メンズ人気上昇中のウェーブパーマとは?ヘアスタイル事例&ヘアセットのコツを紹介

Share

種類豊富なパーマの中で、イマ人気がグンと高まっているのがウェーブパーマ。今回はそんなウェーブパーマをテーマに、特徴から必要な髪の長さ、パーマの持ち、ヘアスタイル事例まで一挙に紹介していく。

ウェーブパーマとは?

ウェーブパーマとは、毛先にかけてウェーブ状のうねりを作るパーマのこと。髪が波打っているように見えることから「ウェーブヘア」や「波巻きパーマ」とも呼ばれる。通常のパーマは毛束に対して1本のロッドを使い渦状のカールを作るが、ウェーブパーマでは毛束に対して3本ほどのロッドを使い波状のウェーブを作る。いわば特殊なパーマ施術となっている。立体感や束感をカンタンに作れるうえ、ヘア全体のボリューム感も調整しやすい。それに加え、スタイリング剤を馴染ませればヘアセットがすぐキマるのも魅力的だ。

ウェーブパーマを探す

ウェーブパーマは髪の長さが7~10cm以上あればキレイに仕上がる

5cmほど長さがあればウェーブパーマの施術は可能だ。しかし、キレイに仕上げるのであれば7~10cmほどの長さは欲しいところ。もし緩く仕上げたい場合には、やや太めのロッドを使用しなければならないため、10cm以上の長さが必要になるだろう。もし長さは足りないけど緩めのウェーブパーマにしたい場合は、パーマをかけずにヘアアイロンや細めのコテを用いて、内巻きと外巻きを繰り返して作るのもアリだ。

ウェーブパーマは1回の施術でどれぐらい持つ?

髪質にもよるが、ウェーブパーマの持ちの目安はおおよそ1~2ヶ月ほど。緩めであれば1ヶ月から1ヶ月半、強めの場合は1ヶ月半から2ヶ月と言われている。他パーマと比べると少し短めではあるが、その反対に、すぐ別の髪型にチャレンジできるという強みもあるため、短期的にウェーブヘアを楽しみたい方や、頻繁にヘアスタイルを変えたい方、あるいは飽き性の方にはピッタリだろう。

ウェーブパーマを探す

ウェーブパーマはどんな髪型と相性がいい?

ウェーブパーマは、トップに長さとボリュームがあり襟足はタイトに収まった髪型と組み合わせるとバランス良くキマる。というのも、長さやボリュームでメリハリをつけることでウェーブの重なりによる立体感がグッと際立つため。それゆえ、ツーブロックやネープレスを取り入れたマッシュヘアやセンターパートと合わせるのがおすすめだ。

ウェーブパーマを探す

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する