ピンパーマで自然なクセ毛を演出!おすすめのメンズヘアスタイルとスタイリング術を紹介

Share

短いヘアスタイルでもパーマを楽しみたい男性におすすめなのが“ピンパーマ”。ニュアンスパーマの緩さやスパイラルパーマのランダムな動き、ツイストパーマの強いカールまで自在に再現できる多彩なパーマの1種だ。また自然なクセ毛風の仕上がりは、さりげないイメチェンにもピッタリ。今回はそんな「ピンパーマ」をテーマにし、おすすめの旬なヘアスタイルとスタイリングのコツを紹介。

スポンサーリンク

ピンパーマとは?

ピンパーマは髪が濡れている状態でカールの動きが強く出るコールドパーマの一種。ニュアンスパーマやスパイラルパーマ、ツイストパーマと仲間だが、通常のパーマの施術で使用するロッドではなく、ピンを使ってカールを付けていくという決定的な違いがある。他のパーマがロッドに髪を巻き付けて規則的なカールを作るのに対し、ピンパーマは手で巻いたカールをピンでホールドするだけ。そのため規則性がないランダムな動きを出せたり、毛先にだけピンパーマをかけて束感や毛流れを作るにも役立つ。また、ロッドを用いないので髪が短い男性でも施術でき、パーマヘアを楽しめるだろう。

ピンパーマを使ったヘアスタイルを探す

ピンパーマを注文するときの注意点

ピンパーマは他のパーマよりも時間がかかる傾向があるので、時間が気になる方は予約の際にスタイリストに尋ねた方がいいだろう。パーマの持ちに関しては、緩めになるため比較的弱め。あくまでも自然な仕上がりのヘアスタイルに適したパーマなので、動きをしっかりと出したデザイン性が高いヘアスタイルやパーマの持ちを良くしたい方は他のパーマを検討するのが無難だろう。また、短いレングスにも適していると説明したが、最低でも3cm~5cmの髪の長さが必要なことを覚えておいてほしい。

ピンパーマはこんな髪質の方におすすめ!

ピンパーマをかけるのにピッタリな髪質は、直毛や細い軟毛などのスタイリングが崩れやすい髪質。これらの毛質は、毛流れを出してツヤを出しやすいというメリットがあるが、ボリュームを付けにくいというデメリットもある。しかしピンパーマをかけるだけで、根元をふんわりと立ち上げたりカールの動きでボリュームを出せるので、デメリットを改善できるのだ。ヘアアイロンやコテ、ドライヤーの熱でも同じようにボリュームを付けられるが、どうしても手間がかかってしまう。そのため、手軽にスタイリングをしたい方にはピンパーマがおすすめだ。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する