設立された。今でこそライダースジャケットの代名詞として知られるSchottだが、意外なことに当初はレインコートをつくる工場だった。創業から15年後の1928年、世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケット“Perfecto”シリーズを発売。ボタン仕様しかなかった当時、ジッパー式は画期的な仕様として話題となり、その後のライダースジャケットに大きな影響を与えた。1950年代には星型のスタッズをエポレットに配した伝説のモデル“ワンスター”を発売し、Schottの名を世界に知らしめる。ワンスターは映画『ザ・ワイルド・ワン(邦題「乱暴者」)』でマーロン・ブランドがまとったと言われているほか、ラモーンズやセックス・ピストルズをはじめ多くのロックミュージシャンに支持されたモデル。時代を超えた永遠の定番として、今なお多くの人々を魅了している。

Schottのライダースジャケットを探す

2/8GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ