オフィスカジュアルとは?ビジネスカジュアルやスマートカジュアルとの違いをメンズコーデ事例とともに紹介!

Share

ビジネススタイルのカジュアル化が進んだことで耳にする機会が増えた「オフィスカジュアル」というワード。なんとなくイメージはできるけど具体的にどういった格好が適切なのか正確には認識できていない、という方は少なくないのでは?そこで今回は、ビジネスカジュアルやスマートカジュアルなどの似たような定義との違いから、実際のコーデ事例までを紹介!

ざっくりとしたイメージを持たれがちなオフィスカジュアルはこんな感じ!

オフィスカジュアルとは、基本的にオフィスにとどまって社外の人とは会わない想定のスタイルのことを指す。取引先などクライアントとは顔を合わせず、社内の人間との接触のみとなるため、比較的カジュアルダウンした格好でも許容されるケースが多いのが特徴だ。王道はノータイのジャケットスタイルやカーディガンとシャツの合わせ、季節によってはシャツ1スタイルやポロシャツオンリーでの着こなしもアリ。スラックス以外のボトムスの許容幅も広く、ジャケットを着ていればキレイめなジーンズを合わせたり、白シャツとチノパンを使ってキレイめスタイルを作るのも◎ ただし、社外の人と合わないからといって着崩しすぎるのはNG。例えば、トップスがTシャツなどのカットソー1枚だけではさすがにラフすぎるため、インナーとしてジャケパンスタイルに取り入れるなどのバランスが理想的だ。

オフィスカジュアルアイテムを探す

ビジネスカジュアルとは?オフィスカジュアルとの違いは?

オフィスカジュアルと同列で考えられることが多いビジネスカジュアル。似たようなカテゴリではあるが、オフィスカジュアルは前述の通り社内で完結するのに対して、ビジネスカジュアルは取引先など社外への訪問がある場合、もしくは自社に来客がある際に採るべきスタイルのこと指す。クライアントと顔を合わせることを考えると、ビジネスカジュアルの場合は基本的にジャケットは必須だ。その他アイテムでは、シーンにもよるがノータイでもシャツやポロシャツなどの襟付きアイテムが王道と言える。無難にいくのであれば、ジャケパンスタイルをタイドアップしたコーディネートが基本となるだろう。

ビジネスカジュアルアイテムを探す

類似ワードで「スマートカジュアル」というスタイルも!

オフィスカジュアルやビジネスカジュアルなどと同様の語感で使われるスマートカジュアル。これはオフィスカジュアルとビジネスカジュアルの2つと違ってビジネスシーンで使われる言葉ではなく、フォーマルな場でのドレスコードを表す言葉である。スマートカジュアルの基本スタイルはジャケパンであり、いくつか段階分けされているドレスコードの中でもっともカジュアルな服装として位置づけられている。テーラードジャケットを着ていれば、インナーはキレイめなTシャツやタートルネックなどのニットセーターでもOK。もし、それらだとカジュアルすぎるかも…と心配されるようであれば、ノータイでもキマるカッタウェイなどの襟型のシャツやポロシャツなどの襟付きのインナーが安心だ。ボトムスはスラックスはもちろん、ダメージなどが入っていないシンプルでキレイめなジーンズもアリ。足元はローファーなどのカジュアルな革靴がおすすめだ。パーティーやレストランなどで“カジュアルな服装でお越しください”などの記載がある場合は、スマートカジュアルスタイルでコーディネートを組むと文字通りスマートな印象を与えられることうけあい。

スマートカジュアルアイテムを探す

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する