身丈と着丈の違い、知ってる?

Share

服選びで最も重要と言っても過言ではないのが“サイズ感”。オンライン通販においては、そのサイズ感を確かめるために採寸表を見ることも多いと思うが、サイトによっては“身丈”か“着丈”か表記が異なる場合も。どちらも丈を指すものだが、この違い説明できる?

スポンサーリンク

身丈はフロント、着丈はバックから測った服の縦の長さ!

身丈と着丈はどちらも洋服の縦のラインの長さを指す言葉。それゆえに「どっちも同じものでは?」と混同していたり、あるいは「違いが分からない」と思っている方も少なくないだろう。実はそんな両者には明確に違いがあり、正面or背面どちらから測るかで呼び方が変わる。

身丈とは、服を前面から見た時の、サイドネックポイントから裾までの長さを意味している。サイドネックポイントとは、正しくは肩の縫い目と襟ぐりが交わる点のことだが、サイトによっては襟ぐりを含んで測っている場合もあるので注意が必要だ。また、タンクトップなど襟が無いようなアイテムに関しては、身丈=総丈として記載するショップも少なくない。

対して着丈とは、服を背面から見て、バックネックポイント(首の付け根中央)から裾までの長さを示したもの。たとえばTシャツの場合、ボディとリブの縫い目から裾までの長さが着丈となる。メンズ服には、前身頃よりも後ろ身頃を長くしたデザインなども珍しくないため、見て判断することも大事になるだろう。

身丈はフロント、着丈はバックから測った服の縦の長さ!

ちなみに基本的にECサイトに記載されるのは“着丈”であり、実際のところスタンダードなデザインのTシャツやシャツであれば身丈も着丈も数cmの差だけでほとんど変わらない。しかし、デザイン次第では十数cmもの差が生まれることもあるため、サイズ選びを間違えないようにするためにも注意深く見る必要があるだろう。

他のサイズの指標も併せてチェック!↓

お洒落な着こなしを成功させるうえで大切なのが“服のサイズ感”。大きすぎれば小僧っ...
昨今オンライン通販にて洋服を購入することが当たり前となったが、“何となく”でサイ...
コロナの影響などによりオンライン通販で洋服を購入する機会が増えた今、サイズ選びに...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する