チャーチの傑作タッセルローファー「キーツ(KEATS)」が誇る5つの魅力とは

チャーチを代表するタッセルローファーの「KEATS(キーツ)」。ポリッシュドバインダーカーフが配されたアッパーやミニマルなシルエットなど、このブランドならではのこだわりが随所にちりばめられている。今回はチャーチの「キーツ」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

英国屈指の名門革靴ブランド「チャーチ(Church’s)」

チャーチは、1873年に靴作りの町として有名なノーサンプトンで誕生したブランド。曾祖父から靴作りの技術を学んだトーマス・チャーチが、メープル・ストリートに小さな工房を構えたことから始まった。この当時の靴は左右の区別がないまっすぐな形状だったが、チャーチは世界で初めて足なりに湾曲させた左右の区別がある靴を製作。さらに、サイズ展開にもハーフサイズを取り入れるなど、革靴業界に多くの革新を起こしたのである。今では当たり前となっているさまざまな概念を創造することで、1881年にロンドンで行われた靴の展覧会で金賞を受賞。英国だけでなく海外へも進出し、大戦中には軍靴製造などで会社の規模を拡大していった。1965年にはエリザベス2世の訪問を受け、輸出事業の功績が認められたことから英国産業界で最高の名誉とされる「クイーンズ・アワード」を授与される。

チャーチの革靴各種

1999年、プラダに買収されることによって転機を迎えることに。買収前のチャーチは「旧チャーチ(オールド・チャーチ)」の愛称で呼ばれることになり、この時代のモデルも根強いファンに支持されている。プラダ買収後も変わらず、チャーチの革靴はノーサンプトンの自社工場にて製造。伝統的なグッドイヤーウェルト製法で手がけられており、1足あたり8週間の時間をかけ、250に及ぶ工程を経て完成する。近年ではプラダらしいモードなデザインを加えたモデルも展開されているが、旧チャーチ時代から続くクラシックな革靴も数多く展開。優れた耐久性と履くほどに足に馴染む快適な履き心地が特徴で、英国革靴の王道ブランドとして日本でも高い人気を誇る。

ジェームズ・ボンドの愛用靴としても有名なチャーチ

チャーチといえば、007のジェームズボンドが愛用していたことでも有名。ディプロマットやフィリップなど数々の革靴をジェームズ・ボンドの衣装として提供し、「慰めの報酬」ではダニエル・クレイグ版ボンドが、チャッカブーツの「RYDER3」や「SHANNON」を着用した。直近の2作品ではクロケット&ジョーンズが着用されているものの「ボンドを象徴する革靴といえばチャーチ」というイメージは変わらない。英国を舞台とした映画である007シリーズで使われてきたという事実も、正統派英国靴として不動の地位を確立している一因だ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」着用画像

詳細・購入はこちら

チャーチらしい質実剛健な名作タッセルローファー「キーツ(KEATS)」

キーツは、チャーチが手がけるタッセルローファー。独自開発のポリッシュドバインダーカーフをアッパーに採用し、優れた防水性と美しいツヤを備えている。ショートノーズのラスト93を使用した、ミニマルなシルエットも人気の理由。30年以上前の旧チャーチ時代から世界中の紳士に愛用される、ロングセラーローファーだ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」

詳細・購入はこちら

チャーチ「キーツ」の魅力①「経年変化も楽しめる耐水アッパー!ポリッシュドバインダーカーフ」

キーツのアッパーに使われているのは「ポリッシュドバインダーカーフ」と呼ばれるレザー。チャーチが独自開発した特殊な革で、プラダに買収される前の旧チャーチ時代からブックバインダーカーフの名で使用されていた。もともとは「雨の多いロンドンでも気軽に履けるレザーを」という目的で作られたもので、水を弾き汚れにくく、手入れが簡単というのが特徴。カーフの上に樹脂のコーティングを薄く施すことで、耐水性とともにツヤを宿している。強い光沢を放つという点でガラスレザーと似ているが、チープなガラスレザーと比べると、しなやかさや美しさはポリッシュドバインダーカーフのほうがはるかに上回る。高品質なカーフを使用しているポリッシュドバインダーカーフは、長年履くことで風合いが変わるエイジングも楽しめるのだ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」サイド

詳細・購入はこちら

チャーチ「キーツ」の魅力②「王道のなかに独自のセンスが光るアッパーデザイン」

甲部分には、小ぶりな二つのタッセルが。光の反射によって光沢を放つのは、ポリッシュドバインダーカーフのタッセルならではだ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」アッパーアップ

詳細・購入はこちら

独特のモカシンステッチにも注目。「合わせモカ」と「つまみモカ」を組み合わせたようなデザインで、他にはない存在感を放つ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」アッパー

詳細・購入はこちら

履き口周りは別パーツのレザーコードで装飾。ヒールは小ぶりながらどっしろ構えた、チャーチらしい後ろ姿だ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」背部

詳細・購入はこちら

ライニングや中敷きに至るまで上質なレザーを使用。チャーチとブランドロゴとともに、直営店を展開する都市名が刻印されている。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」インソール

詳細・購入はこちら

チャーチ「キーツ」の魅力③「ミニマルな雰囲気のショートノーズシルエット」

木型には、古くからローファーに用いられるラスト93を採用。同じくローファーに用いられるラスト126と比べると捨て寸も短く、ショートノーズのシルエットが特徴だ。甲が浅いぶん履き口が広くみえ、全体的にミニマルで上品な雰囲気を纏う。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」上部から

詳細・購入はこちら

チャーチ「キーツ」の魅力④「快適な履き心地を実現するグッドイヤーウェルト製法」

キーツは、グッドイヤーウェルト製法によってアッパーとソールが接合されている。英国ノーサンプトンのブランドのなかでも、チャーチはグッドイヤーウェルト製法の代名詞とも言える存在だ。250にも及ぶ工程の大半を割くチャーチのグッドイヤーウェルト製法は、堅牢で優れた履き心地を実現。履き込むごとにフィット感は増していき、ローファーながら長時間の歩行にも対応する。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」サイドアッパー

詳細・購入はこちら

チャーチ「キーツ」の魅力⑤「実用性にこだわったオープンチャネルのアウトソール」

チャーチのグッドイヤーウェルトシューズは、すべてオープンチャネル(出し縫いの糸と溝を隠さない仕様)にしている。高級ブランドに見られるヒドゥンチャネル(糸や溝を隠す仕様)にしないのは、装飾性よりも実用性を重視しているからこそ。チャーチのこだわりが感じ取れるアウトソールだ。

チャーチのタッセルローファー「キーツ(KEATS)」アウトソール

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ