セントジェームスの名作バスクシャツ「ウエッソン」が誇る5つの魅力とは?

セントジェームス(SAINT JAMES)のウエッソン(OUESSANT)といえば、不朽の名作とされているバスクシャツ。肉厚なコットンで仕立てれられたオーセンティックな一着は、幅広いコーディネートで重宝する。今回はセントジェームスの「ウエッソン」にフォーカスし、その魅力とおすすめのモデルを紹介!

スポンサーリンク

伝統的な製法で愛用され続ける老舗フレンチブランド「セントジェームス」

セントジェームスは、1889年に誕生したアパレルブランド。フランス北部ノルマンディー地方にあるセントジェームス市で、その町の名を冠して創設された。産業革命後の19世紀の半ば、それまで手仕事であった紡績や染糸業が、当時のセントジェームス市長であったレオン・ルガレ氏によって工業化される。さらにモン・サンミッシェルの干潟の牧草で育った羊からとれる良質な羊毛は、地元の漁師や船乗りたちの大切な仕事着であるマリンセーターを生み出し、実用性を備えた現在のセントジェームスのシャツの原型となった。こういった背景から20世紀に入ってからも事業は急成長し、マリンスポーツやカジュアルウェアを手がけるブランドとして発展。伝統的な手法によるものづくりの精神は変わることなく現在まで引き継がれている。

2068-0005-sale

セントジェームスのアイテムを探す

ちなみにブランドロゴに添えられた「Né de la mer」という言葉は、フランス語で「海から生まれた」という意味。セントジェームスの製品がノルマンディーの海の暮らしから生まれた、自然と共存するものであることを表現している。

セントジェームスのボーダーシャツのルーツ

セントジェームス市があるパス・ノルマンディーは、古くは18世紀からイギリスとの交易が盛んな地だった。荒海を航海する船乗り達にとって、雨風から身を守ってくれる暖かくじょうぶな仕事着は大切な必需品。視界の悪い海上でも見分けがつきやすい赤・青・白のトリコロールやボーダー模様はいつしかボーダーシャツの原型に。セントジェームスの定番シャツである「OUESSANT(ウェッソン)」や「PIRIAC(ピリアック)」はノルマンディー沖の特に波の荒い海域にある島々の名前に由来している。セントジェームスのボーダーシャツが日本に紹介されたのは約40年前。マリンスタイルの先駆的存在であり、ボーダーシャツブームの火つけ役となった。その後も流行に左右されないスタイルと長く愛用できる品質で、男女を問わず幅広い世代に定着。現在ではフレンチテイストのカジュアルアイテムとして、欠かせない存在となっている。

stj01-170829-01-a

セントジェームスのボーダーシャツを探す

セントジェームスが誇る名作バスクシャツ「ウエッソン」とは

ウエッソンは、セントジェームスの代表作といえる一着。バスクシャツとよばれるカットソーで、ノルマンディー地方の漁師やヨットマンたちが着ていた古き良き作業服のスタイルを受け継いでいる。メイドインフランスにこだわっており、常に一定の高い品質を保つよう厳密に管理。本社工場にて糸の選定から紡績、染色、編み、縫製に至るすべての工程が行なわれている。ノルマンディーの海の暮らしから生まれた実用的なデザインとコットン100%の素材は非常に丈夫。誕生以降ほとんどデザインを変えていないことも、改良を加える余地がないほど完成度が高いことを裏づけている。

saint-001_07

セントジェームス「ウエッソン」を探す

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ