記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

黒コーデに青を入れてモダンに。参考にしたいメンズ着こなしを紹介

Share

黒コーデに青を入れてモダンに。参考にしたいメンズ着こなしを紹介

クールな黒とノーブルな青のコーディネートは、シックで大人っぽい雰囲気を醸し、垢抜けた印象を作るにもポテンシャルを発揮する。今回はそんな「黒青コーデ」をテーマに、スタイリングのポイントと参考となる海外のメンズコーデ、黒青コーデに使いやすい人気ブランドの青アイテムの紹介!

黒青コーデを見栄えよく仕上げるなら、素材と色調のコントラストを効かせるのが常套テクニック

本来色調の近い黒と青は識別しづらく、ファッションにおいては青よりも黒の方がよりドレッシーであるとされており、フォーマルのレベルが混乱しないように一緒に着用することは避けるべきとされてきた。しかし、スタイルミックスがデフォルトとなり着こなしの幅が広がった昨今では、スタイリングに落ち着きをもたらし、大人の余裕を引き出してくれる黒青コーデも定番化。より見栄えが良くスマートなルックに仕上げるなら、テクスチャーとトーンのコントラストを効かせるのが常套テクニックとされている。

ストリートファッションでは、Yeの青黒コーディネートが有名。青黒の2色で全身を綺麗に分けてコントラストを効かせたスタイルは、ギャップとのファーストコラボレーションアイテムを展開していた頃に積極的に取り入れていた。

着こなしポイント①「黒青コーデをスマートにまとめるには、黒をメインに青でアクセントを効かせ、白差しの抜けで良い按配に馴染ませる!」

黒青コーデを待ち馴染みする気張らない印象にまとめたい場合には、黒アイテムをメインに青アイテムでアクセントを効かせ、中和力に長けた白アイテムの抜けで良い按配に馴染ませるのが◎ ニュートラルな白アイテムを差し込むことで黒と青それぞれの持ち味を引き出しながら、ぎこちなさを感じないコーデが完成するだろう。

着こなしポイント②「黒の上下をコーデの軸に、主役に据えた青のアウターを強調」

黒の上下でコーデの軸を構成し色味の異なる主役アウターを際立たせるテクニックは、黒青コーデにも応用可能。インナーとボトムスを収縮色である黒で引き締めクールな印象を担保すれば、主役に据えた青のアウターが強調され、スッキリとしたルックスに。

着こなしポイント③「重ね着や防寒アウターが主力となる冬の青黒コーデは、ボリュームの出やすい上半身を黒で引き締め、ボトムスを青でスッキリ仕上げる」

厚手の服の重ね着や防寒アウターが主力となる冬の黒青コーデ。ボリュームの出やすい上半身を黒で引き締め、ボトムスを青でスッキリ仕上げるのも一興だ。上下で黒と青を振り分けることで、それぞれの色の特徴も際立ち、メリハリの効いたコーデに仕上がる。

黒青コーデの海外ストリートスナップを一気見!理想のメンズコーデを探そう

メンズコーデをもっと見たい方は“OTOKOMAEスナップページ”をチェック!

今回ピックアップした黒青の着こなしをはじめとしたスナップは、OTOKOMAEスナップページで公開中だ。ハッシュタグ機能を使えば、ひとつのアイテムにフォーカスしたスナップをまとめてチェックできる。会員登録すれば、お気に入りのスナップや記事を保存できるため、ぜひ活用して欲しい。

メンズコーデをもっと見たい方は“OTOKOMAEスナップページ”をチェック!

OTOKOMAEスナップページで着こなしをみる

おすすめの青アイテム紹介!

最後にOTOKOMAE編集部が注目ブランドの展示会や有力セレクトショップでのヒヤリング、主要ファッション都市での定点観測から得た情報を元に、読者にオススメしたい「青アイテム」を紹介!

① THE NORTH FACE (ザノースフェイス) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「Nuptse Jacket」

1996年にリリースされたレトロスタイルヌプシジャケットの復刻版のLAPIS BLUEモデル。高品質の700フィルパワーのグースダウンを惜しげもなく使用し、バックパックを背負う事も考えてデザインされた肩の2重構造で、本格的なアウトドアユースはもちろん、タウンユースとしても◎

詳細・購入はこちら

② STONE ISLAND(ストーンアイランド) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「525C4」

薄手の12ゲージで仕上げたメリヤス編みのハイネックニット。鮮やかなブルーニットで、左袖にあしらわれた黒のコンパスロゴバッジがアクセントになっている。

詳細・購入はこちら

③ Supreme(シュプリーム) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「ボックスロゴビーニー」

折り返し部分に配された赤いボックスロゴがインパクトのあるSupremeとNew Eraのコラボビーニー。

詳細・購入はこちら

④ MONCLER(モンクレール) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「MAYA」

モンクレールの定番ダウンジャケット。アイコニックなナイロンラケ素材と鮮やかなブルーの発色がラグジュアリーな存在感を放つ。

詳細・購入はこちら

⑤ Levi’s(リーバイス) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「SILVERTAB™ ルーズフィット STONEWASH」

真っ青なアイテムに抵抗があるという方は、ブルーに色落ちしたデニムをチョイスしてみてはいかがだろうか。こちらは全体的にルーズでゆとりがありながらも、裾に向かって細くなるテーパードのシルエットのバギーデニム。90年代を感じさせるライトカラーに履き込んだかのようなムラのある加工を施し、黒青コーデに骨太感を底上げするのにうってつけ。

詳細・購入はこちら

⑥ BALENCIAGA(バレンシアガ) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「オーバーサイズフーディー」

ブルーのカーリーフリースで仕立てたオーバーサイズフーディー。フロントとバックにTape Typeのロゴを配し、インパクトのあるデストロイドエフェクト&ウォッシュドアウトエフェクトを施したモード感溢れるパーカーだ。

詳細・購入はこちら

⑦ adidas(アディダス) 黒青コーデに使いやすい青アイテム「Backenbauer track pants」

ブランドのキーカラーに採用しているだけあり、青アイテムの展開が豊富なアディダス。発色の良いロイヤルブルーが黒アイテムとのコントラストを際立たせるadidasのベッケンバウアートラックパンツをピックアップ。右サイドにあしらわれた「Italia」のボックスロゴと左サイドの大きめトレフォイルロゴが着こなしにアクセントをプラスする。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する