マイケルジャクソンも愛用した「G.H.BASS(ジーエイチバス)のローファー」の魅力とは

今ではすっかり定番靴として定着しているローファー。全ての歴史は「G.H.BASS(ジーエイチバス)」が手がけた1足のウィージャンズから始まった。このブランドのローファーは、あのマイケル・ジャクソンが愛用したことでも知られている。モデルによっては1万円代から購入可能というコストパフォーマンスの良さも魅力のひとつだ。今回はそんな「G.H.BASSのローファー」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

アメリカで愛され続ける老舗ブランドG.H.BASS

G.H.BASSは、アメリカのシューズブランド。1876年にメイン州ウィルトン市にて、ジョージ・ヘンリー・バス(George Henry Bass)氏によって設立された。鞣し職人だったバス氏は、地方のいち向上を所有していたE.P.Packard&Co.の株を買ったことがきっかけで、靴作りをスタート。のちにオーナーとなり、社名を自信の名前から取ってG.H.BASSへと改名した。良質なレザーと熟練のクラフトマンシップが最高の靴へと繋がるというのが創業以来ブランドが掲げる哲学だ。

gh-bass-br

bas-90

G.H.BASSと言えばどうしてもローファーのイメージばかりが先行してしまうが、老舗ブランドだけあってアメリカの歴史と密接に関わってきている。第一次世界大戦では、アメリカ軍のパイロットブーツとして「Bass Aviation Boots」が正式に採用。20世紀初頭には、南極探検に向かう部隊がG.H.BASSのシューズを履いていたとされている。また、飛行士のチャールズ・リンドバーグ氏が史上初の大西洋横断単独無着陸飛行を成功させたときも、G.H.BASSのブーツを着用していた。

G.H.BASSはローファーの元祖ブランド

1950年代、「Weejuns(ウィージャンズ)」がアイビーリーグの学生たちのマストアイテムとして一世を風靡。流行はヨーロッパや日本へも波及。アメリカントラッドを代表するシューズブランドとして、ヨーロッパ、アジア、南米にわたって認知されていく。現在ではローファー以外にも、オックスフォードシューズやデッキシューズ、ハンティングブーツなど、オーセンティックなアイテムを数多く展開。時代が移り変わっても色褪せない、普遍的なアメリカントラッドとアメリカンカジュアルを提案し続けている。

bas-90_3

詳細・購入はこちら

1万円代で買える!?G.H.BASSのローファーは破格の価格設定を実現 ※2018年2月23日(金)時点のリンク先サイトの販売価格を基準に

“1万円代で購入が可能”というコストパフォーマンスの良さもG.H.BASSが根強い人気を誇る理由だ。海外製の革靴の価格が年々上昇している昨今の状況において、G.H.BASSのローファーは数十年に渡り同等の価格帯をキープしている。もちろん、コスト削減のために品質を落とすこともない。通常の革靴で1万円代と言えば、ほとんどがセメント製法で底付けした靴。しかし、G.H.BASSは現行品でもソールを貼るのではなく、縫製によって底付けしている。素材選びやアッパーの縫製も含め、このクオリティで1万円台という価格設定は、海外製品はもちろん国内メーカーでも見当たらないだろう。

71yIwO30fbL._UL1500_

詳細・購入はこちら

G.H.BASSが開発した世界初のローファー「Weejuns(ウィージャンズ)」とは

世界で始めてローファーを作ったシューズブランドとして有名なG.H.BASS。ローファーのルーツには諸説あるが、ノルウェーの靴職人がこのデザインの靴を作成したのが有力なもののひとつ。「Aurland moccasin」と呼ばれたそのノルウェーモカシンはヨーロッパ諸国に輸出され、当時ヨーロッパ に滞在していたアメリカ人にも注目された。G.H.BASSの創業者ジョージ・ヘンリー・バス氏は、シールレザー(アザラシ)のノルウェーモカシンを雑誌編集者から贈られたことをきっかけに、開発に着手。元々ノルウェーの木こり達が履いていた靴が原型であるという背景から、”ノルウェイジャンズ(ノルウェーの)”という意味の「WEEJUNS(ウィージャンズ)」を発売した。この1936年に誕生したウィージャンズこそが、世界最初のローファーといわれている。

bas-90_4

詳細・購入はこちら

ちなみに、履き口が広く、紐もなく、着脱が簡単なことから「怠け者(Loafer)」を由来とされている「ローファー」という商標は、元々はNYシューズブランドのNettleton(ネトルトン)が1937年に取得したもの。G.H.BASSはウィージャンズの商品名で販売していたが、現在ローファーと呼ばれているシューズのデザインは、BASSのウィージャンズのことを指す。

G.H.BASSのWeejunsはマイケル・ジャクソンも愛用したローファー

当初、アメリカでは夏の室内靴として使用されていたローファーだが、1950年代に急速に浸透。特にアイビー・ルックの重要なアイテムとして認識されるかたちで大流行した。アメリカの学生が1セント硬貨(ペニー)をG.H.BASSのウィージャンズのサドルに差し込んだことがきっかけで、「ペニーローファー(コインローファー)」という呼び名が生まれたという説もある。日本では1960年代にアパレルメーカーのヴァンヂャケットが持ち込むことで一世を風靡。1970年代から1980年代には、あのマイケル・ジャクソンがG.H.BASSのウィージャンズを履いてミュージックビデオに登場。ローファーに白いソックスを合わせるというマイケルの着こなしが、新しいスタイルとして流行を呼んだ。

bas-90_7

詳細・購入はこちら

G.H.BASSのローファーはその後、アメリカや日本ではカジュアルファッションだけでなくスーツにも合わせられる革靴として定着していく。現在、生産拠点こそ米国外になったものの、長い歴史が培った技術と靴へと向かう精神は今なお健在。今ではあらゆるシューズメーカーがローファーを展開しているが、G.H.BASSのウィージャンズはその元祖なのである。

現在のG.H.BASSを代表するコインローファーは「ローガン(LOGAN)」

ローファーの種類はさまざまだが、その中でもコインローファーはG.H.BASSの象徴とも言える存在だ。「ローガン」は、マッケイ製法で作られるスリッポンタイプのコインローファー。軽く快適な履き心地は、怠け者(ローファー)と称される由来にも頷けるほど。光沢のあるブラックのブラッシュドレザーはまさにローファーの王道として相応しい佇まいだ。

81VfczcnvXL._UL1500_ (1)

詳細・購入はこちら

サドルに採用したビーフロールが特徴の「Larson(ラーソン)」

Larson(ラーソン)は、同じコインローファーでもサドルにビーフロールという仕様を採用している。サドルの両端をモカシン編みの部分に大きく巻きつけて縫い上げたデザインで、タコ糸でグルグル巻きにした肉を連想させることからビーフロールと呼ばれるようになった。通常のハーフサドルに比べると甲に迫力が出て、よりカジュアル寄りの印象になる。

サドルにビーフロールを採用したローファーは「Larson(ラーソン)」

詳細・購入はこちら

 

続いては、G.H.BASSの定番ローファー「ローガン」にフォーカスして、注目のディテールを紹介!

G.H.BASSのコインローファーを象徴するサドルに注目

サドルは、コインローファーの”顔”とも言えるパーツ。ローガンのサドルは、最もベーシックなハーフサドル仕様だ。かつて学生たちが1セントコインを挟みんだ切り込みも、このローファーの歴史を表す意匠。

サドル

詳細・購入はこちら

美しい光沢を放つG.H.BASSのローファーのレザー

G.H.BASSのローファーがクラシカルな印象を放つ理由の一つが、アッパーの素材。ローガンをはじめとする多くのモデルにガラスレザーを採用しており、程よい光沢を帯びている。フェイクレザーの靴によく見られるエナメル靴のような、チープなテカテカではなく、しっとりとした艶を放つのが魅力。また、見た目の美しさだけでなく雨風や汚れに非常に強いのもメリットだ。シューポリッシュを入れる必要もないので、手入れが楽なのも嬉しいポイントである。

レザー

詳細・購入はこちら

G.H.BASSのローファーに表情をもたらすU字のモカシン

精巧なモカシンにも注目したい。非常に丁寧に縫われたU字のモカ縫いが、ローガンに愛嬌のある表情をもたらしている。

モカシン

詳細・購入はこちら

ヒールとソールにもこだわりが詰まったG.H.BASSのローファー

後ろには切り返しがあり、ヒールの高さは2cm。小ぶりなヒールカップで、エレガントな後ろ姿を演出する。

71U292RbfUL._UL1500_

詳細・購入はこちら

アウトソールにはレザーとラバーの両方を採用。底付けのステッチが見えるレザー部分には、この靴の正式名称である”WEEJUNS”の文字が刻印されている。カカト部分にはラバーが施され、”BASS”の文字を刻印。上品でクラシカルなレザーをメインとしつつ、消耗の激しいカカトのみラバーにすることで長く履き込める仕様となっている。

81wnl9kDclL._UL1500_

詳細・購入はこちら

G.H.BASSのローファーのシルエットは他と違うシャープな雰囲気を放つ

ローガンの小ぶりなラウンドトゥシルエットも魅力。よくあるぽってりとした形状のローファーではなく、シャープなフォルムで洗練された雰囲気を演出できる。履き口は大きく、着脱の快適さはスニーカー以上。インソールもレザー製で、Bassの文字が施されている。

71tPDNt3JlL._UL1500_

詳細・購入はこちら

G.H.BASSは100年近く変わらないローファーの製法を貫く

このブランドのローファーは、マッケイ製法に近い手法を用いて縫われている。モカシン製法とも呼ばれるこの底付けは、袋のように足を包み込むのが特徴。グッドイヤーウェルト製法の革靴に見られる振り子のような重さはないものの、軽やかな履き心地はローファーの用途を考えると相性抜群。シンプルな製法だからこそアウトソールの返りにも優れ、新品でも即座に持ち主の足に馴染む柔軟性を備えている。驚くことに、G.H.BASSのローファーは100年近くの間ほとんど製法を変えておらず、発祥した当時のままの伝統を継承しているのだ。

71as3uiKCgL._UL1500_

詳細・購入はこちら

コインローファーだけじゃない!G.H.BASSのタッセルローファー

エレガントな王道タッセルローファー「ラーキン(LARKIN)」

ローファーのもうひとつの代表的なスタイルとして挙げられるタッセルローファー。1950年代、アイビーファッション全盛のアメリカ東海岸で、学生時代をローファーで過ごしたビジネスマンや弁護士がビジネスシーンで愛用したことから「弁護士の靴」とも呼ばれるローファーだ。コインローファーの元祖であるG.H.BASSの技術は、タッセルローファーでも発揮されている。「ラーキン」は、小ぶりなタッセルを備えた定番モデルのひとつだ。

81bMxI87JdL._UL1500_

詳細・購入はこちら

G.H.BASSのシャープなラウンドトゥやアイコニックなモカ縫いは、タッセルローファーのデザインと実に好相性。コインローファーとはまた違った上品さを醸し出している。

81g4Q83u+-L._UL1500_

詳細・購入はこちら

ソールはブラックのレザーソールを採用。ゴム製ヒールによる機能性への追求もG.H.BASSならではだ。

81xRs28PyLL._UL1500_

詳細・購入はこちら

洒落者ご用達のキルトタッセルローファー「レイトン(LAYTON)」

フリンジ(キルト)が付いたキルトタッセルローファーの「レイトン」。ややブリティッシュ寄りの意匠で、ローファーながら格式の高さを感じさせる。G.H.BASSの他のモデルと比べて、トゥにやや厚みがあるのが特徴。立体感が増すことでブラッシュドレザーの光沢がより際立っている。

61ebRcQVNlL._UL1500_

詳細・購入はこちら

アウトソールはローガンと同様のレザーソール。ナチュラルなレザーの風合いが高級感を演出する。

51p-G4xln5L._UL1500_

詳細・購入はこちら

上品な雰囲気のタッセルローファー「ローレンス(LAWRENCE)」

レイトンと同じくキルトを備えた「ローレンス」は、より”紐靴”ライクなタッセルが特徴。カジュアルシーンだけでなく、オフィスカジュアルのドレススタイルでも違和感なく履きこなせるような仕上がりとなっている。

ghb-70-80914-c2

詳細・購入はこちら

上品さを引き立てるタッセルとフリンジの組み合わせに加え、小ぶりなトゥがこのモデルの魅力。春夏のカジュアルスタイルにも重宝する1足だ。

ghb-70-80914-b

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ