ブーツの定番、ドクターマーチンの魅力とは?

ロック、パンクミュージックのファンはもとより、現在一般層からの支持も高い定番のブーツブランド「ドクターマーチン」にフォーカスして知られざる歴史や魅力を紹介!

スポンサーリンク

ドクターマーチンとは?

1945年にドイツ軍に属していた医師、クラウス・マーチン( Klaus Martin)氏の手によって生まれたブーツブランド。エアークッションの効いた「バウンジングソール」と、靴底を一周するように施されたステッチが印象的なデザインが特徴だ。ドクターマーチン(Doctor Martens)が正式名称だが、Dr.Martens、Doc Martens、Docs、DM’sなどと略されることがある。ドイツ語では「ドクトーアマルティン(Doktor Martens)」という。

ドクター マーチンのブーツglobal

ドクターマーチンを医師であるクラウス・マーチン氏が生み出したきっかけとは?

第二次世界大戦中、ドイツ軍に属した医師であったクラウス・マーチン氏。1945年の休暇中にバイエンル地方のアルプス山脈にて、スキーを楽しんでいる最中に足首に怪我を負ったことが、ドクターマーチン製作のきっかけだったと言われている。彼は怪我を負った足と、軍から支給されたブーツは全く適さないと気づき、怪我から治癒するまでの間、ソフトな革とエアーを充満させた靴底を用いたブーツの改良案を設計した。

クラウス・マーチンクラウス・マーチン氏 dynamite-magazine

マーチン氏が実際にブーツを生産する段階に進むのは、戦争が終戦を迎えた頃だ。ドイツ人による都市からの貴重品略奪が始まったとき、マーチン氏は靴屋の店から革を略奪する。手に入れた革と独自開発したエアークッションソールを組み合わせ、自身の手によってドクターマーチンの原型となるブーツが製作された。

ドクターマーチンの製作風景trendhunter

ドクターマーチンが製品化するまでの経歴

マーチン氏は1947年にドイツのミュンヘンで、大学時代の古い友人であるハーバート・ファンク(Herbert FUNK)氏に再会したことから、事業としてブーツを展開していく。ファンク氏はブーツのデザインに興味を持ち、二人はドイツ空軍の飛行場から廃棄されるゴムタイヤを材料として、ドイツのゼースハウプトで事業を開始。エアークッションによる快適さが売りのブーツは、主婦層の間で人気を呼んだ。事業開始からの10年間、売上の80%は40歳以上の女性が占めていたという。事業は成功し、1952年にはミュンヘンに工場を持つほどまでに成長する。

クラウス・マーチンとハーバート・ファンク

ハーバート・ファンク氏(左)とクラウス・マーチン氏(右) englishenglish

ドクターマーチンのトレードマークの誕生

イギリスのノースハープトンシャーという小さな町で、1901年より家族経営による丈夫な靴を製作することで有名だったBill Griggs氏のシューズメーカーR. Griggs Group Ltd.が存在した。1959年にGriggs氏は、マーチン氏が立ち上げた事業に注目し英国での靴製作の特許権を買い取ったことから、イギリスへの展開が始まる。

ドクターマーチンとr.griggsの店舗 englishenglish

Griggs氏は名称を英国化し、よりブーツが足にしっかりとフィットするようにカカトを細く設計。トレードマークである黄色のステッチを施し、靴底をAirWairとして商標登録した。

ドクターマーチンのイエローステッチmartensolovair

ドクターマーチンはイギリスで大ヒット

イギリスで発表された最初のドクターマーチンは、1960年4月1日。片側8個のシューレースホール、チェリーレッドカラーのナパ革を使用したデザインで発売。当時、郵便屋、警察官、工場労働者などの間で人気を博した。1960年代後半には、黒人運動や反体制の象徴であるスキンヘッズという団体が、ドクターマーチンのブーツに注目する。この影響により、当時の英国ではチェリーレッドのブーツ=ストリートギャングの象徴的スタイルとなった。

ドクターマーチンのブーツを履くスキンヘッズブーツを履くスキンヘッズ brutustrimfit

ドクターマーチンはロックスターにも愛される

1970年中頃、ドクターマーチンのブーツはイギリスのパンクロックスターの間で人気となる。パンクのファンもまたドクターマーチンのブーツを履くようになった。これを機会に、ドクターマーチンのブーツと靴は、若者のサブカルチャーとして人気を集める。ドクターマーチンの名前はアレクセイ・セイルの歌の題名としても使用され、日本でホンダ・シティのCMとして扱われるほどの有名バンド「マッドネス」のCDボックスセット「The Business」のカバーアートにも登場した。

マッドネスのthe business

flickr

ドクターマーチンが2000年代に展開する販売方針

2003年4月1日に、ドクターマーチン社はイギリス国内での生産を中止し、1000を超えるイギリスの職を奪った。それ以降のドクターマーチンの製品は全て「メイド・イン・チャイナ」「メイド・イン・タイランド」となった。この変更に伴い、2001年1月から提供されていたベジタリアン御用達の非皮革製品の生産が終了し、本革のみの商品展開が行われている。

ドクターマーチンmariantonietablog

非革製品の販売中止をきっかけに、ドクターマーチンと同様の非革製品を作っているAirseal lineがベジタリアン御用達のシューズメーカーとなった。また、ドクターマーチンが一般大衆に受け入れられ始めた影響もあり、多くのパンクロッカーやスキンヘッドも、GrindersやGripfast、Rangersといった競合ブーツ生産メーカーへと、ドクターマーチンから関心を移しているようだ。

ドクターマーチンのホワイト社製品とは?

ドクターマーチンには、Air Wair社製とホワイト社製の商品が一時期混在していた。
ホワイト社のドクターマーチンの特徴として、トゥ(つま先)部分の丸みが有り、Air Wair社と競合していた時代もホワイト社の方がやや人気が高かった。しかしその反面、Air Wair社の製品のほうがやや精度が良く、梱包箱が綺麗であった。特にシューズボックスにおいて、ホワイト社はダンボール製の無地の箱で、横に一枚ラベルが貼って有るだけという簡素なものだったようだ。
ホワイト社製のドクターマーチンは1990年代終盤頃に製造中止になった。

ドクターマーチンの製造工程trendhunter

ホワイト社製とAir Wair社製のドクターマーチンの違いとは?

Air Wair社製とホワイト社のドクターマーチンを比較した時の大きな違いとして、
・「ホワイト社の製品はタグが「DrMartens」になっていること」
・「サイドに有るマーチンの刻印が無いこと」
・「トゥ部分の丸みが有ること」
・「紐が丸紐ではなく平紐であること」
・「インソールの刻印のデザインが違う上に文字が金色であること」
・「トレードマークのイエローステッチが使用されていない」
モデルによって誤差はあるが、以上の点がAir Wair社製との特徴的な違いである。ホワイト社製の特徴を参考にしたインソールに刻印のない模造品も出回っている。

ホワイト社製のドクターマーチンホワイト社製のドクターマーチン rakuten

ドクターマーチンの代表的モデル紹介

ドクターマーチンの代表的モデル「3 EYE GIBSON SHOES

3 EYE GIBSON SHOES

 

「1460」のブーツモデル発売の翌年1961年4月1日にデビューし、「1461」と名付けられたドクターマーチンの定番とも言える3ホールシューズ。英国ではかつてポストマンシューズとしても活躍している。トレードマークのイエローステッチが存在感のある一足だ。▶︎「3 EYE GIBSON SHOES」の詳細・購入はこちら

ドクターマーチンの代表的モデル「8 EYE BOOT

8EYE BOOT

1960年4月1日にデビューした日付けにちなんで「1460」と名付けられたドクターマーチンを象徴する8ホールブーツ。スキンヘッズがこのモデルのチェリーレッドカラーを愛用していた。発売から半世紀以上が経過した現在も、世界中で多くの人々に愛され続けている。▶︎8 EYE BOOT 」の詳細・購入はこちら

ドクターマーチンの代表的モデル「サイドゴア チェルシー ブーツ(CHELSEA BOOT)

サイドゴア チェルシー ブーツ(CHELSEA BOOT)

ドクターマーチンが製造した定番のサイドゴアブーツ。ゴア(ゴム布)によってスムーズな着脱を可能にしながら、ドクターマーチンによるクラフツマンシップを感じる堅牢性と、エアークッションによる弾むような履き心地の両方を実現している。▶︎「サイドゴア チェルシー ブーツ(CHELSEA BOOT)」の詳細・購入はこちら

ドクターマーチンの代表的モデル「ペニーローファー(PENNY LOAFER)

ペニーローファー(PENNY LOAFER)

「搾乳場前の牛の待機場所(loafing area)での作業靴」から生まれたと言われているローファー。1960年代から作業靴としてその名をはせていたドクターマーチンが展開するローファーモデルは非常に人気が高いアイテムの一つだ。▶︎ペニーローファー(PENNY LOAFER)」の詳細・購入はこちら

ドクターマーチンの着こなし紹介

設立当初から、作業靴やスキンヘッズ、パンクバンドなどの多種多様なファッションとリンクしてきたドクターマーチン。現在、定番のシューズ、ブーツブランドとしてさらに着こなしの幅が広がっている。中でも参考にしたいドクターマーチンの着こなしを厳選して紹介!

ドクターマーチン×オールブラック

オールブラックで仕上げられたドクターマーチンをメインに、全てブラックアイテムで統一したシックな着こなし。タイトな首回りのタートルネックとブーツの高さに合わせたロールアップがこなれ感のある印象に。

ドクターマーチンとオールブラックの着こなしlookbook

ドクターマーチン×スケータースタイル

チェリーレッドカラーの8 シューホールブーツに合わせたスキニージーンズやユーズド感のあるジャケットを肩に掛けるなど、どこかロックテイストを感じるコーディネート。作業靴としても愛用されてきたドクターマーチンは、ラフな着こなしにも絶妙にフィットする。

ドクターマーチンとスケータースタイルattitudo

ドクターマーチン×タイトシルエットコーデ

3 シューホールのミニマムなデザインのマーチンに合わせた、タイトなシルエットの都会的なスタイリング。モノトーンで配色がシンプルな分、トレードマークのイエローステッチがアクセントとして効いている。

ドクターマーチンとグレーパンツcanvasshoesusa

ドクターマーチン×デニムジャケット

作業靴として愛用されていたドクターマーチンと、作業着に使用されていたデニム生地で製作されたジャケットの相性の良さが発揮されたコーディネート。オールバックのヘアスタイルや、インナーやボトムにブラックアイテムを合わせることで、武骨な表情を演出。

ドクターマーチンとデニムジャケットlookbook

ドクターマーチン×ジャケパンスタイル

ツイード調の素材やジーンズをチョイスするなど、カジュアルテイストの強いジャケパンスタイル。頭と足元にブラックを持ってくることで締まりのあるシックな着こなしに。

ドクターマーチンとジャケパンスタイルfashiongrunge

ドクターマーチン×Pコートスタイル

ドクターマーチンにウール素材のデザイン性のあるネイビーのPコートを合わせたクリーンな印象のスタイリング。ドクターマーチンは軍用ブーツからの発想も得ているため、軍服であったPコートとの相性も◎。

ドクターマーチンとコートlookbook

ドクターマーチン×ワークジャケット

第3ボタンから比翼仕立てになっているデザインの効いたワークジャケットにチェリーレッドカラーのドクターマーチンブーツを合わせた無骨なスタイル。バーバーヘアなどのワイルドテイストが目立つものの、スリムパンツのチョイスで現代的なこなれ感を演出。

ドクターマーチンとワークジャケットrenzoshop

ドクターマーチンは手入れグッズも展開!

本革を使用したドクターマーチンのブーツは世界中で人気なだけあり、購入後のケア用アイテムも展開している。モデルによっては高価格なアイテムも存在するため、手入れの基礎的な知識はおさえておきたいところだ。革靴のシューケアブランドにこだわりたい方はこちらの記事も参考にしてみてはいかがだろうか。▶︎革靴手入れを格上げする信頼のシューケアブランド特集!

Dr.Martens 「ウォータープルーフブーツケアセット」

Dr.Martens ウォータープルーフブーツケアセット

ドクターマーチンのブーツケアに必要なアイテムが揃ったセット商品。▶︎「ウォータープルーフブーツケアセット」の詳細・購入はこちら

ドクターマーチン 店舗紹介

北海道から沖縄まで店舗を展開するドクターマーチン。革にプリントが施されたデザインの効いたものまで数多くのモデルを揃えているので、気になった方は一度足を運んでみることをオススメする。関東の店舗情報を紹介。

DMS GINZA NAMIKI ST.
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-6 第1ナスダ銀座ビル1F
TEL:03-6228-6935
営業時間:11:00~20:00

DMS IKEBUKURO
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-23-9 石丸ビル1F
TEL:03-5953-3626
営業時間:11:00~20:00

DMS IKEBUKURO SUNSHINE St.
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-28-6 パールシティビル1F
TEL:03-5954-3615
営業時間:11:00~20:00

DMS UENO
住所:〒111-0005 東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
TEL:03-3831-3375
営業時間:11:00~20:00
Wednesday of the third week closed(祝日除く)

DR.MARTENS TOKYO SOLAMACHI
住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1番2号 イーストヤード E0328 3F
TEL:03-5637-8070
営業時間:10:00~21:00

DR.MARTENS HARAJUKU
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-28-4 シニック関根ビル
TEL:03-6712-5809
営業時間:12:00~21:00

DMS SHIBUYA
住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-1青柳ビル1F
TEL:03-3770-3651
営業時間:12:00~21:00

DR.MARTENS SHIBUYA-MEIJI ST.
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-1
TEL:03-3499-3992
営業時間:11:00~20:00

DR.MARTENS AOYAMA
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-6
TEL:03-6427-2030
営業時間:12:00~20:00

DMS SHIMOKITAZAWA
住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-30-8 クレセント下北沢1F
TEL:03-3485-3662
営業時間:11:00~20:00

DR.MARTENS MACHIDA
住所:〒194-0013 東京都町田市原町田6-4-1 町田東急ツインズイースト3F
TEL:042-728-2379
営業時間:10:00~21:00

DMS KICHIJOJI
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-1 メイズ2ビル
TEL:0422-21-3630
営業時間:11:00~20:00

FOLLOW US

Related post

banner