スタイルアップを狙えるメンズ着こなし術9選

Share

シンプルな大人のメンズ着こなしは、スタイルの良し悪しが重要ファクターに。今回はスタイルアップに有効と言われているポピュラーなテクニックをピックアップ紹介!

スポンサーリンク

①スタイルアップの基本は「Aライン・Iライン・Yラインの意識!」

着こなし全体のシルエットをコントロールすることで、スタイルアップを見込める。基本は「Aライン」「Iライン」「Yライン」の3シルエット。以上のシルエットを意識するだけで、好バランスなメンズ着こなしを実現しやすくなる。

Aライン:「細いトップス×ボリューム感あるパンツ」

頭から足元にむかって広がっていくようなシルエットを意識するのがAラインシルエットのポイントだ。ワイドパンツに細身のトップスを合わせる着こなしもアリだが、夏以外のアウターを着るような季節においては、むしろチェスターコートやモッズコートなど丈が長めのアウター単体でAラインを作る方がポピュラー。安定感のある着こなしを実現するなら、Aラインが有力な選択肢に。

【関連記事】ワイドパンツ メンズコーデ特集!エフォートレスに仕上げた洒脱な着こなし&アイテム紹介

色味や素材感、丈感により、骨太で武骨にもキレイめでエレガントにも着こなせるワイド...

Iライン:「細いトップス×細いパンツ」

「タイトなトップスにスキニーパンツをあわせた着こなし」はもとより「ジャストサイズのトップスにタイトすぎないテーパードパンツをあわせた着こなし」もOK。ある程度以上の細身アイテムを意識しつつ、上半身と下半身のボリュームに差をつけないことがポイントだ。ストンと一直線に落ちるようなシルエットを意識することで好バランスに。

Yライン:「ボリューム感あるトップス×細めパンツ」

ビッグシルエットやロング丈のシャツ/カットソーにスキニーパンツを合わせるような着こなしのことを指す。視線が上に行くこと、ボトムとパンツの境界があいまいになることによってスタイルアップを見込める。冬場は重ね着によってトップにボリュームが出やすいので細身のパンツをあわせるだけで、そんなに意識せずともYラインになっていることが多い。

【関連記事】オーバーサイズTシャツ コーデ特集!リラックス感のある旬なメンズの着こなし&アイテム紹介

ここ数年のトレンドを席巻するオーバーサイズのアイテム。夏の主力と言えるTシャツに...
2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ