ノーネクタイでワイシャツを着るときに注意したい3つのポイント

Share

気温が高くなりクールビズシーズンを迎えると、ネクタイを締めずに出社する機会が増えてくる方は多いはず。今回はノーネクタイでのシャツ着こなしで注意したい3つのポイントを紹介!

ポイント①「ノーネクタイでもサマになる襟型をチョイス!」

ワイシャツの襟型によっては、ノーネクタイでの着用になると襟の開きが狭く窮屈さを感じたり、襟の形が崩れて顔周りに立体感の無いカジュアルな印象を相手に与えることも。ノーネクタイで着用する際は、ネクタイを締めなくても立体感をキープできる襟型を選びたい。例えば、襟が水平に開いたホリゾンタルカラー(カッタウェイシャツ)や身頃に襟を固定して立体感をキープできるボタンダウンシャツ。他にもクールビズでの着用に特化したデザインのワイシャツなども、ほとんどが襟の立体感をキープする仕立てになっているため、ぜひチェックしてみて欲しい。

詳細・購入はこちら

【関連記事】ノータイ姿がサマに見える「カッタウェイシャツ」とは?人気ブランドからオススメ品も併せて紹介

タイドアップはもちろん、ノータイでも格好良くキマる“カッタウェイシャツ”。さらり...

【関連記事】ボタンダウンシャツ コーデ メンズ特集!スマートかつ軽快感のある注目の着こなし&アイテムを紹介

ポロカラーシャツとも呼ばれるボタンダウンシャツは、ポロ競技のユニフォームをルーツ...

ポイント②「シャツのフロントボタンは開け過ぎないで清潔感をキープ」

ノーネクタイでワイシャツを着こなす際に気になるのが、シャツのフロントボタンの開け具合。全て閉めると窮屈さがあり、逆に開け過ぎると清潔感に欠ける印象を相手に与えてしまう恐れがある。日本人は胸板が薄くフロントボタンを開け過ぎると色気が出るというよりもだらしない印象になりがちなため、清潔感を意識するなら第一ボタンのみ開けるのが吉だ。

ポイント③「意図しないインナーのチラ見せはNG!」

シャツのボタンを開けた首元から、意図せず機能インナーが見えてしまうのは避けたいところ。クルーネックのTシャツをレイヤードとしてあえて見せるなどの着こなしであれば問題無いが、単純に汗対策として機能インナーを着る場合はネックが深いインナーを選ぶなど相手から見えないよう対策を。生地の透けは肌色のインナーが最も気になりにくい点もおさえておきたい。

詳細・購入はこちら

【関連記事】ノーネクタイの着こなしを成功させる方法とは?

ノーネクタイのラフな着こなしが一般的になるクールビズ期間こそ、大人の品をキープし...

【関連記事】クールビズの服装!【ノーネクタイやシャツ1枚でも洒脱にみせる手段と狙い目アイテムを紹介】

2020年までは5月1日〜9月30日の期間が設けられていたが、2021年からは期...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

ワイシャツ姿がCOOLにキマるおすすめのインナー特集!

FASHION

休日の白シャツコーデがイマイチなときに実践したい対策術3選

FASHION

シャツでイマ人気の襟型はどっち!?「ボタンダウン」VS「レギュラーカラー」

FASHION

オーバーサイズの白シャツコーデはシルエットバランスが肝心!メンズの着こなし方を海外スナップで見る

GOODS

「青チェックシャツ」のおすすめを柄別にピックアップ!

FASHION

賛否が分かれる「シャツオンシャツ」。メンズがおしゃれに着こなすために参考にしたいコーデを紹介!

FASHION

ギンガムチェックのシャツで爽やかな春夏コーデを叶える!メンズの着こなし事例とおすすめアイテムを紹介

FASHION

白シャツと好相性なジャケットは?夏にアウター使いするならどんなアイテムがおすすめ?実際のメンズコーデ事例で紹介!

FASHION

メンズ定番のオックスフォードシャツを使った洒脱なコーデ事例6選!

GOODS

進化するビジネスコーデにも対応する無地Tシャツ5選!ジャケットのインナーから1枚使いまでキマる逸品を紹介

FASHION

シャツの上に着るアウターは何が好相性?実際の着こなし事例で見る7つのメンズレイヤードスタイル

FASHION

パーカーとシャツの重ね着はアリ?ナシ?海外のメンズコーデ事例をもとに着こなしのコツを紹介!