黒スウェット コーデ メンズ特集!着こなしのコツから旬な海外着こなし&おすすめアイテムを紹介

Share

春や秋は一枚使いで、冬はインナーとして活躍の場が広く、スウェットアイテムの中でも特に汎用性が高い黒スウェット。今回はそんな黒スウェットを着こなす際のコツと、旬なスナップ&おすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

黒スウェットをコーディネートする際のコツとは?

黒スウェット コーデのコツ①「黒のワントーンやモノトーンでクールにまとめる」

スポーティーな雰囲気とリラックス感を醸しつつ、ルックスをクールに引き締める黒スウェットの魅力を最大限に引き出すには、黒のワントーンやモノトーンでまとめるのがお約束。どんなカラーのアイテムとも相性が良いからと言って、黒のポテンシャルを毀損するような色を合わせてはコーデにおけるスタイリッシュさやシックなムードは期待できない。だからこそ、あくまでも黒スウェットを起点としたモノトーンや黒のワンカラーでシンプルにまとめ、スタイリングを底上げするのが常套手段。たとえ仕上がりに単調さやヒネリのなさを感じたとしても、シューズや帽子、マフラーなど小物をハズしのギミックとして差し色的に機能させれば、黒スウェットの持ち味であるリラックス感とクールさはそのままに印象をリフレッシュできるのでご心配なく。

黒スウェット コーデのコツ②「大人っぽくキレイめにまとめるならジャストサイズ、ストリート感覚でルーズにこなすならオーバーサイズをチョイス」

リラックス感を残しつつ大人っぽくキレイめなにまとめるならジャストサイズがおすすめだが、ストリート感覚でルーズにこなすならショルダーをドロップさせたオーバーサイズが断然狙い目。スポーティでラフに着こなせるスウェットならジャストサイズでもニットとの差別化も図れるうえ、しっかりとした生地感でコシがありオーバーサイズやドロップショルダーもより立体的なシルエットを表現しやすい。光を反射することなくすべての色を吸収・遮断し、周囲の色を引き締めて目立たせることのできる後退色の黒スウェットだからこそ、立体感のあるシルエットにこだわることでより積極的に洒落感を獲得できるという寸法だ。

黒スウェット コーデのコツ③「コートやテーラードジャケット、ボタンダウンシャツなどキレイめアイテムとペアリングし部屋着感を払拭」

スウェットの持ち味であるリラックス感が裏目に出ると、部屋着や寝巻きのイメージを想起させ、ともするとだらしなく見えかねないのも周知の事実。いかに黒といえどもグレーに次ぐ定番だけに、スウェット上下のスタイリングやいかにも着古したようなアイテムでは大人っぽさが損なわれコーデも無粋に見えてしまう。そんな部屋着っぽさや野暮ったさを払拭する有力な手立てが、キレイめアイテムとのペアリングだ。とりわけクラシックなオーバーコートやテーラードジャケットなら黒スウェットの上にドレッシーなムードを纏うことで洗練さが加わり、カジュアルなこなし向きのボタンダウンシャツを黒スウェットにインすればスタイリングによそ行き感やきちんと感がもたらされる。もちろんそれらキレイめアイテムとのペアリングにより黒スウェット自体も格上げされ、ネガティブなイメージが解消されることは言うまでもない。

黒スウェットを使った実際のメンズ着こなし事例をチェック!

黒スウェットとボリューミーな防寒パンツの黒コーデにオレンジのニット帽とピンクスニーカーでアクセントをプラス

ドロップショルダーの黒スウェットにボリューミーな防寒パンツの黒コーデ。ビビッドなオレンジが目を引くカーハートのニット帽と淡いベビーピンクのチャンキーソールスニーカーをハズしのギミックとしてアクセントをプラスし、丸みを帯びたシルエットやボテッとしたアイテム使いでキメ感のないナードな雰囲気の着こなしに。裾のドローコーデを絞ってモコモコ感を強調した防寒パンツのシルエットや白のラインを主張させた黒ソックスのチラ見せ、肩掛けしたトートバッグの七色のグラフィックなどヒネリの効かせ方が個性的。

SIR.(サー) 黒スウェット

詳細・購入はこちら

黒スウェットをインナー使いした冬のブラックコーデを赤スニーカーの取り入れでハズしを効かせる

ザノースフェイスの中でもシンプルな黒のダウンジャケットに黒スウェット、色落ち感のあるブラックデニムとディースクエアードのICONキャップを組み合わせ、オールブラックにまとめたコチラの御仁。ビビッドな赤スニーカーを加えることで足元に華やぎを添え、ワントーンの単調さを払拭した着こなしに。ニットよりもラフにこなせるスウェットだからこそ、色落ち感のあるブラックデニムとのペアリングも抜群だ。

Sunspel(サンスペル) 黒スウェット

詳細・購入はこちら

カーハートの黒スウェットと黒ビーニーを組み合わせスタイリッシュな冬コーデのキメ感を解消

裾をくるぶし上にカットオフしたグレーのスリムテーパードジーンズに黒のサイドゴアブーツを合わせたスタイリッシュな下半身に、カーハートの黒スウェットと黒ビーニーをプラス。下半身とは対照的に先を立てたほっこり感のある黒ビーニーと黒スウェットでキメ感を解消しながら、洗練さはそのままにブラキッシュなトーンオントーンに落とし込んだイイ按配のスタイリングに。あくまでもさりげなくポップなアクセントとして機能させたビーニーとスウェットのロゴパッチも見逃せない。

Carhartt WIP(カーハートWIP) 黒スウェット

詳細・購入はこちら

黒スウェットをインサートし黒のワックスドジャケットの武骨さに寄せたカジュアルな冬コーデ

ニットよりもタフ顔でラフなこなしがサマになる黒スウェットと黒のテーパードパンツでコーデの軸を構成し、黒のワックスドジャケットの武骨さに寄せたクールな装い。グリッドデザインを大胆にアレンジしたサッカニーの足元でハズしを効かせ、武骨さが野暮ったさを誘わないようモダンなフィーリングを注入している。ワックスジャケットとスニーカーの存在感が際立つのは、黒スウェットと黒のテーパードパンツが脇役として印象をクールに引き締めているからに他ならない。

CHAMPION(チャンピョン) 黒スウェット

詳細・購入はこちら

黒スウェットとスリムフィットのブラックデニム、黒のスエードサイドゴアブーツでミニマルにまとめたブラックコーデ

黒スウェットとブラックデニム、黒のサイドゴアブーツの合わせをミニマルなスタイリングに落とし込み、それぞれの持ち味であるクールさを際立たせたワントーンコーデ。フィット感のない黒スウェットでそこはかとなくリラックス感を醸しながら、ブラックコーデにありがちなキメ感を感じさせない着こなしに。単調さを払拭しながらコーデにキャラ感をもたらした、中折れハットの取り入れがナイス!

Stone Island(ストーンアイランド) 黒スウェット

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する