ニューバランスの1300はラルフ・ローレンが「雲の上を歩くよう」と絶賛した至高の一足。その5つの魅力とは?

老舗シューズメーカーとして各界の著名人も高く評価するニューバランスだが、中でも有名な逸話がラルフ・ローレン氏が残した「まるで雲の上を歩いているようだ」という表現。これは、ラルフ・ローレン氏がニューバランスの「1300(M1300)」を初めて履いた際に漏らした言葉だ。20年以上も前に発売されたモデルながら、現在でもその履き心地は世界中で根強く支持されている。今回はニューバランスの「1300」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

多くの著名人が愛用するニューバランスの出世作「1300」

ニューバランスには「500」「900」「1000」といったブランドの柱となるシリーズがあるが、M1300は1000番台シリーズの初代モデルとして登場した一足。発売されたのは1985年で、アメリカで130ドル、日本円で3,9000円という当時のランニングシューズとしては類を見ないほどの高額で販売されたことで話題を呼んだ。高価なアイテムでありながら、その履き心地の良さから多くの著名人が愛用。なかでもラルフ・ローレン氏の「まるで雲の上を歩いているようだ」という言葉は広く知られることとなり、ニューバランスが一流ブランドとしての地位を確立する要因の一つとなった。

m1300cl_7

詳細・購入はこちら

ソールユニットには衝撃吸収性と安定性を両立させた「ENCAP(エンキャップ)」のテクノロジーを初めて採用。ランニングシューズらしい機能性や通気性、履き心地などを兼ね備えながら、グリップ力の高いアウトソールでオフロードにも対応する。

2/7GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ