イタリア洒落者の常套テク!メッシュベルトのこなれた結び方はこの2パターンでキマり

Share

ウエストの調整がラクで、編み込みの表情が着こなしにこなれたアクセントをプラスするメッシュベルト。イタリアの洒落者が実践している、より洒脱な印象を演出する結び方はご存知だろうか。

スポンサーリンク

これでおしゃれ偏差値を簡単に底上げ!「サイドイン」&「タイ&ハング」

どちらもバックルをとめる工程までは同じで、その後のアレンジが重要。「サイドイン」はベルトの内側に通すことでさりげないこなれ感を。「タイ&ハグ」は結び目のようなアレンジによって、より洒脱なムードを演出できる。詳細は下記の動画をチェック!

今回使用したベルトはこれ!「GENTLEMAN PROJECTS(ジェントルマン プロジェクト) TRENZADO」

メッシュベルトの結び方でアレンジを取り入れるなら、ウエストを固定する以上の十分な長さが必要だ。今回使用したベルトは、一般的なメッシュベルトの115cmはもちろん、よりロングな125cmのサイズまで展開されている。特に「タイ&ハング」は長さを必要とするため、アレンジすることを前提でメッシュベルトをお探しなら、こんなアイテムがおすすめだ。上質な本革を日本のベルト職人が丁寧に手作業で編み込んでいるため、使い込むごとに艶が出て、柔らかくなる経年変化も楽しめる。

詳細・購入はこちら

【関連記事】メッシュベルト メンズ コーデ特集!こなれた腰元を演出したシャレ者達の着こなし&アイテムを紹介

その編み込まれたデザインによってデコラティブな腰元を作り、こなれ感と存在感を一気...

【関連記事】巻き方自在で垂らして見せるのも◎上質で色気あるレザーメッシュベルトでメンズコーデを格上げしよう!

腰元にアクセントをプラスするファッション性も備えるメッシュベルトといえば、巻き方...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する