レイヤードコーデ メンズ 特集

レイヤード、すなわち重ね着といえば、メンズファッション定番の着こなしテクニックだ。インナーに合わせるアイテムによって表情が大きく変化することも多い。今回は”レイヤード”にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

レイヤードメンズコーデ「インナーダウン×タイドアップシャツ」

今シーズンも引き続き注目を集めているインナーダウンを使用したレイヤードスタイル。着丈が短めのインナーダウンから、ダブルのテーラードジャケットをレイヤード。ナイロン素材に対してチョイスしたニットタイがメリハリのある印象に。

ASPESI(アスペジ) DOWN VEST

イタリア・ミラノを代表するトータルファッションブランド「ASPESI(アスペジ)」。日本人の体形に合わせて製作されたJAPANFITシリーズのナイロンダウンベスト。フロントはダブルジップでレイヤードも楽しみやすい仕様に。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「ポロコート×タートルネックセーター×ホワイトシャツコーデ」

ネイビーのポロコートに、ネイビージャケット、ネイビータートルネックを着込んで統一感を演出したコーディネート。タートルネックからホワイトシャツの衿をレイヤードしてこなれ感を演出。ボトムはネイビーと相性の良いダークブラウンのカラーをチョイス。

TAGLIATORE(タリアトーレ) ポロコート

イタリア語で裁断士の意味を持つブランド「TAGLIATORE(タリアトーレ)」。ワイドなラペルがインパクトのあるポロコート。ウエストラインより高い位置からシェイプされたデザインが魅力的なシルエットを演出する。

詳細・購入はこちら

gransasso(グランサッソ) 12ゲージタートルネックニット

高級ブランドを多く取り扱う代理店のSDIが新たに仕掛けるニットブランド「GRAN SASSO(グランサッソ)」。12ゲージのというミドルゲージのタートルネックニットなら、ローゲージニットほど武骨でもなく、ハイゲージニットほど繊細ではないためヘビーユース間違いなしだ。

詳細・購入はこちら

DARKNOT(ダークノット) ポプリンセミワイドシャツ

1914年創業のマリネッラが2014年の100周年を記念してデビューさせた「DARKNOT(ダークノット)」。セミワイドの衿ディテールを採用したコットンドレスシャツ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「ミリタリージャケット×ナイロンブルゾンコーデ」

ミリタリージャケットのインナーにナイロンブルゾンを着込んだコーディネート。大胆なホワイトTシャツのレイヤードに注目したい。足元には、レッドとグリーンのアイコニックラインが施されたグッチのホワイトレザースニーカーをチョイス。

PINE (パイン) フィールドジャケット M-65

ミラノコレクションなどで多くのキャリアを積んできたデザイナー 松村正大 氏が2013年に立ち上げたブランド「PINE(パイン)」。高めに設計された立ち襟やライニングにカモフラージュ柄の切り替えを入れたデザイン性の高いフィールドジャケット。

詳細・購入はこちら

GUCCI  スニーカー

赤と緑のアイコニックラインが目を惹くグッチのホワイトレザースニーカー。今期は、随所に刺繍のデザインが施されたモデルが多く展開されている。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「大判ストール×ブラックニット×ブラックTシャツ」

厚手のブラックニットに、似た素材感の大判ストールを首に巻いてモードな雰囲気を漂わせたコーディネート。インナーのレイヤードやグレーパンツのロールアップなど、細かな丈感への気遣いが洒脱な印象に。

Guernsey Woollens(ガンジーウーレンズ) モックネックニット

イギリスとフランスの間にあるガンジー島近辺に伝わる伝統的なセーターブランド「Guernsey Woollens(ガンジーウーレンズ)」。首・肩・裾は船と陸をつなぐハシゴを表現し、肩にあしらわれたガーターステッチは、波や砂浜を表現しているクルーネックセーター。

詳細・購入はこちら

UNITED ARROWS green label(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル)   LONG カットソー

着丈を長めに設計したユナイテッドアローズのロングスリーブカットソー。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「スーツ×ダウンベストスタイル」

グレンチェックスーツの上にダウンベストを羽織ったジャッカ・エ・ジレスタイル。インナーにはさりげなくカーディガンをレイヤードしてカジュアルダウン。オフスタイルに取り入れてみたい着こなしだ。

EMMETI(エンメティ) ダウンベスト

1975年にイタリア、フィレンツェ近郊の町ヴィンチにて、ファーガーメント工房として創業したアウターブランド「EMMETI(エンメティ)」。ボタンの前立てデザインがアクセントになったダウンベスト。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「トレンチコート×デニムジャケット×タートルネック×ホワイトシャツ」

トレンチ、デニムジャケット、タートルネック、シャツの衿付きアイテムをレイヤードしたスタイリング。襟を立てているデニムジャケットとホワイトシャツの間にはタートルネックのワンクッションを入れることで、より立体感のある表情に。

KURO(クロ) Jetta Denim Jacket

2010年より始動した日本のデニムブランド「KURO(クロ)」。ストレッチの効いた生地を使用しているため、ストレスフリーな着心地を実現。胸ポケットのボタンディテールを隠すなどミニマルなデザインに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

Cruciani(クルチアーニ) タートルネックセーター

1966年にイタリアで唯一海に面していない地域のペルージャで創業されたMaglital社の傘下で発表されているニットブランド「Cruciani(クルチアーニ)」。きめ細やかなウールのハイゲージニット。独特なカラーリングが魅力的だ。

詳細・購入はこちら

BORRIELO(ボリエッロ) ドレスシャツ

1980年、Clelia Borriello氏がナポリの近郊バーラで小さなワークショップを設立したことから始まったブランド「BORRIELO(ボリエッロ)」。衿やカフス、アームホールやショルダーなど計8カ所に手仕事を取り入れたソフトな着心地が魅力的だ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「デニムジャケット×ロングTシャツ」

着丈の短さが特徴でもあるデニムジャケットとロング丈Tシャツを合わせたインパクトのあるレイヤードスタイル。ボトムにはブラックスキニージーンズを合わせてスマートなYラインを表現。

AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグシー)  ロング丈 ランダムワッフル Tシャツ

1985年、ロサンゼルスに設立した「AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグシー)」。8部袖丈のワッフルロング丈Tシャツ。ラウンドした裾の形状が様々な着こなしで活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ライダースジャケット×カットソー×ダメージジーンズ」

ハードなダメージが入ったジーンズに武骨なライダースジャケットを合わせたラギッドなスタイリング。インナーのTシャツはロング丈のものをチョイスして大胆にレイヤード。サイドゴアブーツが武骨さを残しながらも着こなしに品のある印象をプラス。

AllSaints(オールセインツ) Jasper leather biker

英国発のレザーブランド「ALLSAINTS(オールセインツ)」。肩周りに蛇腹調のステッチワークが施されたダブルレザーライダースジャケット。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「MA-1×クルーネックスウェット」

MA-1にインスパイアされつつも極限までデザインディテールを省略したMA-1レザージャケットスタイル。ジャケット丈の短さを活かしてして、グレーのロングスウェットシャツをレイヤード。バックパックやニットキャップも含めてモノトーンで統一したNYライクなアーバンスタイルだ。

レイヤードメンズスタイル「キルティングベスト×カーディガン×チェックシャツ」

キルティングのベスト、カーディガン、チェックシャツを組み合わせてレイヤードを楽しんだスタイリング。アウトドアやアメカジスタイルにジャストサイズのスウェットパンツを投入して都会的な印象に。全体のカラーリングを3色で抑えているため、様々なアイテムを使用していながらもまとまりのある雰囲気を演出している。

HUSKY ナイロン キルティング ベスト ジレ

エドナ氏とコロネル・スティーヴ・グリヤス夫妻によって、1960年に創立したイタリアのファッションブランド「HUSKY(ハスキー)」。ブランド定番のキルティングが施されたベスト。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ステンカラーコート×ブルゾン×Tシャツ」

ネイビーのステンカラーコートを基軸にダークトーンで統一したシックなストリートスタイル。インナーのグレーブルゾンをはじめとしたカットソーアイテムのレイヤードによってさりげなく都会的な印象を獲得。ダークトーンの着こなしに、ホワイトTシャツのワンクッションを入れることでモード過ぎない印象に。

HELMUT LANG plain T-shirt

1976年に設立したパリコレブランド「Helmut LANG(ヘルムート ラング)」。丈が少し長めに設計されたコットン製のホワイトTシャツ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「オールブラックスタイル」

ブラック同士で統一感のある着こなしは、丈感に大きな差があるレイヤードもナチュラルな雰囲気に。サイドジップのゴールドが程よいアクセントをプラス。重厚感のあるダークトーン主軸のスタイリングには、足元にクロップドパンツを合わせて軽快な印象を演出したい。

rag & bone BOULDER JACKET

2002年にMarcus Wainwright氏とDavid Neville氏によってスタートしたブランド「rag & bone(ラグ アンド ボーン)」。柔らかい肌触りのオーストラリア産カンガルーレザーを使用したシングルライダースジャケット。

rag & bone BOULDER JACKET

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ブラックブルゾン×ブラックカットソー×ニットキャップ」

レイヤードと差し色を駆使した着こなし。ブラックアイテム同士のレイヤードは、異なる生地感のアイテムを組み合わせると、よりメリハリのある表情を演出できる。ニットキャップのパープルは通常の着こなしにおいて取り入れの難しい部類に入る色味だが、モノトーンスタイルに合わせることによって馴染みの良い雰囲気に。

AMERICAN RAG CIE × AVIREX 別注MA-1ジャケット

AMERICAN RAG CIEから、AVIREXの代表格ヘビーナイロンツイルMA-1を別注したモデルをピックアップ。裏地をビビッドなカラーリングに変更して、よりファッショナブルなデザインに仕上げている。

(アメリカンラグシー)AMERICAN RAG CIE アビレックス AVIREX 別注 リバーシブル MA-1 ジャケット

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「ハイゲージニット×Tシャツ×スウェットパンツ」

上品でエレガントな印象が魅力のハイゲージニットは春のメンズファッション必需品。あえてスウェットパンツをあわせてスポーティーな着こなしに。さりげなくレイヤードさせたTシャツがこなれ感を醸し出すコーディネート。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) ハイゲージニット

1784年英国創業の老舗ニットウェアブランド「ジョンスメドレー」から、シーアイランドコットンの極上の肌触りが魅力のハイゲージニット。特に日本人の体形によりフィットするように別注したこのモデルには要注目だ。

John Smedleyネイビーニットハイゲージ

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「ワントーンコーデにホワイトTシャツをイン」

オリーブカラーのセットアップを着たワントーンコーディネート。モードな印象に偏りがちなワントーンコーデも、ホワイトTシャツのレイヤードでワンクッションを入れることで、これみよがしな印象を与えない。

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド) 41 pieces

古着のリメイクから始まった日本のブランド「N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)」。首周りの形を保持するため、型くずれしない安定性を追求してセレクトされたSZという手法で編まれたリサイクル天竺を使用したコットンTシャツ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ミリタリーブルゾン×ジップアップニット×ホワイトシャツ」

ジップアップデザインの黒ニットに、ハーフ袖丈デザインのミリタリージャケットを羽織った個性溢れるニック・ウースター氏の着こなし。ホワイトシャツのレイヤードや腰から垂らしたドローコードのアイテム使いに注目したい。

MAISON MARGIELA ジップアップ セーター

パリにて絶大な人気を誇り、グランジスタイルの先駆者と言われるコレクションブランド「MAISON MARGIELA(メゾン・マルジェラ)」。ダブルジップディテールが施されたカーディガン。

詳細・購入はこちら

G.INGLESE(ジ イングレーゼ) ボタンダウンオックスフォードシャツ

1955年、現社長Angelo Inglese氏の父とその二人の兄弟三人により、南イタリア・プーリアにてスタートした「G.INGLESE(ジ イングレーゼ)」。計10箇所に手仕事を採用したナポリモデルのボタンダウンシャツ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「スタジャン×チェックシャツコーデ」

モノトーンの都会的な雰囲気漂うスタジャンに、レッドチェックシャツを大胆にレイヤードさせたコーディネート。アンクルパンツから覗かせたソックスもレッドをチョイスして統一感のある着こなしに。足元はダブルモンクストラップシューズをチョイス。

Glanshirt(グランシャツ) レッドチェックシャツ 

INCOTEXやZANONEを傘下に抱えるスローウェアグループに属するシャツブランド「Glanshirt(グランシャツ)」。コットン生地にて仕立てられたレッド×ブルーのチェックシャツ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「MA-1×フーディ×ブラックTシャツ」

レイヤードを楽しむうえで重要なポイントと言える丈感。さりげなく2〜3cm程レイヤードしてこなれ感を演出するのも良いが、時には10cm以上の大胆なレイヤードも取り入れて個性を演出したい。ニット帽、パーカー、Tシャツ、スラックス、シューズをブラックで統一し、グレイッシュなミリタリカラーのMA-1でアクセントをプラスしたコーディネート。ショート丈のフーディから大胆にレイヤードしたブラックTシャツが個性を演出。

MSGM スウェットパーカー

ミラノ発の新進ブランド「MSGM(エム・エス・ジー・エム)」。ショート丈にカットオフした着丈が印象的なブラックフーディ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズスタイル「ブルゾン×ハイゲージニット×カットソー」

オフホワイトカラーのブルゾン、ハイゲージニットとカットソーのレイヤードをベースにクロップドパンツとグレーのハイカットスニーカーを組み合わせたモノトーンコーディネート。裾にとどまらず、首回りのバランスも考慮したレイヤードセンスが光る。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) ハイゲージニット

1784年創業の英国老舗ニットブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」。上質なウールで編み上げられたハイゲージセーター。

詳細・購入はこちら

rag & bone(ラグ & ボーン) WAFFLE CREW

2002年にMarcus Wainwright氏とDavid Neville氏によってスタートしたブランド「rag & bone(ラグ アンド ボーン)」。ワッフル生地で仕立てられたサーマルロングスリーブ。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ブルゾン×ロングシャツ」

裾がラウンドしたロングシャツを取り入れたレイヤードスタイル。ナイロンブルゾンと組み合わせてスポーティな印象に。ウエストに巻いたブラックベルトがアクセントをプラス。

WAN HUNG Haina シャツ

ロンドンのブランド「WAN HUNG(ワン・フン・チュン)」。着丈が長く設計されたホワイトシャツ。バックにプリーツの入ったゆとりのあるデザイン。

詳細・購入はこちら

レイヤードメンズコーデ「ナイロンウェア×コットンTシャツ」

ナイロンなどの化学繊維のウェアを中心に着込み、足元のキャンバススニーカーでハズした都会的スタイリング。インナーにホワイトのコットンTシャツをレイヤードしてこなれた印象に。ワイドパンツによるAラインシルエットがモードな雰囲気を演出。

Neil Barrett(ニールバレット) GI338 STR. MATT NYLON JACKET

1998年にイギリス出身のデザイナーNeil Barrett(ニール・バレット)氏が立ち上げたブランド「Neil Barrett(ニールバレット)」。ナイロン生地で仕立てられたスポーツテイスト漂うテーラードジャケット。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US
banner