ローファーとは?「歴史や起源、4大デザイン別のおすすめモデル27傑」

Share

革靴の人気カテゴリー“ローファー”。意外に知らない誕生の歴史やウンチク、購入前にマストチェックの種類別おすすめモデルを一挙に公開!

スポンサーリンク

ローファーとは?

ローファーとはご存知の通り、靴紐が備わらないデザインの革靴だ。ちなみに “loafer” すなわち “怠け者” の名が示す通り、靴紐を結ぶことなく履けるのが特徴。1920年代に英国王室や貴族階級の室内靴として誕生したルームシューズが、その利便性とデザインの良さから外履き用途で人気を博し、流行したという歴史をもつ。その後、ローファーは大西洋を渡りアメリカに。1936年にシューズブランドのG.H.BASS(ジーエイチバス)が現在も定番的に愛される名作ローファー「Weejuns(ウィージャンズ)」を発売。1950年代にはローファーは東海岸のアイビーリーガーのスタイルを構成するマストアイテムとして大流行、その流れは1960年代には日本にも波及した。

【関連記事】

今ではすっかり革靴の定番として定着しているローファー。その全ての歴史は「G.H....

ローファーはビジネススタイルに合わせるのはOK?

ルーツが室内靴であることもあり、紐靴に比べるとややカジュアルな位置づけだが、アメリカや日本を中心に、近年は欧州でもビジネスシーンで履かれることは一般化している。もちろん冠婚葬祭などフォーマルスタイルが求められる場にはふさわしくないが、ビジネススタイルにあわせるのはほとんどの場合、問題とされることはないだろう。

逆にローファーを「休日に気軽に履ける革靴」としてデニムスタイルやTシャツスタイルなどに合わせるのも◎ 現在ではヨーロッパの名門をはじめ、ほとんどの革靴ブランドがローファーカテゴリのシューズを手がけており、幅広いファッションに取り入れられる革靴として多くの洒落者から支持されている。ちなみにOTOKOMAEでは「ローファーを取り入れた着こなし特集」のほか「ローファーへの靴下の合わせ方」「コインローファー特集」「タッセルローファー買うならマストチェックなブランド7傑」などローファーに関する記事を多数公開しているのであわせてチェックしていただきたい。

2/10GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

内羽根ストレートチップ 定番モデル 特集!選んで間違いなしの銘靴13傑

GOODS

ドクターマーチン(Dr.Martens)が誇る名作ブーツ「1460」のおすすめモデルを紹介

GOODS

Uチップの革靴の魅力や代表的なモデルを紹介

GOODS

クラークス(Clarks)の名品「デザートブーツ」が休日のメンズ靴としておすすめの理由とは?5つの魅力を紹介

GOODS

ジェームズ・ボンドや英元首相も愛用したチャーチの内羽根ウィングチップ「チェットウィンド(CHETWYND)」の6つの魅力を紹介

GOODS

英国の名門サンダース(SANDERS)の魅力がよく表現されている「ローファー」の魅力とは?

GOODS

ショートゴアブーツ おすすめブランド7傑!オン・オフ問わず活躍するモデルを紹介

GOODS

モカシンシューズの代名詞、クラークス(Clarks)の「ワラビー」が愛される理由とは?

GOODS

ジョン ロブ「ロペス(LOPEZ)」。最高峰コインローファーが誇る6の魅力とは?

GOODS

グッチ(GUCCI)のおすすめローファーを紹介!ホースビットやGGロゴなどの象徴ディティールに注目!

GOODS / PR

シューズ売り場の真髄ここに極まれり!阪急メンズ東京の5階に是が非でも行くべき理由とは?

GOODS

Dr.Martens(ドクターマーチン)のおすすめローファーを紹介!象徴的なポリッシュドアッパーやラバーソールに注目

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ