進化するビジネスコーデにも対応する無地Tシャツ5選!ジャケットのインナーから1枚使いまでキマる逸品を紹介

Share

最近よく見かけるジャケット×Tシャツのカジュアルなビジネスコーデ。一見するとラフで挑戦しやすそうだが、上品なジャケットをカジュアルなTシャツで着崩すMIXコーデのため、意外に理想的なバランスを実現するのが難しい。そこで注目したいのが、昨今あらゆるブランドが提案しているキレイめな無地Tシャツ。ジャケットのインナーとして着用することを前提に開発されたモデルから、生地や仕立てにこだわることでカジュアルだけでなくドレスMIXスタイルへの対応も可能にした名品まで、幅広くバリエーションが展開されている。今回はそんなジャケット合わせのカジュアルなビジネスコーデにも対応できる無地Tシャツをテーマに、おすすめのモデルをピックアップ!

ジャケットに合う無地Tシャツ選びでチェックすべきポイントはこの3つ!

まずはジャケットに合うとされているTシャツで共通するポイントを3つ紹介!

ビジネスコーデに使えるTシャツ選びのポイント①「首元が開きすぎないネックライン」

ジャケット着用時のTシャツで最も見られるのがネックライン。胸元が開きすぎている形状は、リラックスしすぎた印象に仕上がるため、ビジネスコーデには不向き。王道のクルーネックで、首回りが開きすぎていない形状のTシャツを選びたい。昨今では、ジャケットの襟を汚さないモックネックタイプのTシャツも各ブランドやセレクトショップのオリジナルから展開されており人気を集めている。

詳細・購入はこちら

ビジネスコーデに使えるTシャツ選びのポイント②「上品見えする生地」

Tシャツに使われている生地にも注目したい。フォーマルなジャケットにフィットしやすいTシャツの生地は、繊細な糸で編み目が細やかな上品見えするものが多い。具体的な例を挙げると、一般的なTシャツで採用されている天竺編みとは一味違う“スムース編み”の生地を採用しているモデルは狙い目。スムースは両面編みとも呼ばれており、表面が滑らかな見た目に仕上がるだけでなく天竺編みよりも厚みがでるため、肌が透けにくいというメリットがある。他にも“シルケット”と呼ばれる光沢を持たせる加工が施されているTシャツもおすすめだ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】生地にこだわるなら知っておきたい、スムース編みとは?

Tシャツや肌着によく使われる生地の種類の一つである“スムース編み”。その名前から...

ビジネスコーデに使えるTシャツ選びのポイント③「インナー使いしやすいシルエット」

ジャケットよりも身幅や着丈の寸法が大き過ぎるTシャツが、ビジネスコーデに不向きなのは共通認識だろう。そこからさらに限定して、ウエストにシェイプが入っていたり、ジャケットの肩線やアームホールの形状に合わせて設計されたTシャツを選ぶと、洗練されたジャケット×Tシャツの着こなしを実現できることうけあい。

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する