タッセルローファーならクロケット&ジョーンズの「キャベンディッシュ(CAVENDISH)」を選ぶ理由とは?

Share

140年を超える歴史をもつ英国紳士靴のブランド「クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES)」。長年培ったノウハウを投影した革靴は、クラシックながらもトレンドも程よくおさえたスマートさを持ち合わせるバランスのよさ。そんな同ブランドの中でも、カジュアルさとドレスな雰囲気の絶妙な融合を見せる名品が「キャベンディッシュ(CAVENDISH)」。脱ぎ履きしやすいローファーのひとつだが、コーディネートの幅広い相性のよさや日本人の足に驚くほどマッチする理由もあわせて、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

英国紳士の革靴の代表するブランド「クロケット&ジョーンズ」

1879年、高級靴の聖地として名高いイギリスのノーザンプトンにて、チャールズ・ジョーンズとその義理の兄弟ジェームズ・クロケットによって創業されたクロケット&ジョーンズ。設立当初より技術力の高さに定評があり、伝統的なグッドイヤーウェルト製法を駆使した伝統的な靴作りで発展。1924年には、イギリス王室ヨーク公(のちのイギリス国王ジョージ6世)が視察に訪れ、英国靴業界で一目置かれる存在に。その期待に応えるように著しい早さで生産力を拡充していき、第2次世界大戦の際には、1万足を越える軍靴を製造するほどだったという。

クロケット&ジョーンズのアイテムを探す

もともとはOEMメーカーとして成長したクロケット&ジョーンズ

現在では英国紳士靴ブランドとしてその名を知られるクロケット&ジョーンズだが、創業初期からは他社の受注靴を手がけるOEMメーカーとして長きにわたって受注生産の実績を積み上げてきた。「ジョージ・クレバリー」や「ジョン・ロブ・パリ」といった一流ブランドのドレスシューズ製造を請け負い、玄人から一目置かれる存在となっていった。

クロケット&ジョーンズのアイテムを探す

そして、100年以上もの時間を使って受注生産の実績を積み上げ、確かな技術力を蓄積してきたクロケット&ジョーンズは1990年に輸出業の功績が称えられ、クイーンズアワードを受賞。97年にはロンドンのジャーミン・ストリートにショップをオープンし、OEM生産だけでなくオリジナル製品も手がけるシューズブランドとしての船出を切ることになる。

オリジナルの製造から間もなくロイヤルワラントを獲得

2017年には“王室御用達”を意味するロイヤルワラントを獲得。一流ブランドの指標とも言えるロイヤルワラントは、革靴ブランドでも「ジョン・ロブ」や「トリッカーズ」などのわずかなブランドしか獲得していない。クロケット&ジョーンズは、チャールズ皇太子の御用達ブランドとして、正式に英国王室のお墨付きを得たことで、オリジナルブランドとしての地位を確立したわけだ。

クロケット&ジョーンズのアイテムを探す

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ