G-SHOCK(Gショック)の価値を決定づけた名機「DW-5900」とは?

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

G-SHOCKを国民的ブランドへと押し上げた「5900シリーズ」とは?

発表時には唯一無二の存在として華々しいデビューを飾り、業界にも衝撃を与えたG-SHOCKだが、市場ではそこそこ話題になるくらいで、スクエアケースの「5000系」派生モデルのリリースが続いた10年近くは人気がくすぶっていた状態だった。そこに大きな転機をもたらしたのが往年のファンにはおなじみの名機「DW-5900C」。G-SHOCKのなかでも通称“三つ目”と呼ばれるモデルの元祖である。

詳細・購入はこちら

日本がバブル景気に浮かれた真っ最中というべき1990年、海外で先行発売された「DW-5900C」は、アメリカ西海岸のスケーターを中心に大ヒット。日本でも紺ブレにチノパンを主体とした“キレカジ”だったり、ライダースジャケットにエンジニアブーツを着用するなどした“渋カジ”といったトレンディなファッションが派生していき、スケーターファッションが一大勢力になる頃だ。「DW-5900C」は、業界人やミュージシャンといった国内のトレンドセッターたちにとっても見逃せないアイテムとなり、彼らが逆輸入し次々に着用することで雑誌やテレビで注目の的に。

詳細・購入はこちら

1992年には日本国内での販売を開始し、前年までブランド全体で約3万本だった国内出荷数は、このモデルの人気のおかげもあってか一気に約15万本を超える国民的ブランドにまで成長したのだった。

3/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ