スポーツミックスの着こなし起源をメンズファッションの歴史からひもとく!

スポーツミックスメンズ着こなし

今やメンズファッションにおける定番的着こなしとなった「スポーツミックス」。スポーツミックスとは文字通り、スポーツウェアを取り入れた着こなしを指します。スポーツウェアがメンズファッションに与えた影響力はとても大きく、その歴史や起源を知ることには意義があると考えました。そこで今回はスポーツウェアがメンズファッションに入り込んできた歴史的経緯を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポーツウェアとファッションが融合したきっかけは19世紀末のライフスタイル変化にあり

ゴルフ着こなしメンズファッションpinehurst

19世紀終わり頃になるとライフスタイルが大幅に改善されて余暇時間が増え「オフにスポーツやレジャー、スポーツ観戦を楽しむ」という文化が庶民の間にも広がっていきます。このような風潮の中、プロスポーツマンの体型や着こなしが理想とされる風潮が急速に浸透していきます。「スポーツ競技用のウェアを街中で着る」という習慣が、ハンティング、乗馬、テニス、クリケット、ゴルフ、スキーといったもともと上流階級に愛されてきたスポーツ分野を皮切りに、野球、バスケットボールなど当時としては新興だったスポーツ分野に渡って広がっていきます。

スポーツミックスの第一波「英国の上流階級スポーツ競技の着こなしが場外へ」

1910年代頃からテニスやクリケットの選手が着用していたストライプブレザーや白のフランネルシャツが、場外の普段着として定着していきます。

クリケットストライプブレザーthehamlethistorian

(上画像)Dulwich Hamlet Cricket Clubのクリケット選手達。現代のビジネススタイルにスポーティーさを加えてくれるジャケパンスタイルはモーニングコートよりも、テニスやクリケット選手達が着用していたブレザーに起源を持つ装いでしょう。

スポーツウェアがファッションになっていく過程において、無視するわけにはいかない二人のテニスプレイヤー。

テニスウェアメンズファッションコーディネートbritaindoesvintage

左:ラコステ創業者「ルネラコステ」:テニスウェアにポロ競技のウェアにヒントを得た改良を加えて商品化、大ヒット。/ 右:テニスの王様「フレッドペリー」:リストバンドの考案者としても知られ、のちにモッズなどサブカルチャー系の若者からも支持を受ける。

その後1920年代にはゴルフウェアとして定番であった「プラスフォアーズ」や元々は子供やスポーツ選手しか着ていなかった「セーター」が街着として定着していきます。アーガイルソックスもこの頃から流行し出しました。

プラスフォワーズ着こなし1920

この背景には、プリンスオブウェールズことエドワード8世の「プラスフォワーズにフェアアイルのセーター」という普段着が注目されたことに加え、第一次世界大戦におけるセーターの軍隊需要が追い風となったと言われています。

※プラスフォアーズ:膝下の七分丈パンツで,ニッカボッカーズの一種。ニッカボッカーズより4インチ長いことが語源。ゴルフ着やイギリス陸軍で制服に採用されたことから一般に浸透。

ノーフォークジャケットやハンチング帽はハンティング、モーターサイクルジャケットはバイクレースを起源にしています。

ハンチング帽、Hermann Scherrer, 1907bertc

近年のピッティウオモでも散見される、ブレザーにフランネルパンツ、カンカン帽を合わせた着こなしはもともとレガッタの漕ぎ手たちの着こなしでした。

ヘンリーロイヤルレガッタ1906tweedlandthegentlemansclub

防水ジャンパーにニット、ストレッチパンツの着こなしが特徴的なイギリス代表のスキー選手。([email protected])

スキー1936オリンピックイギリス代表着こなしHULTON ARCHIVE

米国スポーツミックスの源流「ベースボール、アイスホッケー、バスケットボール」

シカゴカブスディジーディーンpinterest

米国、特に北アメリカにおいて当時から根強い人気を誇っていた「ベースボール」「アイスホッケー」「バスケットボール」「アメフト」などを起源とするウェア・アイテムも急速にファッションとの距離を縮めていきます。

1932年第三回冬季オリンピックで握手をかわすアメリカ代表とカナダ代表のキャプテン。

スクリーンショット 2016-02-22 4.03.36SEEDPAPER

スウェットシャツ、スウェットパンツ、スタジャン、ラガーシャツ、スニーカー、ベースボールキャップなどアメカジを構成するアイテムの多くがファッションとして取り入れられていきます。

バスケットボールシャツ着こなしメンズcharleyeckman

ちなみにスウィムウェア、サーフウェアについてはオーストラリアのブランドが強く、当時はジャンセン、現代ではSPEEDOがその代表格。1929年頃まで男性もワンピースタイプの水着「タンクスーツ」を着るのが一般的でしたが、実はこのタンクスーツこそがタンクトップの起源と言われています。

タンクトップの起源タンクスーツsurfresearch

メガスポーツブランドの中で進むファッションブランド化

ここ最近、ますます勢いを増すのがナイキやアディダスといった巨大スポーツブランド。人気スポーツ選手との積極的なスポンサー契約はもとより、アーティストやデザイナーとのコラボレーションにも積極的。

Y-3Y-3

Y-3はヨウジヤマモトとアディダスのコラボレーションですし、ナイキとSOPH.のコラボレーションF.C.Real Bristol、アディダスとカニエウェストのコラボレーションによって生まれたYeezy boostは大ブームを引き起こすなど枚挙に暇がありません。スポーツブランドとしての顔と同時にファッションブランドとしての顔を併せ持つのが現代のスポーツブランドです。

スポーツミックスの着こなし全盛のイマだからこそアイテムの起源に想いを馳せる

アスレジャーメンズ着こなしアスレジャーメンズ着こなし術

我々の着こなしにおいては、スポーツアイテムの取り入れバリエーションは多岐に渡っています。セットアップスーツの素材にジャージーを取り入れたり、スポーツウェアにインスパイアされたメゾンブランドのアイテムを取り入れたり、ドレッシーなコーデにスニーカーをワンポイントで加えるような控えめなものから、あえて野暮ったいスポーツアイテムをミニマルコーデに取り入れるようなノームコア的発想の着こなし、全身をスポーツレジャーアイテムでかためるようなアスレジャー的な着こなし、ラグスポことラグジュアリースポーツを体現するブランドでつくる着こなしなど、選択肢は無限大。

スポーツミックス着こなしメンズ

スポーツウェアが取り入れられ始めた当時が全身でスポーツを取り入れるのに対して、現代のスポーツミックスはその名の示す通りコーディネートの要素としてミックスする着こなしがメインです。アイテムの起源に想いを馳せてみることで着こなしより楽しくなったり、思わぬヒントを得られるのではないでしょうか。

FOLLOW US

Related post