ナイキ「エアマックスプラス」はシリーズ屈指の独自デザイン!3つの特徴と現在買えるおすすめモデルを紹介!

1990年代にリリースされたエアマックスといえば、「エアマックス95」や「エアマックス97」「エアマックス90」といった発売年がナンバリングされたモデルが有名だが、「エアマックスプラス」はそれらと肩を並べる人気を誇る名作。独自仕様のチューンドエアソールやプラスチックパーツを張り巡らせたアッパーなど、このモデルならではのディティールに魅了されるファンは多い。今回はナイキの「エアマックスプラス」にフォーカスし、その魅力と定番モデルを紹介!

スポンサーリンク

復刻モデルが今なお絶大な人気を誇るナイキの代表的シリーズ「エアマックス」

ナイキから初代エアマックスが発売されたのは、1987年3月のこと。ソールにエアを注入する技術自体は1970年代後半に「エアテイルウインド」で実証されていたものの、成功を収めたのはエアマックス1がきっかけである。最大の特徴は、外から見えるエア設計の「ビジブルエア」。デザイナーのティンカー・ハットフィールド(TINKER HATFIELD)は、パリにあるポンピドゥーセンターの”外から中の構造がみえている”という建築デザインからインスピレーションを受けてビジブルエアを完成させた。エアを履き心地のためだけでなく、視覚でも楽しめるというアプローチで生み出されたエアマックスは、スポーツ市場はもちろんストリートも席巻。エアマックス95では前足部にもビジブルエアが搭載され、日本でも「エアマックス狩り」などの社会問題を起こすほど爆発的な人気を誇った。

ナイキエアマックスシリーズ

1997年にはフルレングスビジブルエアを備えるエアマックス97が、その翌年にはチューンドエアという新技術を搭載したエアマックスプラスが投入され、エアマックスシリーズはハイテクスニーカーブームを牽引する存在に。現在でも90年代のエアマックスシリーズはリメイクモデルがコンスタントにリリースされており、スニーカーファンから根強い支持を獲得している。

独創的なデザインが高評価の隠れた名作「エアマックスプラス」

エアマックスプラスは、1998年にリリースされたモデル。発売当初は米国の大手スポーツショップ「フットロッカー(FOOT LOCKER)」限定でリリースされ、その後フットロッカー以外でも販売されるようになったことで日本でも人気に火がついた。フルレングス・ビジブルエアを搭載したエアマックス98と同年に発売されたエアマックスプラスだが、ビジブルエアに関してはエアマックス95のような前後にわかれたものを採用している。このモデルならではの特徴として、エア部分に樹脂製の半球状クッション材を組み合わせたチューンドエアを搭載。さらにメッシュ製のアッパーはプラスチックパーツで覆われており、斬新なデザインで時代を牽引してきたエアマックスシリーズのなかでも、ひときわ存在感を放つデザインとなっている。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

90年代のエアマックスのなかではエアマックス95やエアマックス97が一般的には知名度が高いが、エアマックスプラスはスニーカーフリークに愛されてきた隠れた名品。日本では「マップラ」の愛称でも呼ばれていた。近年ではその独創的なデザインを活かしたカラーリングのモデルや、ヴェイパーマックスのエアユニットを搭載したモデルなども展開。ストリートでの注目度を高めている。

エアマックスプラスの注目すべき3つの特徴

エアマックスプラスの特徴①「耐衝撃性に優れたTuned Air(チューンドエア)」

エアマックスプラスが、他のエアマックスシリーズと異なる最大の特徴がエアクッショニングの部分。このモデルでは「Tuned Air(チューンドエア)」と呼ばれるクッショニングシステムを採用している。チューンドエアは、エアの中に半球状のプラスチック樹脂材を重ね合わせて配置させたもの。この半球帯がサスペンションの役割を果たし、安定性を得るとともに着地時の衝撃を緩和する。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

ビジブルエアは、ヒールのカーブを覆うエアマックス93のような配置。さらに前足部にもビジブルエアを設けている点は、エアマックス95のスタイルを踏襲している。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

エアマックスプラスの特徴②「海に沈む夕日とヤシの木から着想を得てデザインされたアッパー」

エアマックスプラスの独創性は、チューンドエアのみにとどまらない。アッパーのデザインもエアマックスにはない独自の路線を貫いている。通気性の高いメッシュアッパーをベースに、ラバーによるギザギザ状のラインを配置。このラバーパーツはパームツリー(ヤシの木)をモチーフにしたもの。見た目のインパクトだけでなく、まさにパームツリーの根のように足を固定し、足の横ブレを防いでフィット感を高める役割を兼ね備えている。1998年発売のオリジナルモデルでは鮮やかなオレンジカラーが採用されていた。当時製作を担当したデザイナーのショーン・マクドウェルによると、この大胆なスタイルは海に沈む夕日をイメージしたものとのこと。「ある日の夕暮れに、真っ青な空がダークブルーに変化し、パームツリーが風で揺れている様子を見たんだ」とショーンは語る。フロリダのビーチで描かれた一枚のスケッチからエアマックスプラス誕生したのだ。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

スウッシュは90年代当時のエアマックスらしく、小さなロゴを採用している。ヒールに描かれた”Tn”の文字は”Tuned Air”をあらわすロゴ。このロゴがあしらわれているのもエアマックスプラスならではの特徴だ。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

エアマックスプラスの特徴③「独創的なデザインとハイパフォーマンスを両立するアウトソール」

アウトソールのデザインにも独自のこだわりが。中央部分はアッパー同様パームツリーを模したディティールに、Tnロゴを配置。ヒール部分にはビジブルエアを連想させるクリアな窓を配している。4つ並べられた半球体のディティールはチューンドエアを採用しているこのモデルならではだ。デザイン性だけでなく、ランニングシューズとしてハイレベルなパフォーマンスを発揮するためのトレッドパターンも流石。優れたグリップ力で安定した歩行やランを可能とする。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

地面との接地面が前後に分かれた「セパレートソール」になっているのもポイント。スニーカーのソールはフラットなものが多いが、エアマックスプラスでは中央部分に隙間が設けられている。このセパレートソールによって、分厚いながらもスタイリッシュな雰囲気を演出しているのだ。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

現在購入可能なエアマックスプラスのおすすめモデルを紹介

エアマックスプラスは発売から20年以上が経つ今なお、新カラーや特別モデルなどが頻繁にリリースされている。ここからは、現在買えるエアマックスプラスのおすすめモデルを紹介!

夕日を思わせるオレンジグラデーションが美しい「エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED」

発売当時のオリジナルカラーをベースに再構築した一足。オレンジのグラデーションアッパーは、デザイナーのショーン・マクドウェルがフロリダの暮れゆくビーチの空をイメージしてカラーリングしたもの。オリジナルモデルからミッドソールをブラック、シューレースとスウッシュをホワイトカラーへと変更。樹脂パーツも含めた全体のカラー構成が虎に見えることから、”Tiger(タイガー)”の名でも知られる。

エアマックスプラス BLACK/WHITE-PURE PLATINUM-HABANERO RED

詳細・購入はこちら

ネオンカラーで彩られたパームツリーやスウッシュが印象的「エアマックスプラス BLACK/VOLT-DARK GREY-WHITE」

ブラックをベースとしたアッパーに、エアマックス95でも人気を博したボルトカラーを配したモデル。メッシュ部分ではなく、パームツリーを模した樹脂パーツをグラデーションで仕上げているのがポイントだ。スウッシュやアウトソール、ビジブルエアも蛍光色鮮やかなボルトでカラーリングしている。

エアマックスプラス BLACK/VOLT-DARK GREY-WHITE

詳細・購入はこちら

クールなモノクロスタイルに差し込まれたボルトカラーが技アリ「エアマックスプラス プレミアム BLACK/MATTE SILVER-VOLT-WOLF GREY」

通常なら樹脂パーツで構成されるパームツリーのディティールを、ステッチとパーフォレーションによって表現したプレミアムモデル。トゥには光沢感のあるレザーパーツを、サイトにはマットシルバーのスウッシュを配置している。アウトソールのプラスチックパーツやビジブルエア内部をボルトカラーで仕上げ、トレンド感溢れるスタイルに。

エアマックスプラス プレミアム BLACK/MATTE SILVER-VOLT-WOLF GREY

詳細・購入はこちら

スプレーを吹き付けた独創デザインが思わず目を引く「エアマックスプラス TN SE HYPER CRIMSON/DARK GREY-BLACK-WHITE」

一見するとエアマックスプラスとは気づかないようなデザインの一足。象徴的なディティールであるパームツリーの樹脂パーツを完全に撤廃し、ホワイトのアッパーに大振りなスウッシュを大胆に配置している。上からオレンジのスプレーを吹き付けたようなデザインが斬新。オレンジからホワイトへの色の変化はまさにエアマックスプラスらしい表現だ。セパレートソールの中央部分のオレンジグラデーションともリンクする。

エアマックスプラス TN SE HYPER CRIMSON/DARK GREY-BLACK-WHITE

詳細・購入はこちら

Tnロゴをアッパー全体に配置した斬新なデザインに注目「エアマックスプラス QS BLACK/BLACK-WHITE」

エアマックスプラスの象徴であるチューンドエア(Tn Air)へのリスペクトを表し、アッパー全体にTnのロゴパターンをあしらったモデル。ブラックを基調にミッドフットセクションにはホワイトカラーを、そしてアウトソールには鮮やかなイエローを配置。さらにビジブルエア内部の半球体をレッドで彩ることで、全体のカラーリングもTnロゴをあらわしている。他のエアマックスプラスとはひと味違った主張の強い一足だ。

エアマックスプラス QS BLACK/BLACK-WHITE

詳細・購入はこちら

ド派手なイエローアッパーがストリートで視線を集める「エアマックスプラス “Frequency Pack” Tour Yellow/White/Black」

“Frequency Pack”は、Playboi Carti(プレイボーイ・カルティ)と老舗スニーカーショップの「Foot Locker」のコラボレーションによって誕生したシリーズ。Playboi Cartiはルイ・ヴィトンのランウェイモデルにも起用されるなどファッションシーンから熱い注目を集める若手ヒップホップアーティストの一人だ。鮮やかなイエローとブラックで構成されたエアマックスプラスは、ヒール側の樹脂パーツがまるで炎のような雰囲気を醸し出す。サイドに差し込まれたホワイトのスウッシュが絶妙なバランス感を演出。

エアマックスプラス “Frequency Pack” Tour Yellow/White/Black

詳細・購入はこちら

シリーズのなかでも屈指の人気を誇る2モデルが融合「エアマックスプラス 97」

1997年に発売され、その近未来的なデザインから”サイバーマックス”の異名を持つエアマックス97。デザイナーのクリスチャン・トレッサーが手がけた流れるように波打つデザインのアッパーに、エアマックスプラスのチューンドエアを搭載させたのがこのモデルだ。フルレングスビジブルエアを備えるオリジナルの97よりもサイバー感はやわらいだ印象。ウエストの絞ったセパレートソールによって、スタイリッシュな雰囲気を醸し出す。

エアマックスプラス/97

詳細・購入はこちら

革新的なエアソールを搭載させたハイブリッドモデル「エアヴェイパーマックス プラス」

「AIR VAPORMAX(エアヴェイパーマックス)」は、日本人デザイナーの南哲也氏によって2017年に誕生したモデル。アウトソール全体をエアユニットにすることで、独創性を発揮するとともに快適な履き心地を実現している。そのソールユニットに、エアマックスプラスのアッパーを組み合わせたのがAIR VAPORMAX PLUS(エアヴェイパーマックス プラス)だ。軽量性に優れた最新のヴェイパーマックスのエアユニットは、エアマックスプラスの型破りなスタイルと相性抜群。通常モデルのアッパーと異なり、ネオプレン製のファブリックにデボス加工を施し、厚めのケージを使用している。さらに通常とは異なる部分にスウッシュロゴを配置しているほか、「Tn air(チューンド エア)」ロゴに似せたデザインの「Vm air(ヴェイパーマックス エア)」をカカト部分にあしらうなど、随所にこだわりが見られる。

エアヴェイパーマックス プラス

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ