腕時計は右手/左手どちらにつけるのが正解か?

腕時計

普段なにげなく身につけている”腕時計“。大半の男性が左手首につけていると思いますが、稀に右手首に身につける男性も..今回は腕時計をどちらの手首につけるかを考える上で役に立ちそうな情報を紹介していきます!

スポンサーリンク

リューズ位置の設計意図は左手首につけることが前提?

腕時計は左手に

多くの腕時計に共通する”時刻や日付の調整をするリューズ”に注目すると、ほとんどすべての腕時計のリューズが時計の右側面に配置されています。これは、腕時計を装着した状態でリューズを操作しやすくするための設計と言われています。リューズを操作しやすいのは利き手ということを考えると、多くの腕時計は多数派である右利きの人に合わせて左手首につけるようデザインされていると言えます。

左利き用に作られたレフトハンドモデルの存在

パネライレフトハンドwatchanish

レフトハンドモデルといえば、有名なのはパネライ。”大きなリューズガード“がパネライの多くのモデルの特徴ですが、このリューズガードおよびリューズが時計の左側面に備わったのが、通称”レフトハンドモデル“です。そもそもは左利きの海兵が右手首に装着してリューズを左手で操作しやすくするためのデザインではあるのですが…実は左手首につけたときに大きなリューズガードが邪魔にならないという理由で左手につける愛好者もいるんです。

パネライレフトハンドを左手首にablogtowatch

同様の理由で、リューズが邪魔にならないように通常デザインの腕時計を右手につけるという人もいます。

ドライバーの操作感を高めたレーシングモデルの一部は”左手につけるために開発”

レーシングモデル時計

時計の世界において、1大ジャンルとなっている”レーシングモデル”の一部に見られるのが、リューズやストップウォッチなどの操作ボタン(プッシャー)が左側面についているディテール。これらのモデルには、レーシングドライバーが時計をつけた左手でハンドル操作をしながら、右手の親指でボタンを押しやすくする意図で、プッシャーが時計の左側面に配置されています。利き手の親指は力が入りやすいですからね。ダカールラリーのスポンサーを務めたEDOXのクロノラリーが有名です。レフトハンドモデルと同じく操作系が左側面にあるものの、その理由は全く異なるのが面白いですよね。

腕時計を右手首につけるのは”平和の象徴”?

ライフル暗殺者1.bp

聞くことが多いのが、時計を右手首につけることは”平和の象徴だ”という説。スナイパーが、暗殺対象にライフルを構えている状態を想像してください。右手首に時計をした場合、暗殺予定時刻を確認するために、ライフルの引き金にかけた指を一旦はずす必要があります。下手をすると暗殺対象を逃してしまう(=暗殺対象の命を救う)ことにつながりますね。そこから転じて「右手首に時計をつける=平和の象徴」となったわけです。ちなみにこの説については出典不明で真偽のほどは定かではありませんので、うんちくっぽく語る時には要注意です。

利き手につけると腕時計が目立つ

腕時計右手40media

利き手は動きが多いので”自然と腕時計が目立つ“という面があります。お気に入りの腕時計を人目につかせたいような場合には、利き手に装着することで印象を強めることができそうです。ただし、利き手に時計をつけると邪魔という感覚を持つ人が多いのも事実。あなたが右利きの場合は特に「どうして時計を右手につけているんですか?」と聞かれたとき「気づいて欲しかったから..」なんて答えるわけにはいかないと思いますので、あらかじめ気の利いた回答は用意しておいたほうが良さそうです!

以上のように実は腕時計をどちらの手首につけるかについては、両方正解!あなたは明日からどちらの腕に時計をつけますか?

FOLLOW US

Related post