新時代の“都会派軽量アウター”3傑!

Share

従来の価値観が覆される出来事が頻発する今日この頃。その流れはファッションにも波及しており、間もなく到来する秋冬の季節には変わりゆく新時代に適したアウター選びが必要になるはず。そんな新時代のアウター選びは、モダンで機能的なアウターを豊富に展開しているウールリッチで探すのが正解だ。

新時代アウター①「イマどきなロードバイク通勤のマスト品になること間違いなし!“HOODED CITY JACKET”」

運動不足を解消できてエコ、さらには電車などの人が密集した空間も避けられることで改めて注目を集めているロードバイク通勤。一見メリットだらけに感じるものの、気温や天候による影響をモロに受けてしまうというデメリットも。これから実践するなら、バイクだけでなく突然の雨や冬の肌寒さを凌げるウェア選びも重要だ。狙い目は軽やかなショート丈、さらにはゴアテックス社公認の機能性を備えたこちらの“HOODED CITY JACKET”。ウールリッチならではのモダンな感性を反映させたエレガントなデザインで、機能性に優れながらキレイめなスタイリングにもほどよくフィットする。

ウールリッチのジャケット9万3000円(ウールリッチ 青山店)タリアトーレのスーツ11万円(エストネーション)グランサッソのニット2万2000円(ビームス 六本木ヒルズ)ヴィンテージロレックスの時計〈ASK〉(コミット 銀座)

アウターの詳細はこちら

モダンなムードを後押しするリフレクターディテールで夜間の走行も問題ナシ!

袖口とバックサイドにはリフレクターディテールを配してモダンスポーティーなアクセントを。カーライトを反射するため、夜の走行も安心だ。Gore-Tex®とウールリッチのブランドを象徴するタグデザインによるスパイスもイイ感じ。

詳細はこちら

新時代アウター②「プレミアムアウターにも卓越した機能を求めるのが新常識!“HOODED CITY COAT”」

贅沢な素材や洗練デザインを採用したプレミアムアウターは、イマ注目を集めるカテゴリーのひとつ。さらに現代社会の第一線でもリアルに使えるアウター選びとなると、突然の雨や強烈なビル風、建物の中と外での激しい気温差など、都会ならではの過酷な環境に対応できる機能性も重要ファクターに。例えば、装飾に頼らない洗練されたデザインとシルエットに、ジャケットの裾がすっぽりと隠れるミディアムロング丈、さらには完全防水の機能性を備えたウールリッチの“HOODED CITY COAT”は、新時代にピッタリなプレミアムアウターと言えるだろう。プレミアムアウターの位置付けに加えて、Gore-Tex®生地とPrimaLoft社のサーモ断熱素材のコンビによる完全防水仕様が加われば、まさに鬼に金棒だ。

ウールリッチのコート10万3000円(ウールリッチ 青山店)スティレ ラティーノのスーツ18万円(ビームス 六本木ヒルズ)エリコ フォルミコラのシャツ2万4000円、アット ヴァンヌッチのタイ2万8000円、ジョージ クレバリーの靴9万9000円(エストネーション)ヴィンテージロレックスの時計〈ASK〉(コミット 銀座)

アウターの詳細はこちら

突然の雨でもジャケットが濡れる心配なし!Gore-Tex®が認める完全防水仕様のディテールにうっとり

一見するとシンプルで洗練されたデザインながら、ディテールを掘り下げると完全防水ならではの仕様が。例えば、前立ては雨風の侵入を完全にシャットアウトするための比翼仕様に加えて、ファスナーを閉じると2重に防水性Gore-Tex®生地が重なる設計を採用。縫い目の裏側全てにテーピングを取り入れて水の侵入を防いだり、釦付きのウエルポケットや顔周りをしっかり包むフードによって防水と同時に防寒性能も向上させている。Gore-Tex®独自の品質テストをクリアしたアイテムにだけ許される黒タグが付いているのも納得の仕上がりだ。

詳細はこちら

新時代アウター③「新時代のニーズに応えたコスパグッドなニュータイプダウン“SIERRA LONG JKT DH”」

ウールリッチのアークティックパーカに代表される、ハードなアウトドア環境に耐えうるアウターは普遍的に男心をくすぐるアイテムだ。しかし、ここ最近の暖冬続きや保温性の高いインナーの進化などによって、必ずしもハイエンドなスペックを求める声ばかりではなくなってきたのも確かな事実である。こちらの“SIERRA LONG JKT DH”は、そんな新時代のニーズに応えるために生まれた新作ダウンウェア。撥水性とストレッチ性を備えたファブリックに高品質ダウンを詰め込むことで、軽い着心地で暖かいライトダウンアウターに仕上げられている。左腕に配されたシリコンロゴバッジ以外の装飾を省いたシンプルデザインのため、攻めから守りのコーディネートまで幅広くフィット。プレミアムダウンのカテゴリーながら小売価格がおさえられているのも嬉しいポイントだ。

ウールリッチのコート6万8000円(ウールリッチ 青山店)カルーゾのスーツ16万5000円、ベスト3万8000円(エストネーション)ウールリッチのシャツ1万9000円(ウールリッチ 青山店)

アウターの詳細はこちら

洗練デザインかつ機能的!デタッチャブル式フードでコーディネートの幅も広がる

洗練デザインのなかに機能的なディテールもほどよく盛り込まれているのがこのアウターの凄さ。フードはデタッチャブル仕様で、取り外せばスタンドカラーのアウターとしても活用できる。フードの接合部が露出しないように計算されたスキのないデザインもたまらない。

詳細はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ