ハンドメイドシャツの雄、ルイジボレッリの魅力とは?

ルイジボレッリといえば、ハンドメイドをいち早くシャツに取り入れたイタリアが誇る老舗カミチェリア(※イタリア語でシャツメーカーの意味)だ。シルエットの美しさに加え、運動量を考慮した柔らかな風合いのナポリ仕立てシャツは、一度袖を通せば虜になる男性も多い。今回はそんな”ルイジボレッリ”の魅力や注目アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ルイジボレッリとは?

イタリアはナポリを拠点として活動する老舗カミチェリア「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)」。1957年に創業し、平面的で硬い縫製のシャツが一般的だった時代に、人体を徹底的に研究し、手仕事を取り入れることで最高峰の着心地と言われるシャツを生産。ルイジボレッリの仕立てたシャツは、世界最高と称されており、現在もナポリシャツの代名詞として世界中で愛されている。

 

ルイジボレッリの歴史は創業前から始まっていた

ルイジボレッリの歴史は長く、1957年に創業したと言われているが、実はその50余年前に存在したひとりの女性からルイジボレッリの歴史が始まっている。その女性とは、創業者ルイジボレッリ氏の母であるアンナ氏だ。1904年、アンナ氏はヴェスヴィオの麓、サンセバスティアーノの自宅で、近隣の人たちのためにシャツの仕立てをはじめている。アンナ氏の仕立てるシャツは瞬く間に評判となり、ナポリの伊達男たちが好んで着用するように。その後、アトリエを構え、本格的にシャツメーカーとしての道を歩むことになっていくのである。

アンナ氏が実際に使用していたミシン

ルイジボレッリの受け継がれる伝統と発展

1980年、ルイジボレッリ氏のひとり息子であるファビオ氏が経営に参加。ファビオ氏は、世界でもっとも有名になったシャツに加えて、首元に合わせるネクタイの生産をスタートさせている。2001年からは、シャツの仕立てで培ったノウハウを活かし、上質な着心地と最高のクオリティを追求した「スーツ」「ジャケット」「ボトムス」「ニットウェア」等の生産に着手。トータルラグジュアリーブランドとしてブランドを展開させている。現在は、ナポリから始まり、ローマ、ミラノ、ニューヨーク、東京へと世界にブランドを展開し続けている。

ルイジボレッリのシャツ仕様にフォーカス

ルイジボレッリが手がけるナポリシャツは、どのようにソフトで上質な風合いを実現させているのか?シャツの仕様にフォーカスして魅力を紹介!

ルイジボレッリ シャツ仕様の魅力 1「人体を徹底研究した立体裁断」

ルイジボレッリのシャツは「着たときに一番リラックスしてもらえるようなシャツ」をコンセプトに、人体を徹底的に研究し、生地の特性に合わせてパーツを立体的に裁断している。立体裁断によるしなやかに身体にフィットする型紙と伝統的な手縫いの柔らかな仕立てが相まって、最高峰の着心地が実現しているのだ。

ルイジボレッリ シャツ仕様の魅力 2「イタリア三大シャツ生地を使用」

シャツに使用される生地にも、もちろんこだわりを持つのがルイジボレッリだ。イタリア三大シャツ生地ブランドのひとつであり、イタリアでその名を知らないものは居ないほどの大規模な経営を行うALBINI(アルビニ)社のエクスクルーシブファブリック(Thomas Mason/David & John Anderson)を使用している。繊細かつエレガントな生地は、美しい見た目に加え、第二の皮膚のようにやさしく肌に触れる快適さを実現。

ルイジボレッリ シャツ仕様の魅力 3「随所に施された手縫い仕様」

現在は、一般的にミシンによる縫製で仕立てられる硬い印象のシャツが多い。一方、ルイジボレッリのシャツは随所に手縫いを取り入れることにより、ナポリ特有のソフトな仕立てを実現している。例えば、運動量を多く必要とするアームホールには、ナポリ特有の袖山に「雨ふらし/マニカカミーチャ」を採用し、更に手縫いで糸調子を調整することにより、腕の運動性を確保しながらもスマートなシルエットに仕上げている。

他には、衿付け、ヨーク、ボタン付け、ボタンホール、ガゼッド、前立てなど、シャツのポイントとなる重要ディテールは全て手縫いを採用。剣ボロの開閉で負荷が掛かる部位には、手縫いによるカンヌキ止めを行い、ソフトでありながら耐久性の高い頑丈なシャツに仕上げている。

ルイジボレッリの代表するシャツ襟3型

ナポリを代表するルイジボレッリが展開するシャツの襟には、代表的デザインが3型存在している。それぞれの特徴にフォーカスして魅力を紹介!

ルイジボレッリの襟型 1「LUCIANO(ルチアーノ)」

「世界でもっとも美しいセミワイドカラーシャツ」と謳われる襟型「LUCIANO(ルチアーノ)」。服飾評論家、故・落合正勝氏も愛用していたルイジボレッリの代表的な襟型だ。ナポリシャツの特徴でもある衿腰が高めに設計されたデザインだが、衿羽根は上着のラペルから跳ねず、ノットの収まりが良い前台衿のコンビネーションが計算され尽くしたドレスシャツの黄金比を演出している。

ルイジボレッリの襟型 2「GABLE(ゲーブル)」

ナポリ流ボタンダウンシャツの最高傑作と謳われたVALERIO(ヴァレリオ)の後継モデル「GABLE(ゲーブル)」。ヴァレリオよりも衿羽根を短く、衿腰を低く、衿羽根の開きを大きくすることによって、現代的なシルエットにアップデートされている。薄くてやわらかいフラシ芯によって生み出される、猫の足のような美しい衿羽根ロールが特徴だ。色気と艶のあるイタリアスタイルのボタンダウンシャツであるため、カジュアルはもちろん、タイドアップしたスーツスタイルにもフィットしオンオフ問わず活躍を期待できる。

ルイジボレッリの襟型 3「NA35(エヌエー35)」

現当主であるファビオ・ボレッリ氏が一押しするホリゾンタルカラーの「NA35(エヌエー35)」。ルイジボレッリが展開しているホリゾンタルカラーの定番「SASA」よりも衿羽根の開く角度が大きく、よりモダンで、セクシーな印象のデザインが特徴だ。高めの衿腰、ノットの収まりが良い前台衿は大前提、オンオフを問わずに着用できるバランス良いデザインが注目を集めている。ノーネクタイでもサマになる設計になっている点にも注目したい。

ルイジボレッリが展開するライン紹介

ルイジボレッリのライン 1「ROYAL Collection」

150番手以上のきめ細やかな品のある生地で作られたルイジボレッリの最高級コレクション。他にも、エクスクルーシブな生地を使ったネクタイやアウターも展開している。

ルイジボレッリのライン 2「Main Line」

ルイジボレッリの核となるコレクションが「Main Line」だ。ドレスシャツをはじめ、アウター、ボトムスなど、ほとんどのアイテムが同コレクションに属している。

ルイジボレッリのライン 3「Washed Line」

ルイジボレッリのカジュアルラインである「Washed Line」。このラインもドレスシャツ同様に6箇所に手縫い仕様が施されている。主にチェックシャツ、デニムシャツ、ネルシャツなど、洗いがかけられた現代的なシャツを展開。

ルイジボレッリは他アイテムにも手作業の仕様あり

ナポリシャツの代名詞として知られるルイジボレッリだが、シャツ以外のアイテムにもこだわりを感じさせる。注目したいアイテムをピックアップ!

ルイジボレッリの注目アイテム「ネクタイ」

例えばネクタイには、通常では行わない縦に置いた状態で真ん中を手縫いする独特の縫製により、ルイジボレッリにしか表現出来ない独特な風合いと質の高さを実現。快適な締めやすさに加え、生地へのこだわりもルイジボレッリの特徴の一つだ。鮮やかな色柄とトレンドを抑えたデザインが人気を集めている。

ルイジボレッリの注目アイテム「トラウザーズ」

ルイジボレッリが手掛けるトラウザーズは、専業ブランドの品にも見劣りしないクオリティだ。伝統的なナポリスーツのパンツに見られる仕様の「腰裏プリーツ(マーベルトプリーツ)」を採用するなど、快適な穿き心地を実現するために手間を惜しまず作り込まれている。ジーンズには、最高品質を誇る倉敷紡績社製のジャパンデニムを使用。現当主であるファビオ・ボレッリ氏の、「身体を美しく魅せる」というこだわりを反映させたラテンの色気あるシルエットを表現している。

ルイジボレッリの注目アイテム「テーラードジャケット」

ルイジボレッリのテーラードジャケットには、あくまで「シャツ&タイメーカー」としてのアイデンティティが随所に落とし込まれている。昨今のクラシック回帰トレンドを反映させた構築的な肩周りディテールなど程よくトレンドをふまえたデザインだけでなく、ルイジボレッリのシャツやタイを合わせたときに両者がしっかりと目立つようなデザイン設計が特徴である。例えばイザイアやベルベストのテーラードジャケットと比較するとVゾーンを広めに設計しシャツとタイの存在感をキープする工夫が施されている。3Bの段返りジャケットは、第2ボタンが上下中心に来るように設計してVゾーンが半分ほど開くようデザインされている。

ルイジボレッリの「ス・ミズーラ」とは

旗艦店で行われる、シャツのオーダーメイドサービスだ。このサービスは常設されており、数百種類もの豊富なバリエーションの中から生地、衿型、前立て、カフなどの基本的なディテールを選択可能。その後、ルイジボレッリの熟練スタッフがメジャーを使用した採寸によって、体型のクセを見抜き、ジャストフィットが得られる最高のシャツを作り上げてくれる。クレリック、ダブルカフ、マニカカミーチャなど、特別仕様のオプションも対応。時間を掛けて丁寧に注文に対応してくれるため、こだわりのある方から初心者にも安心なサービスだ。

ルイジボレッリが行うボタンサービス

ルイジボレッリが手がけるシャツの大切な要素である、虹色に輝くシェルボタン。美しい魅力的な見た目の長所がある反面、長い使用による破損、欠けたり割れたりしてしまう短所も存在する。上記の短所に対応するため、ルイジボレッリ東京店では、シャツを購入した顧客に対してボタンの無料交換を行っている。また、ボタンの止め方はオリジナル同様、鳥足付けの丈夫な仕上げだ。

知る人ぞ知るルイジボレッリのシルエット区分

ルイジボレッリのシャツには、シルエット区分があることは意外に知られていない事実だ。種類はスリムタイプのSNフィット、レギュラータイプのEVフィット、ルーズタイプのDRフィットの3つだ。同じモデル名であっても販売店によってフィットが異なるため、ぜひおさえておきたいポイントである。しかしながら、シャツ自体、そしてタグにも表記されていないため自分にベストフィットするルイジボレッリのシャツを選ぶには、可能な限り実際に試着したり、店舗スタッフに問い合わせるのがベストだ。

ルイジボレッリの注目アイテム紹介

ルイジボレッリの注目アイテム「ドレスシャツ」

ナポリシャツの代名詞と言われるほどのクオリティを誇るルイジボレッリのドレスシャツは、おさえておきたいアイテムの一つだ。アームホールや襟付けの細やかなディテールに手縫いを用いた仕様は、オンスタイルでの長時間の使用にも快適な着心地を実現してくれる。

詳細・購入はこちら

ルイジボレッリの注目アイテム「ネクタイ」

トレンドの柄デザインと、ルイジボレッリ独自の縫製技術を駆使して生産されたネクタイ。ネクタイを「横」あるいは「斜め」に置いて縫い上げていくのが一般的だが、ルイジボレッリの場合、ネクタイを「縦」に置き、真ん中を縫い上げているため、他にはない他にはない快適な締め心地が実現される。

詳細・購入はこちら

ルイジボレッリの注目アイテム「ジャケット」

ジャケットよりも縫製が難しいとも言われるシャツを手がけてきたカミチェリアだからこそ、シャツメーカーのノウハウを活かして仕立てられたジャケットに注目したい。高品質のジャケットに用いられるフル毛芯仕立てのジャケットは、手作業の技術が凝縮された芸術作品といっても過言ではない。効率的に機械を用いた新生レギュラーラインが人気を集めている。

詳細・購入はこちら

ルイジボレッリの注目アイテム「トラウザーズ」

細く、美しく、色気のあるシルエットのボトムスには、究極のナルシストとして知られているファビオ氏の「美しく見せる」という価値観が反映されている。厳選された生地選びと、本格仕様のトラウザーズを踏襲したこだわりの仕様は、専業ブランドに見劣らない高品質を誇る。

詳細・購入はこちら

ルイジボレッリの注目アイテム「カジュアルシャツ(Washed Line)」

昨今ルイジボレッリが力を入れているカジュアルラインの「Washed Line」。ドレスシャツ同様に手縫い仕様が施されているため、メインライン同様、ルイジボレッリの世界観を手軽に味わえる。主にチェックシャツ、デニムシャツ、ネルシャツなど、洗いがかけられた現代的なシャツを展開。

詳細・購入はこちら

ルイジボレッリ 店舗 紹介

ルイジボレッリは、日本の東京にも旗艦店を構えている。ストレスフリーの空間を意識したデザインの店舗は、ルイジボレッリの世界観が見事に表現されている。本場イタリアの最高級シャツを求める方は、東京に住んでいなくとも、一度足を運ぶ価値ありだろう。

住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-15-9
TEL:03-6419-7330
営業時間:12:00~20:00
週末:11:00~19:00 月曜:12:00~19:00
定休日:火曜日

FOLLOW US