タックアウトでも着られる無地シャツ特集

様々な用途やニーズに対応したデザインが各ブランドから展開されている「シャツ」。中でも、タックアウトしても違和感のない着丈バランスに整えられた無地シャツは、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで幅広く活躍を期待できる。今回は「タックアウトでも着れる無地シャツ」にフォーカスして注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ) カッタウェイ リネンウォッシュシャツ

ナポリを代表するシャツブランドと言われて、ルイジボレッリを思い浮かべる方は少なくないだろう。随所に手縫いを採用することでこの上ないソフトな着心地を実現しているブランドだ。洗い加工を加えることでよりソフトな風合いに仕上げたカッタウェイカラーのリネンシャツは、プレスすることによってビジネススタイルでも活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

BARBA(バルバ) ワイドカラーシャツ CULTO LA POLO

バルバ兄弟によって設立されたこのイタリアブランドは、ミシン縫いと手縫いを組み合わせた高いフィット性が魅力だ。そんなバルバから展開されているLA POLOモデルはポロシャツのイメージをシャツの型紙に落とし込んだデザインが特徴。ファブリックに伸縮性の高いジャカード素材を採用してリラックスした着心地を実現している。ポロシャツならではの風合いがミックスされているため、タックアウトスタイルにも違和感なくハマる。

詳細・購入はこちら

GUY ROVER(ギローバー) ワイドカラーシャツ

マシンメイドによる確かな品質と身体を包み込むシルエットが魅力のイタリアブランド。鹿の子素材をいち早くシャツに取り入れたブランドとしても有名だ。着丈を短めに設定したワイドカラーシャツは、滑らかにラウンドした裾のディテールに注目したい。タックインでは裾のはみ出しを防ぎ、タックアウトでは野暮ったい印象を与えない絶妙なバランスに整えられている。

詳細・購入はこちら

CIT LUXURY(チットラグジュアリー) GSPORT

1978年頃にジョルジオ・アルマーニのシャツを手掛けた経歴を持つバグッタのピラーコレクションとして2009年に誕生したブランド。クラシックのセオリーや基本を守りつつ、洗練された雰囲気に仕上げたデザインが特徴だ。そんなミニマルなデザインを採用したコットンシャツにフォーカス。ベーシックな型紙と素材使いはもちろん、タックイン、タックアウトにも対応可能な絶妙な着丈バランスは、幅広いスタイリングで活躍を期待できる。ガジェットにさりげなく施されたアクセントにも注目したい。

詳細・購入はこちら

BORRIELLO(ボリエッロ) ワイドカラーシャツ PASSION

1980年にクレリア・ボリエッロ(CLELIA BORRIELLO)氏によりナポリの近郊で創業したボリエッロ。高級シャツメーカーとしてハイクオリティなオリジナルシャツを展開しながら、数多くの著名ブランドのOEMとして製造を請け負っていることでも有名だ。稀少な生地と独自のパターン、新しいスタイルの追求で、最高級シャツブランドとしての地位を確立した現在も、大量生産ではなく品質にこだわった限られた数量のシャツを作り上げている。こちらのコットンシャツはインディゴ染料を採用することでデニムライクな表情を演出したデザイン。クラシックな襟型のワイドカラーや生地の上質な滑らかさが気品のある雰囲気を漂わせる。

詳細・購入はこちら

YANUK(ヤヌーク) BDデニットシャツ

2003年にデビューしたLA発のデニムブランドから、オリジナルで開発した”デニット”生地の技術を応用して生まれたボタンダウンシャツをピックアップ。デニット特有のニットのような風合いが反映されているため、リラックス感のある着心地を実現している。カジュアルな雰囲気が漂う素材感が昨今のゆとりあるシルエットと絶妙にフィット。

詳細・購入はこちら

AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ) クラシック シャツ

シンプルで洗練されたコレクションが魅力のブランド「AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ・アレクサンドル・マテュッシ) 」。クラシックな型紙や仕様を採用したシャツを紹介。ベーシックな仕上がりながら着丈を短めに設定した絶妙なバランスを構築することでオンオフ問わず使用可能な万能アイテムへと昇華。タックアウトしても収まりの良い滑らかな裾のラウンドシルエットにも注目だ。

詳細・購入はこちら

rag & bone(ラグ & ボーン) STANDARD ISSUE SHIRT

正規のファッション教育を受けていない二人が毎日着たくなるような服を作りたいという一心からスタートしたNYブランド「rag & bone(ラグ & ボーン)」。日本の生地を積極的に取り入れたコレクションは高い人気を集めている。そんなラグ&ボーンからSTANDARD ISSUEシリーズのシャツをピックアップ。ボタンダウンやブラックのパーツを随所に採用したアクセント、ポケットが配されたデザインがタックアウトでカジュアルダウンしたスタイリングによく似合う。

詳細・購入はこちら

giannetto(ジャンネット) シャツ

南イタリアのアンドリア市に拠点を置くシャツブランドがジャンネットだ。30年以上前から続くシャツファクトリーが母体で、南イタリアらしいファミリー企業精神を貫いている。第2・第3ボタンのあいだに設けられた太陽のアイコンなど、イタリア人らしい遊び心に溢れたアイテムが魅力だ。仕立ての良さも高い評価を集めており、ノータイで着用するようなカジュアルシャツも身体を包み込むような上品な仕上がりを実現している。サックスブルーの爽やかなこちらのシャツはダーツやタックなどのデザインをも省いたシンプルな見た目のデザイン。

詳細・購入はこちら

ERMENEGILDO ZEGNA(エルメネジルド・ゼニア) クラシックシャツ

世界で最も美しいファブリックを作るブランドとして有名なブランドといえば「ERMENEGILDO ZEGNA(エルメネジルド・ゼニア)」だ。コットンにポリウレタン素材をミックスすることによって快適な着心地を実現したホワイトシャツをピックアップ。タックインしてドレスアイテムと合わせるのも良し、スウェットパンツとタックアウトで合わせてスポーツテイストをプラスしたミックススタイルに仕上げるのもまた一興だ。

詳細・購入はこちら

FRED PERRY(フレッドペリー) シャツFly Front Shirt

一流テニスプレーヤーとして知られるフレデリック・ジョン・ペリー氏が立ち上げたブランド。イングリッシュヘリテージに上質感と気品のある雰囲気をプラスしたデザインが魅力だ。ウィンブルドンのロゴでもある月桂樹マークをシャツ生地と同様の色味で刺繍した比翼仕立てのシャツをピックアップ。ラウンドした裾のデザインはキープしながら、通常のドレスシャツよりも着丈を5cm程度短めに設定することでタックアウトスタイルにも違和感の無い仕上がりに。

詳細・購入はこちら

BOSS HUGO BOSS(ボス ヒューゴボス) クラシック コットンシャツ

1924年にドイツのファッションデザイナーである Hugo Ferdinand Boss氏が、両親の営んでいた婦人用商店引き継ぎ、”Schneiderei Hugo Boss(仕立て屋ボス)”服飾工場を立ち上げたことが起源のラグジュアリーメンズファッションブランド。クラシックな表情に仕上げたコットンシャツを紹介。細身の前立てデザインとフィッティングがシックな印象を演出。前後差の少ない着丈デザインがタックアウトスタイルにも違和感なくハマる。ブラックパンツと合わせてモードに着こなしたい。

詳細・購入はこちら

PS BY PAUL SMITH(ピーエス バイ ポールスミス) クラシックシャツ

ひねりのあるクラシックをコレクションで提案するポールスミスのディフュージョンライン「PS BY PAUL SMITH(ピーエスバイポールスミス)」からクラシックなコットンシャツをピックアップ。テーラードジャケットと近しい丈感のデザインは、ジャケットスタイルにタックアウトして合わせても違和感なくフィットする。ポールスミスの世界観を手頃な値段で楽しみたい場合、PS BY PAUL SMITHは有力な選択肢になるだろう。

詳細・購入はこちら

SUNSPEL(サンスペル) ピケシャツ

1860年に設立された真正な英国製品を生産する伝統的ブランド「SUNSPEL(サンスペル)」。希少な資源から美しく仕上がった生地を使用し、格別な品質の普段着を生産している。ノッティンガム近郊のロング・イートンを拠点とした自社工場も所有しており、世界基準でも最高レベルのコットンを扱えるブランドとしても有名だ。そんな上質生地を採用したピケシャツをピックアップ。織り柄に表情のある生地感が大人の色気を漂わせる。着丈が短めで、裾が緩やかにラウンドしたシルエットがタックアウトスタイルと好相性。

詳細・購入はこちら

DONDUP(ドンダップ) クラシックシャツ

比翼仕立てのデザインがフォーマルな雰囲気を演出する「DONDUP(ドンダップ)」のシャツ。ステッチの無い小ぶりな襟デザインがフェミニンな表情を与える。生地にはコットンにスパンデックスを3%ミックスした伸縮性の高いマテリアルを採用することで快適な着心地を実現。ドレッシーなディテールがタックアウトスタイルを締まりのある印象に仕上げてくれる。

詳細・購入はこちら

PERIOD FEATURES(ピリオドフィーチャーズ) Hand Woven Khadi

日本人クリエーティブディレクターである津村将勝 氏がデザインするシャツブランド。透け感のある生地の風合いが涼感を加速させるコットンシャツをピックアップ。注目したいのは、直線的にカットされた裾デザインだ。サイドにはスリットを深めに入れてスポーティな雰囲気を漂わせている。

詳細・購入はこちら

ARMANI COLLEZIONI(アルマーニ コレッツォーニ) クラシックシャツ

主にビジネススーツなどドレスアイテムを中心に、GIORGIO ARMANIよりも抑えられた価格帯でアイテムを展開する「ARMANI COLLEZIONI(アルマーニ コレッツォーニ)」。織り柄に表情のあるコットン素材を採用することでスパイスを加えたホワイトシャツ。シンプルなスタイリングにもひねりのある表情を演出できる。タックアウトスタイルでもシャープな印象を与えられるように裾には直線的なカーブのラウンドを表現。

詳細・購入はこちら

GHIRARDELLI(ギラルデッリ) カッタウェイ リネンボイル長袖シャツ

1973年にイタリアで創業した老舗シャツメーカーV&V社が展開するブランド。イタリアらしい色気はそのままに、生産地をルーマニアに移すことでコスト削減を実現している。マシンメイドならではの端正なカッタウェイカラーと日本人に合わせて設計された型紙が魅力的。リネン素材のシャツは、アイロンでシワを伸ばして着用すれば綺麗めな雰囲気に、タックアウトすればイタリアの伊達男によく見られるリゾートスタイルを表現できる。

詳細・購入はこちら

GANT RUGGER(ガント ラガー) DREAMY OXFORD HOBD

アメリカントラディショナルの雄「GANT」のニューラインとして2010年にデビューしたブランド。アメリカンスポーツウエアとして築きあげた豊富な経験と実績のDNAを継承しながら、より洗練されたタウンユースのアイテムを展開している。そんなガントラガーから繊維産業での歴史が深いインドにて生産が行われたボタンダウンシャツを紹介。元々、ポロの競技で衿先が遊ばないようにとボタンのディテールを採用したことが始まりのボタンダウンシャツはアクティブな印象を与えるタックアウトスタイルにも相性◎。ソフトで通気性の高いオックスフォードの生地感にも注目だ。

詳細・購入はこちら

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン) ロゴ刺繍 シャツ

ポニーマークがアイコニックロゴのアメリカを代表するファッションブランド。細やかなブルーのチェック柄を採用することで爽やかさ溢れる雰囲気を演出したデザインをピックアップ。胸元に施されたブルーのポニーロゴがアクセント。アメリカブランドが手掛けるシャツといえばボタンダウンのディテールが有名だが、あえてレギュラーカラーの襟型をチョイスすることによって締まりのある印象に。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

公式 Instagram スナップ