G-SHOCK(Gショック)の価値を決定づけた名機「DW-5900」とは?

Share

堅牢で丈夫なギアとして日本が世界に誇る腕時計といえばカシオの「G-SHOCK(Gショック)」だ。いまでは誰もが知るタフネス時計の代名詞だが、衝撃的なデビューからしばらくは人気がくすぶっていたことを知るのは往年のファンばかりだろう。このG-SHOCKを一躍ファッションアイテム…いや、ギアとして不動の人気を得るに至らしめたのが「5900」シリーズ。ブランド35周年を迎えた2018年には復刻モデルも登場した、その独特のフォルムのモデルにフォーカスして、その魅力とおすすめモデルを紹介!

スポンサーリンク

小型・薄型化への時代に真逆のコンセプトで登場した「G-SHOCK」

G-SHOCKの初代モデルが登場したのは1983年。当時のデジタル時計は薄くて軽い時計が主流であり、技術の高さを誇示するがごとく回路の小型・薄型化へが当たり前の時代だった。そんな時代とは真逆のコンセプトで闘いを挑むべく、“落としても壊れない時計”と書かれた、たった1行の企画書から開発がスタートしたのがG-SHOCKの歴史の始まりだ。

詳細・購入はこちら

“トリプル10”によって発表当時の常識を破ったG-SHOCKの耐衝撃構造

開発段階では「10mの落下衝撃に耐え、10年間の電池寿命と10気圧の防水性能をもつ」という、“トリプル10”の達成を目標に試行錯誤を繰り返した結果、初代G-SHOCK「DW-5000C」が完成。ウレタン樹脂で全面を覆い、エンジンを点で支える中空構造(モジュールに直接衝撃を伝えないようにケース内で浮かせるように配置する技術)を考えだし、現在のG-SHOCKにもコアテクノロジーとして継承される成果を生みだした。さらに20気圧防水も有するなど、当時の常識を覆す高機能時計は「時計=精密機器=衝撃に弱い、水に弱い、すぐに止まる」が当たり前だった時代に発売され、世界中に衝撃を与えたという。

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ