“ラクしてるのにスタイリッシュ”を実現する4つの手法とは?

Share

着ていてラクな服、見た目をスマートに格上げしてくれる服。どちらも現代のライフスタイルに必要なファクターを備えた服だ。どうせなら片一方とは言わず、両方とも妥協せずに欲張った装いを楽しみたい。ズバリ理想は“ラクしてるのにスタイリッシュに見えるコーディネート”。今回はそんな“ラクスタコーデ”を実現する4つの手法を、注目のコーディネートとともに紹介!

ラクスタコーデを実現する手法①「シャツ×ショーツの軽快なコーデをローファーでスマートに引き締める!」

キレイめなリネンコットンのシャツに、ツープリーツ入りの旬なゆるシルエットのショートパンツをセットした軽快なコーディネート。ここにスニーカーを合わせるとカジュアルなイメージが強く出てしまうが、容易に着脱できるローファーでスマートに引き締めれば、グッとスタイリッシュな印象に。気張らないのに品がある夏の洒脱なラクスタコーデの好例だ。

シャツ 詳細はこちら
ショーツ 詳細はこちら
以上 ウールリッチ 0120-566-120(カスタマーサービス) ※その他スタイリスト私物

コレで+α「“クラシックなディテール”を取り入れたシャツ×ショーツで着こなしの練度をさらにアップ!」

上記の組み合わせを、より練度の高い着こなしで差別化するなら、こだわりのあるシャツとショーツを選ぶのがオススメだ。こちらのシャツはクラシックなボタンダウンシャツをベースに、脇から袖にかけて環縫いで仕上げ、チェーンステッチの最後の処理をあえて行わないというさりげないこだわりで差別化している。実はショーツも英国軍のパンツによく見られる、ワタリから程よく裾に広がるシルエットやディテールを採用したネオベーシックな逸品だ。

シャツ 詳細はこちら
ショーツ 詳細はこちら
以上 ウールリッチ 0120-566-120(カスタマーサービス) ※その他スタイリスト私物

ラクスタコーデを実現する手法②「薄シェル素材のブルゾンをドレスミックスで端正に着こなす!」

つづいて紹介するラクスタコーデは、“スポーツウェアとドレスウェアを2:1の比率でミックスする”というバランスがポイントだ。例えば、Tシャツの上にスポーティーな薄シェル素材のブルゾンを羽織ってアクティブに仕上げながら、ボトムにスラックスをあわせて端正にまとめるといった具合。全身をモノトーンで統一すれば、より都会的でコンテンポラリーなムードが底上げされることうけあいだ。

ブルゾン 詳細はこちら
Tシャツ 0120-566-120
以上 ウールリッチ 0120-566-120(カスタマーサービス) ※その他スタイリスト私物

コレで+α「機能性だけではなく“ファッション性”も重視したモノトーンの薄シェルブルゾンを合わせて洒落感アップ!」

あまりにテイストがアウトドアやスポーツに寄り過ぎているブルゾンだと、スラックスと上手にMIXされずチグハグな印象を与えてしまう恐れも。今回ピックアップした薄シェルブルゾンは、撥水や防風の機能をキープしながら裏地に白黒のバッファローチェックを配してファッション性も両得した逸品だ。裏地は通気性バツグンのメッシュ素材になっているため、気温が上がるこれからの季節にも重宝することうけあい。

商品詳細はこちら

ラクスタコーデを実現する手法③「モノトーンの異素材ミックスで立体感を演出!」

半袖シャツやカットソー、テクニカルパンツといった気張らないカジュアルテイスト漂うアイテムの組み合わせながら、都会的な見た目をキープ。ポイントは、ストイックな“モノトーンのアイテム使い”と“異素材MIX”だ。この2つの条件をクリアすれば、機能性やコンフォート感を重視したアイテムの組み合わせでもスマートなスタイルにまとまりやすい。

シャツ 詳細はこちら
ロングスリーブTシャツ 詳細はこちら
パンツ 詳細はこちら
以上 ウールリッチ 0120-566-120(カスタマーサービス) ※その他スタイリスト私物

コレで+α「“柄”を取り入れれば、定番のモノトーンコーデも新鮮な印象に早変わり!」

もともとメンズファッションの鉄板として認知されていながら、現在のトレンドとしてさらなる注目を集めているモノトーンコーデ。より新鮮で旬な雰囲気にまとめるなら、柄の取り入れがおすすめだ。ブラックチェックがモダンな印象を与えるこちらのシャツは、1950年代にアメリカでメジャーになった開襟ディテールを採用した、どこか懐かしさも感じる仕上がり。こんなレトロフューチャーなシャツが一枚あれば、洒脱なモノトーンコーデを簡単に実現できる。

商品詳細はこちら

ラクスタコーデを実現する手法④「ウール混の機能シャツを取り入れて楽と品を両得!」

体温調節や撥水などの機能に加えて、品のある表情も備えるウールを混紡したテクニカル素材がアウトドア界隈を中心に注目を集めている。そんな次世代のウール混の機能素材で仕立てられたシャツなら、ラクスタコーデも実現しやすい。カジュアルなボトムスにフィットするのはもちろん、スラックスと合わせれば上級のスタイリングに。

シャツ 詳細はこちら
Tシャツ 詳細はこちら
以上 ウールリッチ 0120-566-120(カスタマーサービス) ※その他スタイリスト私物

コレで+α「強靭な“コーデュラ”をミックスしたウール混シャツならガシガシ着れる!」

こちらのシャツは、ウールの機能性に加えてコーデュラならではの強度を備えているため、ヘビーユースでガシガシ着られるというのが凄い。縦方向にストレッチするため、着心地も良好。あると便利なフラップ付きの胸ポケットをあしらったり、ヨークの裏面をメッシュ切り替えにして通気性を確保するなど、かゆいところに手が届くデザインも秀逸だ。

商品詳細はこちら

ウールリッチに行けばラクスタコーデを叶える逸品に出会える!

今回の記事で紹介した注目アイテムは全てウールリッチのもの。老舗のアメリカブランドとして知られるウールリッチの最新コレクションでは、ラクスタコーデにピッタリな機能と品を両得したアイテムを豊富に展開している。ダウンジャケットをはじめとしたアウターはおさえているものの、シャツやパンツも展開しているのは知らなかったという方も少なくないのでは?冬アウター同様に夏服も名品揃いのため、ぜひこの機会にチェックしてみてほしい。青山の旗艦店には商品知識が豊富なスタッフが常駐しているため、商品について気になることがあれば、電話で問い合わせするのもおすすめだ。

店舗名:ウールリッチ 青山店 ※現在臨時休業中
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2-12
営業時間:11:00~20:00
TEL:0120-566-120(カスタマーサービス)
ウールリッチ公式サイトはこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ