ドクターマーチン コーデ メンズ特集!ブランドの歴史・定番モデルから実際の着こなし事例を紹介

Share

イエローステッチが印象的なカジュアルレザーシューズの雄「Dr.Martens(ドクターマーチン)」。ド定番の8ホールブーツ「1460」や3ホールシューズの「1461」をはじめ、ドクターマーチンのシューズを履いた着こなしを紹介!

スポンサーリンク

Dr.Martens(ドクターマーチン)の歴史

ドクターマーチンは、ドイツ軍の軍医として従事していた医師クラウス・マーチン(Klaus Maertens)が1945年に立ち上げたイギリスのシューズブランド。軍の休暇中にバイエルン地方のアルプス山脈にてスキーを楽しんでいる最中に足首を負傷したクラウス・マーチンが、古いタイヤを加工してリハビリ用のエアクッションソールを発明したことをきっかけに誕生した。バウンシングと呼ばれるそのラバーソールは、中に空気を閉じ込めることで歩行中の衝撃を吸収する、弾力のある歩行感が特徴。1960年4月1日に「Air Wair」と名付けられたこのソールを10年の歳月を経て製品化した。そのファーストモデルである8ホールブーツは「ビートルズ」や「ローリング・ストーンズ」といった往年のロックミュージシャンたちに愛されるブーツとして名を広め、現在でもドクターマーチンのアイコンとして人気を博している。

ドクターマーチンのシューズを探す

8ホールブーツに限らず、ドクターマーチンのシューズにはいくつかの定番ディテールが存在する。加圧圧着式グッドイヤーウェルト製法で用いられる「イエローステッチ」や独特の光沢を放つ「ポリッシュドスムースレザー」がその代表例だ。

ドクターマーチン 8ホールブーツ「1460」

【関連記事】Dr.Martens(ドクターマーチン)のおすすめ靴を種類別に紹介!

エアクッションソールを備えたシューズで半世紀以上にわたり愛用され続けているDr....
2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する