マフラー メンズ ブランド特集!繊維メーカーや人気の注目ブランドをピックアップ

Share

真冬には首元の防寒具として重宝し、巻き方1つで多種多様な表情を演出できるマフラー。デザインはもとより、カシミヤやウール、産地、織り方から織り柄まで選択肢は幅広い。こだわりをもって選びたいものだが、とりわけ繊維・織物を専門とするメーカーの展開するマフラー、ストールは非常に優秀であり、実は多くのハイブランドのマフラーもそんな繊維・織物メーカーによって製造されていることが多い。今回は、繊維、織物を専門とするマフラーを紹介!

スポンサーリンク

マフラーメンズ人気ブランド①「ジョンストンズ(Johnstons)のマフラー/ストール」

1797年にスコットランドで創業された高級繊維メーカー。英国では珍しい自社一貫工場を持ち、生地の生産から製品化まで、他会社を経由しないためコストパフォーマンスが高い。「メイド・イン・スコットランド」というコンセプトを重視しており、創業から現在に至るまで200年以上も続いている。カシミヤを始め、メリノウールやラムウールなどの幅広いこだわりの素材を取り扱っており、客層からの評価も高い。高級メゾンやコレクションブランドからも素材の提供を行うなど、業界からの信頼も厚い。大判ストールやタータンチェックがベースのスチュワート柄など、ほどよい主張のストールがジョンストンズの十八番だ。20代・30代から40代・50代になっても使える確かなクオリティで幅広い層から人気を集めている。

▶︎「ジョンストンズ」マフラーの詳細・購入はこちら

【関連記事】男を上げる不朽の名作「ジョンストンズのストール」

肌寒い季節の首元を温めるマフラーやストールは、防寒具に留まらずファッションアイテ...

マフラーメンズ人気ブランド②「ドレイクス(Drake’s)のマフラー/ストール」

1977年にマイケル・ドレイクによって設立されたファクトリーブランド。アクアスキュータムのアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍した経験を活かし、ハイクオリティーなウール、シルク、カシミア素材のマフラーなどの小物を生産している。定番のラムアンゴラマフラーはラムウール75%、アンゴラ25%の比率で混紡しており、柔らかいウールの肌触りで評判が高い。昔ながらの伝統を守りながらも、顧客の視点や流行にも注目した広い視点を持ってアイテム展開を行うことで、40代・50代だけでなく若年層の人気も集めている。定番なソリッドカラーや大型ブロックチェックが施された合わせやすい配色など、柄の展開も豊富だ。定番小物類に加え、現在はタイやシャツにも力を入れている。

▶︎「ドレイクス」マフラーの詳細・購入はこちら

マフラーメンズ人気ブランド③「ロロピアーナ(Loro Piana)のマフラー/ストール」

1924年にPietro Loro Piana氏が創立したテキスタイルメーカーだ。特徴として「最高級の原料から最高級の製品を生み出す」ブランドと言われている。偽装したカシミヤを使用しないために、買い付けの法人や、品質検査とカシミヤの原毛を採取する専門部門を設立し、管理を徹底している。カシミヤに限らず生地メーカーとしての品質の高さは評価されており、キートンやブリオーニなどの最高級ブランドも御用達。一度使用するとやみつきになるほどの柔らかな風合いを実現し、客層を魅了するアイテムが豊富だ。1980年代に自社ブランドを立ち上げ、アパレルの分野にも進出。1993年にはニューヨーク、ミラノ、ヴェネチアに直営の店舗をオープンさせている。2006年にはインテリア部門へも進出。トータルプロデュースが可能なラグジュアリーブランドとして地位を固めている。

61vja1wn8ql-_ul1500_

▶︎「ロロピアーナ」マフラーの詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ