ヒートテックだけじゃない!暖かいインナー10選

暖かいインナーメンズ

寒がりにとって秋冬は辛い季節。ついつい重ね着に頼ってしまいがちですが、着膨れしてしまったりと見た目を損なってしまうことも..そんな男性にとって強い味方になるのがヒートテックに代表される防寒性能を備えたインナーです。ヒートテック以外にも各社から暖かいインナーがリリースされていますので特徴や価格帯を紹介していきたいと思います。気温や着こなしなど利用シーンや予算に応じて選ぶ楽しさがあります。

スポンサーリンク

ユニクロ ヒートテック ¥1,069〜

ヒートテック特徴

防寒インナーの代名詞と言っても過言ではないのが、ユニクロのヒートテック。昨年まではレディース商品にしか採用されていなかった、「保湿成分 椿オイル配合」によってソフトでしっとりとした肌触りが体感できるようになりました。さらにレディースヒートテックのみに採用ですが「従来の2/3の細さにしたマイクロ繊維」によってさらになめらかな着心地を実現。衣料をトータルで提供するユニクロらしく、下着シャツだけではなくタイツ、ステテコ、ボクサーブリーフ、ソックス、ニット、フリース、ボトムスなどあらゆる製品にヒートテックを採用しているのでそちらにも注目です。

ユニクロ 極暖ヒートテック (エクストラウォーム) ¥1,393〜¥1,933

極暖ヒートテック

ヒートテックの保温性を1.5倍に高めたのが「極暖」シリーズです。昨年までは長袖しかありませんでしたが、多くの男性ニーズに応えて今年は半袖も登場しています。

ホットコット(ベルメゾン) ¥1,069〜¥2,149

保温性、速乾性、着心地、価格という評価項目にて各メーカーの防寒インナーを評価したMONOQLO誌のランキングで1位を獲得した実績を持ちます。(※2013/12号)綿配合による肌触りのよさと吸湿性、吸湿発熱機能によるあたたかさ、ストレッチ素材によるフィット感の良さが特徴です。

ホットコットベルメゾン

グンゼ ホットマジック ¥1,836〜¥2,808

GUNZEホットマジック

普通の肌着5枚分の暖かさを実現する「凄く暖か」、ふんわり中厚の「柔らか温か」、薄手の「ふんわり暖か」、裏起毛が心地よい「優しい温か」の4種類をラインナップします。着こなしや気温に応じて選べるのが嬉しいですね。

ミズノ ブレスサーモ ¥2,160〜¥8,964

ミズノブレスサーモ

ブレスサーモは「発熱する繊維」、肌から常に発散されている微量な水蒸気を吸収して発熱します。着た瞬間から温かいというのは他のインナーには真似のできないポイントです。着こなしスタイルや気温に応じて5種類のラインナップが揃っています。ヘビーウェイトタイプは厳寒にも対応した本格性能を備えています。

ミズノブレスサーモの仕組みを解説した動画です。

オレのブレスサーモ ¥4,428〜¥4,644

ブレスサーモメンズ

「こだわる男の温かインナー」がコンセプトの特別ラインが「オレのブレスサーモ」。スリムフィットシルエットだけではなく、ローコントラストのハウンドトゥース柄、インパクトあるカモフラージュ柄までラインナップしておりデザイン性も高い仕上がりとなっています。

ミズノインナー

GU WARM ¥770〜¥990

GU WARMユニクロ擁するファーストリテイリング社の手がけるセカンドブランドGUからも防寒インナーがリリースされています。圧倒的な低価格が魅力です。

セブンアンドアイ ボディヒーター ¥990〜¥1290

蒸れ防止性能が向上。2014年モデルに比べて蒸れにくさが3倍以上になっています。

ボディーヒーターセブンアンドアイ

しまむらファイバーヒート ¥980〜¥1,200

しまむらファイバーヒート

体のラインに沿った動きやすいパターン設計とストレッチ性の高い生地特製を活かしたすっきりシルエットが特徴です。

無印良品 ぬくもりインナー ¥1,500

無印良品インナー

綿80%のやさしさで、自然のぬくもり。天然素材のやさしい肌触りは生かしながら、温度調整機能のあるレーヨン糸を編み込みました。初秋から春先まで、3シーズンを快適に過ごせます。

FOLLOW US

Related post