楽チンなのに大人見え!パイル服選びの極意とコーデ4事例

Share

休日はリラックスした格好で過ごしたいものだが、「ダラしない」「手を抜いてる?」などと周囲に思われるのは回避したい。そんな「ラクしながらお洒落したい」というメンズにピッタリなのが、着心地が良くて表情豊かなパイル地のウェア。とはいえ、その生地がもつ魅力に甘えてアイテム選びを疎かにするのはナンセンス。パイル服にだって大人にふさわしい“選びの極意”がある。

大人のパイル服選びは“生地感”と“仕立て”にこだわるべし!

パイルとは、丸いループ状の糸が織り出してある生地のこと。我々が毎日使うタオルにも使われており、ご存知の通り、柔らかくて吸水性と弾力性に優れているのが魅力だ。そんなパイルを使ったウェアは言うまでもなく着心地バツグンなうえ、その独特の生地感による豊かな表情がコーデに奥行きを与える。しかしその一方で、ルームウェアに使われることが多いこともあり、適当に選ぶとただの部屋着に見えてしまうことも。それを回避するために必ず確認してほしいのが、“生地感”と“仕立て”だ。ここからは、コーデ事例とともにチェックすべきポイントを紹介していく。

パイル服のコーデ事例①「夏のド定番スタイルを“パイルT”でさりげなく差別化!」

夏のオフスタイルにおける間違いのないコーディネートといえば白T×ブルージーンズ。しかし、そのあまりの定番っぷりに“とりあえず着ている”という消極的な印象が漂うのも事実。そんな無難になりがちなコーデにひとヒネり加えるなら、パイルTを選んでみてはいかがだろうか。パイル自体に立体感があり、通常のカットソーに使われる生地よりも柔らかな陰影を生むため、単なる定番スタイルとは一味違った印象に導ける。ポケット付きでさり気ない主張があるパイルTなら、色落ち強めのジーンズとも好相性だ。

詳細はこちら

クロスクローゼットのホワイトパイルT 9900円(クロスクローゼット公式サイト) PTトリノのデニム3万8500円(伊勢丹新宿店 03-3352-1111)、 モスコットのサングラス4万700円(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)、ジャスティン デイビスのブレスレット7万9200円、リング3万9600円(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム 03-3401-5001)、コモンプロジェクトのスニーカー6万4900円(シップス 渋谷店)

ココに着目!「“立体的なパターンワーク”が採用されているか?」

上で紹介したパイルTは、その涼感あふれる風合いもさることながら、テーラー監修のもとミリ単位でパターンを調整しているのも見逃せないポイントだ。テーラードジャケットのように袖を後付けして前振り形状にすることで、立体的な肩周りを実現。さらに、肩の縫い目を少し後ろにズラすことで、腕の可動に伴うゆとりも確保している。このようなパッと見では分からない重要なパターンワークが、大人のTシャツ1枚姿をカッコ良く見せる。

詳細はこちら

パイル服のコーデ事例②「“ちょいBIGパイルT”が大人のカジュアルコーデにリアルに使える!」

いまや定番アイテムとして根付いた感のあるBIGサイズのTシャツ。そのシルエットによるリラックス感が何よりの魅力だが、薄い生地を選んでしまったり、大人が安易に着てしまうと“着られてる感”が出てしまう恐れが。そこで狙うべきは、ちょいBIGパイルTだ。肩線がほんのり落ちたデザインなら大人が着ても浮いて見えないうえ、パイル生地との相乗効果によってリラックスムードをしっかりと演出でき、たちまち旬な印象に。そして首元の開きも抑えられ、美しいドレープにより品良く見えるのも◎

詳細はこちら

クロスクローゼットのBIGブラックパイルT1万450円(クロスクローゼット公式サイト)、 イカイのパンツ3万4100円(シップス 渋谷店 03-3496-0481)、モスコットのサングラス5万600円(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)、ジャスティン デイビスのブレスレット3万800円、リング3万8500円(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム 03-3401-5001)、ジョセフ チーニーの靴8万1400円(ブリティッシュメイド 銀座店 03-6263-9955)

ココに着目!「ビッグシルエットは“肩のドロップ具合と着丈のバランス感”が大切!」

冒頭でも述べたがパイルウェアは適当に選んでしまうとルームウェアのように見えがち。ビッグシルエットの場合なおさらバランスが良くないとダラしなさが増してしまう。その反面、バランスがばっちり整った時のカッコよさは格別だ。そんなカッコよさをすぐGETできるのが、このBIGパイルTの魅力。ほんのりと肩線は落ちていながらも、一般的なTシャツとほぼ変わらない着丈を採用しており、タックアウトして着ても野暮ったく見える心配ナシ。

詳細はこちら

パイル服のコーデ事例③「黒Tを合わせるだけで都会的にキマる“パイルセットアップ”なら街にも堂々と着ていける」

セットアップの最大の魅力といえば、インナーとシューズを選ぶだけで簡単にコーデがキマること。さらに、そのセットアップに“快適な着心地”と“街着対応バッチリなデザイン性の良さ”が加われば、鬼に金棒だ。そんな無理難題ともいえる要求に応えてくれるのが、こんなパイルセットアップ。部屋着として使うときは素肌のまま着てOK。そして黒Tを合わせるだけで街馴染みのいい都会的なコーデが完成。さらにサングラスやブレスレットといったアクセサリー類を取り入れれば、洒脱さに磨きがかかる。

詳細はこちら

クロスクローゼットのパイルパーカ1万9800円、 ショーツ1万3200円(クロスクローゼット公式サイト)、 アイヴァンのサングラス3万9600円(アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972)、ジャスティン デイビスのブレスレット15万4000円(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム 03-3401-5001)、シップスのサンダル1万5950円(シップス 渋谷店 03-3496-0481)、その他スタイリスト私物

ココに着目!「まるでベロアのような“美しい生地感”!ゆえにリラックスコーデが砕けすぎずにキマる」

パイルウェアを選ぶとき、必ずチェックしたいのがループの密度と配列。なぜなら密度がなく配列が不揃いだと光沢が生まれず、しかも肌触りも滑らかとは言い難いものに仕上がってしまうためだ。その点、上で紹介したパイルセットアップの生地は、高密度に編み立てられているうえ配列も非常にキレイで、最高に滑らかな仕上がり。しかも素材にはコットンの中でも最高峰と称される「スビンプラチナム」を採用しており、とろけるような風合いを実現している。こんな好条件が揃ったパイルウェアだからこそ、リラックスコーデが砕け過ぎずにキマるというワケ。

詳細はこちら

パイル服のコーデ事例④「キレイめスタイルには上品リラックスが叶う“パイルスキッパーシャツ”が断然おすすめ」

ここまではパイルウェアを使った比較的カジュアルな着こなしを紹介してきたが、キレイめな装いに合わせるならパイルスキッパーシャツを推したい。一見するとポロシャツのようだが、前立てのボタンが省略されており、胸元がやや開いているのが特徴。こんな襟型の付いたパイルウェアならスラックスにも合わせやすいうえ、没個性的なポロシャツコーデとの差別化も図れる。

詳細はこちら

クロスクローゼットのネイビースキッパー1万2100円(クロスクローゼット公式サイト)、テイク&サンズのジャケット4万5815円(シップス 渋谷店 03-3496-0481)、ザ ジジのパンツ2万9700円(伊勢丹新宿店 03-3352-1111)、アイヴァンのサングラス3万5200円(アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972)、ジャスティン デイビスのブレスレット5万600円、リング各3万5200円(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム 03-3401-5001)

ココに着目!「襟付きパイルアイテムは“台襟”が重要!さらに欲を言うなら洗練されたデザインが◎」

キレイめコーデの主役アイテムとして使うことを想定した場合、出来れば“台襟付き”のパイルスキッパーシャツを選びたいところ。というのも、パイル地が持つ柔らかさが裏目に出て襟がヘタってしまいやすく、ともすればダラしなく見えるためだ。台襟が付いているだけで立体的な襟周りになり、きっちりした印象を演出できる。それも胸ポケットなどがついていない洗練デザインであれば、オフスタイルにはもちろん、オフィスカジュアルにも使えるので、最低でも1着はワードローブに追加することを強くおすすめする。

詳細はこちら

大人のパイル服選びにおける条件をクリアしたのが“スビンプラチナム マイクロパイル”!

これまで挙げてきた、大人のパイル服選びにおけるポイントをクリアしているのが“スビンプラチナム マイクロパイル コレクション”だ。生地に一家言を持つ大手繊維商社スタイレムのプライベートブランド「+CLOTHET(クロスクローゼット)」の渾身作なだけあり、パイル地のクオリティは別格。しかも、どのアイテムにもテーラー技術が駆使されているため、着心地も動きやすさもバツグンだ。ラクをしながらお洒落をしたいというメンズは、ぜひ今季のスタメンとして“スビンプラチナム マイクロパイル”のアイテム群をワードローブに加えてはいかがだろうか。

マイクロパイルコレクションをチェックする

BIGパイルTには今季限定のカラー“スレートブルー”が登場!

本コレクションで展開されるアイテムは全てブラック・グレー・ホワイト・ネイビーという4色展開になっているが、今季はBIGパイルTに限定カラーが追加された。それが爽やかさ満天な“スレートブルー”だ。クロスクローゼットでなければ実現し得なかったであろう発色の良さが特徴で、着映えするのは言うまでもなく、周囲との差別化を図るのにも使える。リリースされたばかりながら大反響を呼んでいる限定カラーだが、売り切れ次第終了となっているため、早めにGETすべし!

ビッグTの限定カラー“スレートブルー”をチェックする

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する