G-SHOCK(ジーショック)のコラボモデルをジャンル別に厳選紹介!

Share

シンプルなデザインから男ゴコロくすぐるハイスペックなものまで幅広くモデルを展開しているG-SHOCKだが、コラボモデルが多彩なのもその魅力の一つ。ファッションブランドをはじめスポーツやアニメなど、そのコラボアイテムは多岐にわたる。今回は「G-SHOCKのコラボモデル」にフォーカスし、おすすめのアイテムを紹介!

スポンサーリンク

G-SHOCK(ジーショック) × ファッションブランド系コラボレーションモデル

ミラー仕上げのタイドグラフ表示やロンハーマンロゴが上品な印象「G-SHOCK(ジーショック) × Ron Herman コラボモデル DW-5600」

カリフォルニア発のセレクトショップ、ロンハーマンの日本上陸10周年にあたる2019年に製造された特別モデル。G-SHOCKの原点である「DW-5600」をベースとしながら、あえて華美な装飾を抑えシンプルに仕上げられたアイテムだ。サーファーにはマストとも言えるタイドグラフ(潮汐表)を搭載しており、その他にも耐衝撃構造やワールドタイムの時刻表示といったG-SHOCKならではの機能もしっかりと踏襲。フェイス下部にロンハーマンのロゴを白字でさりげなく配置し、裏面には「10th anniversary」とロンハーマンのロゴが刻印されている。

詳細・購入はこちら

ニューエラのカルチャーを文字盤へ反映した「G-SHOCK(ジーショック) × NEW ERA コラボモデル DW-5600NE-1」

こちらはストリートファッションブランド、ニューエラとのコラボレーションモデル。ニューエラは1920年にエルハルド・クックがニューヨーク州バッファローで創業したブランドで、メジャーリーグベースボール唯一の公式選手用キャップオフィシャルサプライヤーでもある。ベースモデルには初代モデルのDNAを色濃く受け継ぐスクエアデザインのDW-5600を採用。1954年に誕生したニューエラを代表するベースボールキャップ「59FIFTY」のサイズステッカーの配色であるブラック×ゴールドを文字盤のデザインへ落とし込んでいる。

詳細・購入はこちら

マットブラックのボディとポップなカラーリングが絶妙な調和「G-SHOCK(ジーショック) × THE HUNDREDS コラボモデル DW-5600HDR-1JR」

ロサンゼルス発のライフスタイルブランド「THE HUNDREDS」とのコラボレーションモデル。ベースモデルにDW-5600を採用し、ベゼルとバンドは徹底的に「黒」にこだわりマットブラックに仕上げている。フェイス部はTHE HUNDREDSを象徴する赤・黄・黒のカラーリングに加え、上部にブランドロゴを配置。バンド上の12時位置にはブランドの重要なキーワード「BLOOD SWEAT & YEARS」を、6時位置にはブランドロゴを刻印している。

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する