このデイパックはシンプルなのに華がある!誰もが日常使いしたくなる3つの魅力とは?

Share

男のバッグの定番「バックパック」。とりわけデイパックは多くのブランドが展開しているだけあり、シンプルなデザインはどれも同じに見えてしまう…と感じてしまう方は少なくないのでは?購入するなら、シンプル路線でやり過ぎないヒネリがきいた買うべき理由があるモノを選びたい。今回はそんなシンプルで華がある新作のバックパックを紹介!

シンプルなのに華があるデイパック「RAMIEL(ラミエル)」とは?

あくまでもベースはシンプルなデイパックながら、随所にさりげないヒネリをきかせることで都会的な華を添えたバックパックがGENTLEMAN PROJECTSの「RAMIEL(ラミエル)」だ。東京、ニューヨーク、パリ、ミラノといったファッション主要都市の定点観測から得た世界基準のベーシックなシルエットを実現するため、何度もサンプル調整を重ねながらミリ単位までこだわって制作されているという。余計な切り替えを取り入れずミニマルに仕上げられた仕様が、玄人感のあるラグジュアリーなムードを醸す。

商品詳細はこちら

日常使いしたくなる魅力①「付属パーツまでこだわってチョイス!さりげないディテールの高級感が都会的なムードを後押しする」

付属パーツは、耐久性に優れたメイン素材のナイロンファブリックとリンクさせるようにこだわってチョイスされている。滑らかな光沢を放つグログランテープ、ブラックニッケルでコーティングされたメタルパーツ、いたずらに主張しない重厚感のあるレザーパッチなど。さりげないそれぞれのディテールへのこだわりが相まって、他には無い華のある魅力を演出する。ファスナーのスライダーは、ジョイントを取り入れた大きめなメタルパーツを採用することで開閉をスムーズにするなど、見た目の高級感だけでなく機能性も考慮したチョイスが天晴だ。

商品詳細はこちら

日常使いしたくなる魅力②「外は洗練デザイン。内はたっぷり収納を完備したデキるやつ」

シンプルであらゆるコーディネートに合わせやすいデイパックは、収納ポケットが少なく実用面が心許ないものが多い。その点「RAMIEL(ラミエル)」は、洗練された外見を良い意味で裏切るように内側にたっぷりと収納スペースが設けられている。開閉部からスムーズに貴重品などを出し入れできるパッチポケットや、中に入れているモノを判別しやすいジップ式のメッシュポケット、13インチまで収納できるPCスリーブやペットボトルホルダーまでもが備えられている。財布やキーケース、ペンといった細々したアイテムをまとめて収納していたらバックパックの中身がグチャグチャに…なんて悩みも解消されること間違いナシ。

商品詳細はこちら

日常使いしたくなる魅力③「コスパも良し!1万円台前半で購入できる」

こだわりを詰め込んだラグジュアリーなデザインと実用的な機能を両立しながら、1万円台前半で購入可能というお値打ち感も魅力のひとつ。ブランドの主張が強過ぎたり、シンプルで上品なデザインだけど価格設定に納得がいかずイマイチ購入に踏み切れなかったりと、バックパック選びで悩まれている方は是非、この機会に「RAMIEL(ラミエル)」を候補のひとつとしてチェックしてみてはいかがだろうか?

商品詳細はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する