ホカ オネオネ「ボンダイ(BONDI)」が他のランニングシューズと一線を画す4つの特徴とは?

旬な厚底ソールを備えながら、圧巻の機能性でランナーからの評価も高いホカ オネオネの「ボンダイ(BONDI)」。通気性に優れたメッシュアッパーや車輪のような形状のアウトソールなど、一つひとつのディティールが考え抜かれている。今回はホカ オネオネ「ボンダイ」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

革新的な厚底ランニングシューズで注目を集める「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」

2009年、創業者のジャン・リュック(Jean Luc)氏とニコラス・マーモッド(Nicolas Mermoud)氏によって誕生したホカ オネオネ。「ホカ」の呼び名でもおなじみのホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)というブランド名は、ニュージーランドのマオリ族の言葉で“It is time to fly(さぁ、飛ぼう)”を意味する。楽に下り坂を走れるようなシューズを追い求める創業者の2人が、旅先で訪れたニュージーランドの山頂でシューズの形をひらめいたのが由来だ。

幾度もの試作品を経て開発されたホカ オネオネのシューズは、ハイボリュームのミッドソールとアーチ状のフォルムを備えたまったく新しいもの。足への負担を抑えるクッションソールは、アスファルトはもちろんオフロードでも快適な走りを可能とし、世界中のランナーから支持されることとなった。近年ではその独特のデザインから洒落者たちもこぞって愛用。現在はアメリカのカリフォルニア州サンダバーバラに本社を構え、他にはない革新的なフットウェアを手がけている。

ファッション性と機能性を併せ持つホカ オネオネの名機「ボンダイ(BONDI)」

ボンダイは、ホカ オネオネのラインナップの中でも最も厚底ですぐれたクッション性を誇るシリーズ。もともとはロングディスタンスにも対応するランニングシューズとして開発されたが、ダッドスニーカーのトレンドとマッチしたことからタウンユースとしても広く着用されることとなった。

ファッション性と機能性を併せ持つホカ オネオネの名機「ボンダイ(BONDI)」

詳細・購入はこちら

もちろん見た目だけでなく、ランニングシューズとしての機能性もトップクラスだ。快適で通気性の高い新しいエンジニアードメッシュアッパーに加え、極厚のミッドソールによって膝や腰への負担を大幅に軽減。柔らかく軽量に作られているので、ランナー寿命を縮めることなく長距離走行に使用できる。接地面が広く、車輪のような形状のアウトソールは日常使いでも心地の良い歩行感と安定性を発揮。アスリートからファッショニスタまで高い支持を獲得する注目のシューズだ。

View this post on Instagram

 

HOKA ONE ONEさん(@hokaoneone)がシェアした投稿

ここからはシリーズ最新のボンダイ6(BONDI 6)にフォーカスし、魅力を紹介!

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ